投資家とトレーダーに警告:2024年に最も注意すべき10の仮想通貨詐欺

信頼の理由
要約まとめ

近年、仮想通貨が広く普及するにつれ、関連する詐欺も増加しています。手口は様々で、投資を持ちかけて高額な金銭を騙し取る「投資詐欺」や、プレゼントを餌に個人情報を盗む「景品詐欺」など、巧妙なものも多いので警戒が必要です。

ブロックチェーン技術を使用した仮想通貨市場は、近年急成長を遂げていますが、同時に詐欺も増加しています。特に非中央集権的な性質を持つ仮想通貨は、詐欺行為に対して脆弱です。

連邦取引委員会(FTC)によると、2021年1月から2022年6月までの間に、4万6000人以上が10億ドル以上の仮想通貨を詐欺で失ったという報告があります。あくまでも報告された件数のみで、実際にはもっと多くの被害が出ている可能性もあるので注意が必要です。

投資家を守るために、2024年に最も注意すべき仮想通貨詐欺のトップ10をご紹介します。

2024年の最も一般的な10の仮想通貨詐欺

10. ソーシャルメディア仮想通貨詐欺

ソーシャルメディアを使った詐欺は、最も広く行われている仮想通貨詐欺の一つです。悪質な業者は、ソーシャルメディアプラットフォーム上で有名ブランドを真似たり、有名人になりすまして、詐欺のスキームを宣伝します。特に、X(旧Twitter)、Instagram、TikTokは、詐欺師に人気のあるプラットフォームです。

プラットフォームはそれぞれで仮想通貨詐欺対策を行っていますが、偽の仮想通貨プロジェクトを宣伝するボット詐欺が依然として横行しています。

2023年6月、欧州消費者機構(BEUC)は、ソーシャルメディアプラットフォームがデジタル資産に関する詐欺を可能にしていると非難する報告書を発表しました。20ページに及ぶ報告書の中で監視団は、InstagramやTikTokのようなソーシャルメディアプラットフォームが緩いポリシーを維持しているため、詐欺師が無防備な若者をターゲットにするのを許していると強調しています。

しかし、ソーシャルメディア上の仮想通貨詐欺から身を守るのは難しいことではありません。

ユーザーは、ソーシャルメディア上でトレンドになっている仮想通貨プロジェクトと交流する際に、偽アカウントに注意するだけでよいのです。

9. AI仮想通貨詐欺

近年、人工知能(AI)技術の発展は目覚ましく、詐欺師も新たな詐欺の手口を開発しています。AIチャットボットやバーチャルアシスタントを用いて投資家とコミュニケーションを図り、偽の投資アドバイスやトークン、ICO(Initial Coin Offering)、高利回り投資などを持ちかけるケースが増えているのです。

AIはソーシャルプルーフ(多くの人が支持しているものは信頼できるという心理)の悪用にも使われます。従来、多くのフォロワーを持つ仮想通貨プロジェクトは信頼できると考えられていましたが、AIによって偽のフォロワーを簡単に作成できるようになったため、プロジェクトを評価する際には注意が必要です。

AIとソーシャルメディアプラットフォームを組み合わせることで、詐欺師は巧妙なパンプ・アンド・ダンプ詐欺を実行できます。パンプ・アンド・ダンプ詐欺とは、人為的にトークン価格を上げ、高値で売り抜けて利益を得る手法です。AIは詐欺行為を自動化し、大規模化する可能性も秘めています。

一方、AIはオンライン詐欺対策にも活用できます。例えば、サンディエゴ州立大学の研究者は、AIシステムを使ってX(Twitter)上の仮想通貨プレゼント詐欺を検知・公開しています。

8. 偽の有名人の推薦

詐欺師は、知名度の高い人物を悪用し、その顔を使って偽の推薦スキームを宣伝することがあります。ハリー王子とメーガン・マークル、ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグ、リチャード・ブランソン卿など、多くの有名人が被害に遭っています。

