ミームコインとは?2024年トレンドとなる銘柄10選を紹介

2024年に入ってからもミームコインは注目を集めており、仮想通貨(暗号資産)業界でも避けては通れない存在となっています。しかし、なぜミームコインがこれほどの注目を集めているのか、ミームコインへの投資はリスクが高いのではないか、と疑問に思う方も多いはずです。

本記事では、AIや仮想通貨などのテクノロジー最前線をお届けする当サイトTechopedia(テコペディア)が、2024年に注目すべきミームコイン10選を紹介します。ミームコイン投資で損しないために、ミームコインの基本や将来性、お得な買い方まで解説していきます。ぜひ最後までご覧下さい。

  • 世界初のマルチチェーン対応ドージミーム
  • イーサリアムステーキングによる不労所得あり
  • DEXへの上場計画があり、爆上げの可能性大
Project Launched
2024年4月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • Matic
    Matic
  • USDT
    USDT
  • +1 more
  • SOL送金でエアドロップ!独自プレセール
  • 開始数分で売上54万ドル超、ソラナの最新ミーム
  • 先着順、ハードキャップなしの期間限定セール
Project Launched
2024年3月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • SOL
    SOL
  • 仮想通貨を学んで大量報酬!"Learn-to-Earn"エコシステム
  • 99BTCトークンのステーキングでサクッと報酬ゲット!
  • 専門家の取引シグナル分析を参照し、投資で優位に立てる
Project Launched
2024年4月
Meta
Learn to Earn
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • 革新的なVR+ARゲーミング仮想通貨
  • プレセール売上目標1500万ドル
  • トークン所有でVRコンテンツの永久アクセス権
Project Launched
2024年3月
Meta
AI
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • P2Eゲームとステーキング高報酬の最新ミーム
  • 1カ月で価格が10倍に上昇、バイナンス上場の噂も
  • トークン保有者1万3000人超
Project Launched
2023年12月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH
  • Debit
    Debit
  • 24時間で1300%上昇
  • ソラナ最大のエアドロップ報酬
  • 人気のJupiter DEXで上場
Project Launched
2024年2月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • SOL
    SOL
  • USDT
    USDT
  • BSCネットワーク基盤
  • 仮想通貨セキュリティ企業Coinsultの監査済
  • トークン保有者には長期的な報酬を還元
Project Launched
2023年6月
Meta
ブロックチェーン
Purchase Methods
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • ビットコインを手軽にマイニングできる革新性
  • プレセール売上1150万ドル突破
  • プレセール期間中のステーキングAPY、90%超
Project Launched
2023年10月
Meta
ビットコインマイニング
Purchase Methods
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • +1 more
  • 大量報酬のイーサリアム基盤ステーキング
  • ドージコイン比1/900の安値でプレセール開始
  • 供給量固定で売り圧を防ぎ、価格上昇を狙う
Project Launched
2024年3月
Meta
ステーキング、ミーム
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit

2024年注目のミームコインおすすめ一覧

以下では、2024年に最もおすすめなミームコインを一覧でまとめました。まずは、こちらから主要なミームコインを把握してください。

  1. Dogeverse(DOGEVERSE)– 2024年4月8日にプレセールを開始した注目のミームコイン。マルチチェーン対応とステーキング報酬の提供が最大の特徴です。
  2. Slothana(SLOTH)– “ナマケモノ”をモチーフにしたミームコイン。直接トークンをエアドロップする新しい形式のプレセールが特徴で、Solanaチェーン、強固なコミュニティ形成で注目を集めています。
  3. Dogecoin20(DOGE20)– イーサリアムベースの新たなミームコイン。限定された供給量、オンチェーンステーキングによる報酬システム、そして環境配慮が主な特徴です。
  4. Sponge V2(SPONGEV2)– プレセールで資金調達に成功し、投資家からの高い関心を集める新世代ミームコイン。強固なコミュニティと今後の取引所上場が、価格上昇を後押しするでしょう。
  5. Smog Token(SMOG) – ソラナブロックチェーンで行われた大規模エアドロップにより、注目を集めたミームコイン。マルチチェーン対応や活発なコミュニティで、将来性を期待されています。
  6. eTukTuk(TUK)– 発展途上国における交通問題の解決を目指す環境に配慮したプロジェクト。安全性と長期的なリターンに重きを置き、実用性の高いミームコインを提供しています。
  7. Bitcoin Minetrix(BTCMTX)– クラウドマイニングを採用し、ビットコインマイニングをより身近なものにしたミームコイン。ビットコインの価格上昇とともに、投資価値の高まりが期待されます。
  8. Base Baboon(BOON)– 爆上がり仮想通貨となる可能性を秘めた、イーサリアムL2ネットワークBase(ベース)発の最新ミームコイン。2024年3月に突如登場し、注目を集めています。
  9. 柴犬コイン(SHIB)– ドージコインと人気を二分する有名ミームコイン。スマートコントラクト対応や独自DEX「ShibaSwap」など、独自の特徴が目白押し。
  10. ドージコイン(DOGE)– 柴犬のロゴで知られる歴史あるミームコイン。イーロン・マスクなど、多くの著名人の支持も受け、幅広い用途で利用されています。