特に巧妙な例としては、イーロン・マスク氏の偽のディープフェイク動画が挙げられます。動画の中で偽のマスク氏は、新しい仮想通貨プロジェクトを立ち上げ、参加者は3ヶ月で投資額の30%のリターンを得られると語っていました。

偽の有名人を使った詐欺から身を守るために、ユーザーは以下のような対策をする必要があります。

  • 投資する前に、プロジェクトや投資機会について徹底的に調査する。
  • プロジェクトチームメンバーや推薦者の信頼性を確認する。
  • 動画や音声などの情報は、編集されていないか確認する。
  • 公式ページからの情報のみを信じる。
  • 不審な点があれば、専門家に相談する。

7. ロマンス詐欺

仮想通貨ロマンス詐欺は、近年増加している巧妙な詐欺の手口です。詐欺師はターゲットと恋愛関係を築き、最終的に仮想通貨を騙し取ります。

ロマンス詐欺では、出会い系アプリやソーシャルメディアでターゲットを見つけ、時間をかけて信頼関係を築いていきます。数日~数ヶ月かけてターゲットの心を掴み、偽の愛情表現を用いて仮想通貨を送金させたり、偽の仮想通貨プロジェクトへの投資を促すのです。

詐欺師は、自身もプロジェクトに投資し、利益を得たと偽装することもあります。最終段階では、投資を回収する為の追加資金を要求したり、関係を断ち切って姿を消したりします。

6. 投資詐欺

投資詐欺は、リリース前の仮想通貨プロジェクトへの早期投資を持ちかけ、高額なリターンを約束する手法です。詐欺師は、プロジェクトの投資マネージャーなどになりすまし、根拠のない約束をします。多くの場合、投資勧誘の迷惑メールから始まり、詐欺サイトに誘導されます。

詐欺サイトは合法的に見えるよう設計されており、すぐに儲けられると謳っています。

投資詐欺から身を守るためには、電子メール、ソーシャルメディア、その他のコミュニケーション・チャネルを通じた投資投資勧誘には注意しましょう。合法的な投資機会が、一方的な手段で提示されることは滅多にありません。

5. 偽の取引所

偽の仮想通貨取引所、アプリ、ウォレットなどのプラットフォームを使ってユーザーの資金を盗む詐欺も増加しています。詐欺師は、本物の取引所とよく似た偽サイトを作成し、ユーザーを騙します。ドメイン名も類似していることが多いため、見分けるのは困難です。

偽サイトは、最初は正常に動作し、ユーザーに少額の資金の引き出しを許可する場合もあります。しかし投資額が増えると、サイトが閉鎖されたり、引き出し要求が拒否されることもあります。

偽の仮想通貨プラットフォームから身を守るために、以下の点に注意しましょう。

  • ウェブサイトのドメイン名にスペルミスやバリエーションがないか確認する。
  • 取引所が信頼できるウェブサイトに掲載されているか確認する。
  • 取引所が業界団体の認証や会員資格を持っているかを確認する。
  • 利用する前に、取引所の評判を調査する。
  • 不審な点があれば、すぐに取引を中止し、専門家に相談する。

4. ポンジスキーム

仮想通貨ポンジスキームは、詐欺的な投資スキームです。初期投資家は、正当な利益や投資ではなく、のちに参加する投資家から配当を受け取ります。新規投資家からの資金が減ると、スキームは崩壊し、参加者は多額の損失を被るのです。

仮想通貨ポンジスキームを見抜くのは簡単ではありません。
例えば、Terra(LUNA)プロジェクトはネズミ講とみなされていますが、破綻する前は著名な投資会社からも支援を受けていました。

いくつかの点に注意することで、ポンジスキームの可能性を判断できます。ポンジスキームを見極めるためのポイントは、以下のとおりです。

  • 高いリターンが保証されている。
  • 投資戦略が透明ではない。
  • 新規投資家への勧誘を強く求める。
  • 紹介ボーナスやマルチレベル・マーケティングを強調する。

3. 景品詐欺

景品詐欺とは、仮想通貨を送金すれば同額または倍額の仮想通貨をプレゼントすると偽って、お金を騙し取る詐欺です。個人を騙して詐欺師に資金を送らせ、金銭的な損失を与えることを目的としています。

多くの場合、詐欺師は著名な個人や組織を装い、ユーザーに仮想通貨を送金するよう求めます。仮想通貨取引は不可逆的であるため、一度「景品のアドレス」に仮想通貨が送られると、取り戻すことはできません。

自分自身を守るためには、常に最新の情報に注意を払い、詐欺の手口を理解することが重要です。合法的な景品やプロモーションでは、事前に資金や個人情報を送金するケースはほとんどありません。

2. ラグプル

ラグプルとは、分散型金融(DeFi)プロジェクトにおいて、開発者やプロジェクト関係者が意図的に流動性や資金を引き抜き、投資家に無価値なトークンを残す詐欺行為です。イーサリアム(ETH)のようなブロックチェーン上で、スマートコントラクトを使って運営されるプロジェクトで多く発生します。

詐欺師は、一見合法的なプロジェクトを立ち上げて投資家を誘い込み、資金を投資させたりトークンを購入させます。資金や流動性がある程度集まると、詐欺師はスマートコントラクトの脆弱性を悪用して資金を持ち逃げするのです。脆弱性は、最初からコードに仕込まれていることが多いです。

ラグプル詐欺を見抜くためのポイントは、以下のとおりです。

  • 開発者やチームメンバーの身元が不明確
  • プロジェクトの可能性やパートナーシップについて虚偽または誇張した主張をしている
  • 開発者や初期投資家に有利なトークノミクス

1. フィッシング詐欺

フィッシング詐欺は、銀行、住宅ローン会社、大手企業など、信頼できる組織を装って、ユーザーに偽のメールを送信する詐欺です。主な目的は、ユーザーのログイン情報やクレジットカード番号などの個人情報を盗むことです。

フィッシング詐欺はインターネット全体で蔓延しているサイバー攻撃の代表例ですが、仮想通貨の世界でも広く行われています。詐欺師は、仮想通貨ユーザーをターゲットにして、仮想通貨ウォレットの秘密鍵を盗み取ろうとするのです。

フィッシング詐欺の代表的な手口としては、偽サイトへのリンクを記載したメールを送り、ユーザーに秘密鍵を入力させるという方法があります。情報を入手すると、詐欺師はユーザーの仮想通貨を盗むことができます。

フィッシング詐欺から身を守るために注意すべき点は、以下のとおりです。

  • 迷惑メールやメッセージに注意する。
  • 個人情報やパスワードを要求するメールには返信しない。
  • メールやメッセージに埋め込まれたリンクをクリックしない。
  • 送信者のメールアドレスを確認する。
  • 公式ウェブサイトのURLを確認する。

まとめ

ビットコインに代表される仮想通貨が普及するとともに、詐欺も増加しています。詐欺の手口は様々で、敷物詐欺や景品詐欺といった単純なものから、ネズミ講やフィッシング詐欺といった伝統的な詐欺まで幅広く存在します。

仮想通貨詐欺は様々な方法で実行されますが、目的はいずれも投資家を騙して金銭を盗むことです。

仮想通貨ユーザーは注意力を上げ、積極的に対策を講じる必要があります。

関連用語

関連記事

ルホラミン・ハクシャナス
Cryptocurrency journalist
ルホラミン・ハクシャナス
暗号資産ジャーナリスト

ルホラミンは、3 年以上の経験を持つ仮想通貨/金融ジャーナリストです。 Techopedia以外にもCryptonews、Investing.com、24/7 Wall St、The Tokenist…...