2024年に注目すべきミームコイン10選

ミームコインは技術的知識さえあれば、誰でも発行することができますが、成功するプロジェクトは少数です。そこで当サイトでは、2024年のミームコイン市場で最も成功する可能性が高いおすすめ10銘柄を紹介します。各ミームコインの特徴や購入のメリット、将来性を総合的に判断できるように、各プロジェクトのレビューを用意しました。ミームコインで損しないため、ぜひ詳細を確認してください。

注目ミームコイン1位:Dogeverse(DOGEVERSE)

Dogeverse(DOGEVERSE)は2024年4月8日にプレセールを開始し、仮想通貨業界において現在もっとも注目を集めているミームコインです。プレセールの開始から数分で25万ドルを超える資金を調達し、ミームコイン市場で、次なる爆発を起こす可能性が示されています。Dogeverseの特徴は以下のとおりです。

  • マルチチェーン:DogeverseはすでにEthereum、BNBスマートチェーン、Polygonのチェーンに対応しています。今後はローンチに向けてSolana、Base、Avalancheなどにも対応を拡大する予定です。
  • ステーキング報酬:総トークンの10%をステーキング報酬に割り当てる予定です。投資家はステーキングによって収益を得られます。
  • 限られた供給量:総供給量は2000億枚。プレセールでは総供給量の15%を販売する予定です。

ビットコインの半減期が近づくにつれてドージコイン(DOGE)が話題になることも増えていますが、4月20日のドージデイは、Dogeverseにとっても特別なものになるかもしれません。仮想通貨投資家の大きな期待値は、Dogeverseの価格予想にも表れています。

マルチチェーンに対応しているミームコインは他にもありますが、Dogeverseほど拡張性と相互接続性を備えたものはありません。幅広いマルチチェーン仕様が、より多くの投資家を引きつけることでしょう。

Dogeverseの購入方法はシンプルで、公式ページから仮想通貨ウォレットを接続し、金額を入力するだけで簡単に購入できます。$DEGENや$BRETTなどのミームコインが大きなトレンドになる中、Dogeverseが新たに大きな波を作る予感がします。

Dogeverseへ投資を検討している方は、ぜひ以下の公式サイトから内容をチェックしてみてください。

プレセール開始 2024年4月8日
購入方法 BNB、ETH、MATIC、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム他
総供給量 2000億枚
最低購入額 なし

Dogeverseを買う

注目ミームコイン2位:Slothana(SLOTH)

Slothana(SLOTH)はミームコイン市場で注目を集めている新しい仮想通貨です。ナマケモノをモチーフに採用しています。従来のプレセール方法とは一線を画し、参加者に対して直接トークンをエアドロップする方式を採用している点が大きな話題です。コインの特徴は以下のとおり。

  • Solanaブロックチェーンの採用:高速かつ低コストで取引できるSolanaブロックチェーンを基盤としています。
  • コミュニティ主導のマーケティング:X(旧Twitter)を始めとするソーシャルメディアでの露出で注目を集める戦略です。
  • バイナンス上場の期待:世界最大級の仮想通貨取引所であるバイナンスへの上場が期待されています。

Slothanaは、Solanaブロックチェーンの技術的優位性やミームコインのトレンドにマッチしている点が投資メリットです。Slothanaの価格予想によれば、他のミームコインと比較しても顕著な価格上昇期待されるでしょう。

Slothanaのプレセールでは、エアドロップによってSLOTHトークンが配布されます。Slothanaの買い方は、Solana(SOL)をSlothanaのウォレットアドレスに送り、SLOTHトークンの受取を待つだけ。将来のバイナンス上場や市場での価格上昇を見越して、今のうちに参加しておくのがおすすめ。興味がある方は、ぜひ下記から公式サイトへアクセスしてみてください。

プレセール開始 2024年3月26日
購入方法 SOL
ブロックチェーン ソラナ
総供給量 未定
最低購入額 なし

Slothana(SLOTH)を買う

注目ミームコイン3位:Dogecoin20(DOGE20)

Dogecoin20(DOGE20)は、従来のDogecoinからインスピレーションを受けながら、新たにオンチェーンステーキングを導入したミームコインです。ユーザーが積極的にエコシステムに参加し、報酬を得る仕組みを実現しています。Dogecoin20の特徴は以下の通り。

  • イーサリアムベースのERC-20トークン:イーサリアムのブロックチェーン上に構築され、広く利用されているERC-20トークンと互換性があります。
  • 限られた供給量:Dogecoinとは異なり、供給量が限定されているため、希少性による価値の上昇が期待できます。
  • ステーキング報酬:DOGE20をステークすることで、不労所得を得られます。

Dogecoin20はイーサリアムのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)ネットワーク上で運用されるため、環境への悪影響が少ない点も魅力です。現在の環境配慮のトレンドにも適応しているため、2024年のミームコイン界を引っ張る存在になるでしょう。

現在、Dogecoin20はプレセール中です。この段階では、市場価格よりも破格の安さでトークンを購入できます。Dogecoin20のプレセールは、ミームコインファンだけでなく、仮想通貨市場に波乗りしたい人にとっても魅力的な選択です。興味を持った方は、今すぐDogecoin20の公式サイトを確認して、プレセールに参加してみましょう。

プレセール開始 2024年3月
購入方法 ETH、USDT、BNB、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 1400億枚
最低購入額 なし

Dogecoin20を買う

注目ミームコイン4位:Sponge V2(SPONGEV2)

Sponge V2(SPONGEV2)は、人気キャラクター「スポンジ・ボブ」をモチーフに100倍コインとなったSponge V1の後継ミームコイン。プレセール開始時から、初代Sponge V1を超える成功を収めるのでは、と大きな話題を呼んでいます。そんな最新ミームコインSponge V2の特徴と魅力は、以下のとおりです。

  • ゲーム報酬:プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)のゲーム参加を通じて、報酬を得られます。
  • ステーキング報酬:トークンのステーキングを通じ、報酬を得られます。
  • 強固なコミュニティ: 1万3000人以上のトークン保有者がおり、現在も増加しています。
  • 上場の可能性:主要な仮想通貨取引所への上場が予定されています。
  • 将来性:Sponge V1の前例と、厚いコミュニティサポートから将来性が期待されています。

Sponge V2は、投資家にとって魅力的な要素が多く、特に短期間での価格上昇やコミュニティの強さが、人気の理由となっています。

Sponge V2のトークノミクス情報

「Stake-to-Bridgeモデル」という特徴的なプレセール方式も注目に値します。一般的なミームコインはプレセールで資金調達しますが、Sponge V2トークンは、ステーキングとブリッジングを通じてのみ入手できます。興味を持った方は、ぜひ下記の公式サイトから詳細とミーム通貨Sponge V2の買い方を確認し、実際に購入してみましょう。

プレセール開始 2023年12月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 1500億枚
最低購入額 なし

Sponge V2を買う

注目ミームコイン5位:Smog Token(SMOG)

2月の春節(旧暦の正月)に合わせて登場したSmog Token(SMOG)は、既存のミームコインを打ち負かすほどの注目を浴びています。有力L1ブロックチェーンSolana(ソラナ)で史上最大級のエアドロップを開催し、仮想通貨業界に衝撃を与えました。

Smog Tokenが注目されている理由は以下のとおりです。

  • マルチチェーン対応:ソラナ、イーサリアムの両ブロックチェーンにも対応。より多くのユーザーが利用しやすい環境になっています。
  • エアドロップの報酬:ソラナブロックチェーン史上最大級のエアドロップを実施。
  • 活発なコミュニティ: SNSでの積極的な活動を通じて、エアドロップポイントを獲得できる仕組みを採用。投資家がより積極的にコミュニティに貢献する動機付けになっています。

Smog Tokenは、単に利益を追求するだけではありません。フェアローンチによる平等な投資機会の提供や、マルチチェーン対応によるアクセスの容易さにより、初心者でも安心して参加できます。

Smog Tokenの将来性は高く、ソラナブロックチェーン上での大規模エアドロップに始まり、更なる価格上昇にも期待がかかります。チャンスを逃したくない方は、ぜひSmog Tokenの公式ウェブサイトからプレセールに参加しましょう。

プレセール開始 2024年2月8日
購入方法 SOL、USDT、USDCなど
ブロックチェーン ソラナ、イーサリアム
総供給量 14億枚
最低購入額 なし

Smog Tokenを買う

注目ミームコイン6位:eTukTuk(TUK)

eTukTuk(TUK)は、エコフレンドリーな取り組みを目指すエコ系ミームコイン。プロジェクトの目標は、電動の三輪自動車(EVトゥクトゥク)を通じて、発展途上国の交通問題に革命を起こすこと。プレセールは2023年末にスタートし、開始1カ月で55万ドルの資金調達を行いました。以下、eTukTukの特徴をまとめます。

  • セキュリティ:BSC(バイナンススマートチェーン)を基盤とし、安全性も監査で証明されています。
  • 長期的なリターン:ステーキングによる長期的なリターンを見込めます。
  • 実用性:電動の三輪自動車事業を展開しており、実用性のあるミームコインとなっています。
  • 社会的意義:環境問題への対応や発展途上国のサポートなど、社会的貢献に基づいたミーム通貨です。

現在、スリランカでEVトゥクトゥクの試験運用を開始しており、他国への展開も計画中。eTukTukのミーム通貨TUKは、運賃や充電ステーション利用料金に使用できるなど、実用性があります。eTukTukは、ただのミームコインではなく、環境と社会への貢献を目指す画期的なプロジェクトです。少しでも仮想通貨投資を通じて社会貢献したいと思う方は、eTukTukの公式ウェブサイトからプレセールに参加しましょう。

プレセール開始 2023年11月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン BSC(バイナンススマートチェーン)
総供給量 20億枚
最低購入額 1ドル

eTukTukを買う

注目ミームコイン7位:Bitcoin Minetrix(BTCMTX)

Bitcoin Minetrix(BTCMTX)は、ビットコインのマイニングに革命を起こしているミームコイン。クラウドファンディングのようにプロジェクト参加者から資金を募り、出資額に応じたビットコインのマイニング報酬を獲得する「クラウドマイニング」を採用。初心者でも簡単にビットコインをマイニングできるミームコインとして、注目を集めています。

なお、ミーム通貨BTCMTXは、プレセール時点1100万ドルを超える売り上げを記録。ステーキングAPYも90%を超える実績を誇ります。ミームコインBTCMTXをステーキングすることでマイニング報酬を得る「ステーク・トゥ・マイン」を実装するなど、革新的なプロジェクトと言えます。そんなBitcoin Minetrixの特徴を以下、紹介します。

  • ステーク・トゥ・マイン(STM):ミームコインBTCMTXをステーキングすることでマイニング報酬を得るシステム
  • 圧倒的なプレセール実績: 売上は1100万ドルを超え、APYは90%を突破
  • 透明性と安全性: 安全かつ透明な環境でマイニング利益を得られる仕組み

Bitcoin Minetrixは、ビットコインの強気相場と共に投資価値も高まりつつあります。2024年3月に入り、ビットコインは過去最高値を更新するなど本格的な強気相場が到来中。もちろん、Bitcoin Minetrixにもその余波があるでしょう。ビットコインマイニングに興味がある方は、下記リンク先からBitcoin Minetrixの魅力やリターンを確認し、ミームコインBTCMTXを購入してみましょう。

プレセール開始 2023年9月24日
購入方法 ETH、USDT、BNB、MATIC、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 40億枚
最低購入額 10ドル

Bitcoin Minetrixを買う

注目ミームコイン8位:Base Baboon(BOON)

Base Baboon official site

Base Baboon(BOON)は、高いスケーラビリティで知られるイーサリアムL2ネットワークBase(ベース)発の最新ミームコイン。Baseチェーン上で史上初となる時価総額10億ドルを目指す、という理念の下でローンチし、ヒヒをデザインモチーフとした猿系ミーム通貨です。そんなBase Baboonの特徴をまとめると、以下のようになります。

  • イーサリアムL2ネットワークBase(ベース)を採用
  • 高い取引処理能力と格安の取引手数料を実現
  • デフレ・トークノミクスによりトークン希少価値を高める

Base Baboonは、同トークンの取引が発生するたびに総供給量の一部をバーン(焼却)するデフレ・トークノミクスの仕組みを実装。ミームコインブームに乗ってBOONの売買が増える毎に、トークンの価値が高まり、長期保有(ガチホ)をするユーザーが報われる環境を整えています。

プレセール開始 2024年3月
購入方法 ETH、WETH、USDCなど
ブロックチェーン Base(ベース)
総供給量 4026億9000万枚
最低購入額 なし

Base Baboonを買う

注目ミームコイン9位:柴犬コイン(SHIB)

柴犬コイン(SHIB)は、2020年8月に登場した古参のミームコイン。匿名開発者Ryoshi氏によって生み出され、後述するドージコインをもじったものとして知られています。ただの冗談から始まったとはいえ、「ドージコインのライバル」と位置づけられており、日本人に最も人気のあるミームコインの一つに数えられます。そんな柴犬コインの魅力は、以下のとおりです。

  • スマートコントラクト対応
  • 独自DEX「ShibaSwap」を運営
  • 供給量の50%を流動性プールに確保
  • NFTマーケットへの展開

柴犬コインは、供給量の半分を流動性確保のためにロックし、価格の安定化に寄与しています。こうした特性を踏まえた上で、可能性とリスクを考慮し、投資を検討することが重要です。

注目ミームコイン10位:ドージコイン(DOGE)

ドージコイン(DOGE)は、千葉県佐倉市在住の柴犬「かぼすちゃん」をロゴにした仮想通貨です。2013年にはじまった最も歴史の長いミームコインとして知られています。

そんなドージコインの特徴は以下のとおり。

  • 他の主要仮想通貨に比べて手頃な価格で、投資しやすい。
  • 市場での流通量が多く、取引がしやすい。
  • 比較的少ない電力でマイニングが可能。
  • 活発なコミュニティがある。
  • イーロン・マスクを含む多くの著名人が支持している。

現在は、ソーシャルメディアでの投げ銭やいくつかの商用アプリケーションでの利用まで、決済手段としての用途が広がっています。新興ミームコインではないため今後の爆上がりは期待できませんが、ミームコイン市場をリードしていくでしょう。リスクや将来性を考えて投資判断を行いましょう。

ミームコインとは

ラップトップが表示している多数の暗号通貨コイン

ミームコインとは、インターネット上で広く愛されているミーム(ジョーク)の影響を受けて生まれた仮想通貨(暗号資産)です。技術的な革新よりも、コミュニティや楽しさといった価値を重視するため、価格変動が激しいというリスクも伴います。その一方で、他の仮想通貨にはない独特の魅力も持ち合わせています。

代表的なミームコインには、2013年に誕生した柴犬ロゴの「ドージコイン(DOGE)」や、カエルのキャラクターをモチーフにした「ぺぺ(PEPE)」などが挙げられます。特に、ドージコインはイーロン・マスク氏などの著名人によるツイートをきっかけに人気が爆発しました。

ミームコインの将来性はまだ未知数です。しかし、2021年には時価総額で7000億円を超えるまで成長するなど、投資家たちの注目を集める存在となっています。遊び心と投資熱が交錯する、仮想通貨の新しいトレンド「ミームコイン」。以下、主な特徴や将来性、注意点を解説します。

ミームコインの特徴3選

円形の構造物の中で巨大な青い球体を囲む群衆

ミームコインには主な特徴が3つあります。

  1. 市場規模が大きい
  2. ボラティリティが高い
  3. コミュニティが重視されている

それぞれの特徴を掘り下げていきます。

1:市場規模が大きい

ミームコインは、2024年3月現在、時価総額600億ドルを超える巨大な市場となっています。ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨と比べても遜色ない規模です。

市場が大きくなった背景には、いくつか理由があります。1つ目は、イーロン・マスク等の著名人がSNSで言及することで、注目度が上がり、価格が急騰したためです。2つ目は、コミュニティの力です。ミームコインには、熱心なファンコミュニティが形成されやすく、情報共有や価格操作などが行われることもあります。最後は、短期間で大きな利益を得られる可能性がある投機的な側面があることです。

ミームコインは、数百円程度でも多くの数量を保有できるため、少ない資金でも様々な銘柄の仮想通貨を大量に購入できる点も魅力です。

2:ボラティリティが高い

ミームコインは、他の仮想通貨に比べてボラティリティ(価格変動)が高いという特徴があります。理由は、短期的なトレンド性が高いこと、コミュニティによる価格操作があること、投機的対象であることが挙げられます。

ミームコインは、短期間で大きな利益を得られる可能性がある一方、リスクも非常に高いことを理解しておきましょう。

3:コミュニティが重視されている

ミームコインは、コミュニティが重視されています。ミームコインの価格動向は、コミュニティが成長するかどうかが大きく関わっているため、どのようなコンセプトで開発されたコインなのかを知ることが重要です。

ミームコインを選ぶ際には、以下のポイントを参考にしましょう。

  • コミュニティ規模:情報収集や価格維持に役立ちます。
  • 開発者の情報:開発者の経歴や技術力などを確認しましょう。
  • ロードマップ:今後の開発予定を確認しましょう。

ミームコインの今後の見通し・将来性

ビットコインの市場チャートを表示するラップトップPC

ミームコインは今後、どのように市場を拡大していくのでしょうか。以下、ミームコインの今後や将来性に関して、一般的な意見およびTechopediaの独自見解を交え、共有していきます。

インフルエンサーの発信で価格上昇が期待される

インフルエンサーや著名人による積極的な発信は、今後もミームコイン価格に大きな影響を与えていくでしょう。ミームコイン市場は、コミュニティや話題性に強く依存しているためです。

過去にが、米自動車大手テスラのイーロン・マスクCEOがドージコインや柴犬コインについて言及し、わずか数日で価格が大きく跳ね上がったという事例もあります。ドージコインは2021年に150倍以上、シバイヌは約50倍以上の価格上昇を記録し、大きな話題となりました。

インフルエンサーの発信は、ミームコインの価格を短期間で大きく変動させる重要な要素です。今後も多くの投資家やトレーダーがこの現象に注視するでしょう。

プロジェクトの価値が、コミュニティの重要度と比例する

ミームコインの将来性に関して、コミュニティの活発さが価値に直結すると考えられます。特に最近のミームコイン市場では、コミュニティの存在感が重視され始めています。ミームコインを取り巻くコミュニティは、独自のエコシステムを通じて、ミーム通貨に対する注目度を高め、新たな価値を創出しています。

ミームコインの将来性を考える上で、コミュニティの役割は非常に重要です。活発なコミュニティを持つミームコインは、伸びしろが大きいと言えます。しかし、投資の際には、そのコインがどのようなコミュニティを持ち、どの取引所で取り扱われているか、事前にリサーチすることが重要です。

新たな社会的価値や革新性が生じる可能性がある

ミームコイン市場は今後も進化を続け、新たな社会的価値や革新性をもたらす可能性が高いです。例えば、ドージコインは過去にジャマイカのボブスレーチームや水道プロジェクトへの寄付を行ったことがあります。

最近では、Meme Kombatなどの実用性を提供するミームコインも、市場での持続性が期待されています。投資家はトークンの実用性にも注意を払い、ミームコインの選ぶべきでしょう。

ミームコインの買い方

今回紹介したミームコインを買う場合、一部の例外を覗き、プレセールに参加することで購入できます。以下、ミームコインのプレセール参加方法を簡単に紹介します。

  1. 仮想通貨ウォレットを用意する:ブラウザやモバイルアプリで利用できるMetaMaskやWallet Connectのような仮想通貨ウォレットがおすすめです。
  2. 取引に使う仮想通貨を用意する:プレセールに参加するのに必要なイーサリアム(ETH)などの仮想通貨を購入します。例えば、Green Bitcoinでは、ETHまたはUSDTを使用できます。仮想通貨を購入後、仮想通貨ウォレットに転送しておきます。
  3. ウォレットとプレセールを接続する:任意のプレセール公式サイトにアクセスします。サイト内にある「今すぐ購入」等のボタンをクリックし、ウォレットを接続します。
  4. ミームコインを購入する:ウォレットをプレセールに接続したら、ETHまたはUSDTを選択し、購入するトークンの数または使用する金額を入力し、取引を完了させます。
  5. ミームコインを交換する:プレセール終了後、トークンはウォレットに自動的に送られます。その後は自由に管理または使用することができます。

上記の通り、ミームコインは簡単に購入できます。特にプレセール中は、圧倒的に低い価格で購入できるため、早期参加がおすすめです。プレセールの参加方法はトークンによって異なります。詳しくは、各ミームコインの公式サイトおよび当サイトの解説記事などをご覧になってください。

※柴犬コイン(SHIB)やドージコイン(DOGE)は一部の仮想通貨取引所で購入できます。

ミームコイン投資の注意点やリスク

暗号通貨のグラフィックとシンボルを表示するコンピューター画面

ミームコインは技術的な革新性よりもユーモアやコミュニティ、インフルエンサーの発信を重視するため、「価値が投機的なものになりやすい」という特徴があります。短期間で大きく値上がりすることもあれば、暴落することもあります。

また、ミームコインは詐欺やスキャムのリスクも高く、投資の際は細心の注意が必要です。過去にも開発者がプロジェクトを放棄したり、トークンを大量売却したり、偽のミームコインを発行するケースが発生しています。

以下、ミームコイン投資を検討する際の注意点と具体的な対策をまとめます。

  • 自分のリスク許容度を把握する:どれだけの損失を許容できるか冷静に判断しましょう。
  • ミームコインのリスクを理解する:価格変動のリスクが大きいことを理解しておきましょう。
  • 余剰資金で投資する:失っても生活に支障が出ない金額で投資しましょう。
  • 分散投資を行う:他の仮想通貨にも分散投資することで、リスクを軽減できます。
  • 情報収集を怠らない:プロジェクトの信頼性や開発者の情報など、投資する前に情報収集を行いましょう。

ミームコインは短期間で大きなリターンを得られる可能性がある一方で、リスクが大きいこともきちんと理解しましょう。

ミームコインに関するよくある質問

どのミームコインに投資するのがベストですか?

最も可能性のあるミームコインはどれですか?

2024年に爆上がりするミームコインはありますか?

まとめ:今投資すべきミームコインは?

床に描かれた大きなビットコインのシンボルを囲む人々

インターネット上のジョークから生まれたミームコイン。今では、仮想通貨業界でも無視できない存在になりました。初心者でも買いやすい初期価格、高い成長性、活発なコミュニティ形成はミームコインの魅力です。ミームコインに興味を持った方は、ぜひ本記事で紹介したおすすめコインから投資先を選んでみてください。

ミームコインは多くの魅力がある一方で、リスクが伴うことも事実です。リスクを最小限にするためにも、想定されるリスクを理解すること、余剰資金投資・分散投資をすること、ロードマップや最新情報を常に確認することを忘れずに。2024年に大きな盛り上がりを見せる仮想通貨業界のトレンドに乗るためにも、ミームコインに注目していきましょう。

Hiroshi Ono
編集者

Techopedia(テコペディア)ライター。2018年に仮想通貨投資を開始、ビットコインやNFTへの投資経験を持つ。20年からは個人ブロガーとして活動し、AI(人工知能)の内容を中心に400近い記事を執筆。23年よりラ...