仮想通貨の上場予定一覧は?有力銘柄を厳選紹介【2024年最新】

信頼の理由
信頼の理由

ビットコイン(BTC)の1000万円超えやビットコイン半減期を背景に、仮想通貨(暗号資産)市場に注目が集まっています。今後も、ビットコインだけでなく、価格が高騰するアルトコインは増えていくでしょう。その中で注目すべきは、上場予定の新しい仮想通貨です。未上場の仮想通貨に早期投資することで、大きなリターンを得られる可能性があります。

本記事では、仮想通貨の最前線を追う当サイトTechopedia(テコペディア)が、上場予定の仮想通貨9銘柄を一覧で紹介します。将来性のある仮想通貨の選び方や未上場の銘柄に投資する際のメリット・デメリットもまとめましたので、より賢明な投資判断ができるはずです。ぜひ最後までご覧ください。

  • イーサリアムL2チェーンの最新PEPEミーム
  • ステーキングで受動的収入をゲット!
  • 元祖ぺぺコインを再現!独自エコシステムを構築
プロジェクトローンチ
2024年6月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • BNB
    BNB
  • MGMESトークン購入で、ミーム界のパリ五輪に参加
  • GameFiイベントに勝利すると、ボーナス報酬あり!
  • ボーナス報酬はスマートコントラクト請求&ステーキング
プロジェクトローンチ
2024年7月
メタ
GameFi
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • BNB
    BNB
  • 2日おきにセール価格上昇!今が最安値
  • AI搭載の犬系ミームでアップグレード
  • セール中も高利回りのステーキング報酬
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
ミームコイン、ステーキング
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • P2Eゲームで稼ぐ!たまごっち風ドージ犬
  • 期間限定セール中!今夏の最注目ミーム通貨
  • プレセール終了後にバイナンス上場の可能性
プロジェクトローンチ
2024年5月
メタ
ミームコイン、P2E
購入方法
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • 西部劇にインスパイアされた柴犬ミーム
  • 総供給量の20%をステーキング報酬として提供
  • 友達紹介プログラムでボーナス報酬を獲得!
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • 1 以上
  • Baseチェーン発!最新のマルチチェーン犬系ミーム
  • ステーキング報酬に加え、シェアして稼ぐ新機能も
  • コンテンツ共有でポイント獲得!DAWGZをゲット
プロジェクトローンチ
2024年6月
メタ
ミームコイン、Share to Earn
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • SOL
    SOL
  • 業界初!カジノゲームでデイリー報酬を獲得
  • カジノプレイヤーへ225万ドル超のエアドロ
  • DICEトークンの紹介で紹介料25%ゲット!
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
GameFi
購入方法
  • SOL
    SOL
  • ETH
    ETH
  • BONK
    BONK
  • Learn-to-Earnで仮想通貨を学んで稼ぐ!
  • 99BTCステーキングで報酬をゲット!
  • プロの取引戦略を学び、投資で優位に
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
Learn to Earn
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • 100倍仮想通貨スポンジボブの後継
  • 1カ月で10倍上昇、バイナンス上場を予定か
  • ステーキング+ブリッジ合計額2500万ドル超
プロジェクトローンチ
2023年12月
メタ
ミームコイン
購入方法
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH
  • Debit
    Debit
  • 2024年夏注目のドージ系最新ミーム
  • コミュニティ活動を通じて報酬ゲット!
  • ステーキングによる高利回り報酬に期待
プロジェクトローンチ
2024年6月
メタ
ミーム通貨
購入方法
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • フィンテックスタートアップ発の仮想通貨プロジェクト
  • SPY保有者にエアドロップ、投票権、早期アクセス権を付与
  • ブロックチェーン×金融インフラ統合で商品取引を変革
プロジェクトローンチ
2024年5月
メタ
フィンテック
購入方法
  • Skrill
    Skrill
  • Debit
    Debit
  • ETH
    ETH
  • F1レースの結果予測で、世界中のファンと競い合う
  • BDJトークンはステーキングするも良し、ガチホも◎
  • 最大6811%の高利回り!BDJステーキングで稼げる
プロジェクトローンチ
2024年7月
メタ
スポーツベッティング
購入方法
  • ETH
    ETH
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • 1 以上
目次 目次
    1. 上場予定の仮想通貨①:Pepe Unchained(PEPU)
    2. 上場予定の仮想通貨②:Wiener AI(WAI)
    3. 上場予定の仮想通貨③:PlayDoge(PLAY)
    4. 上場予定の仮想通貨④:Base Dawgz(DAWGZ)
    5. 上場予定の仮想通貨⑤:Sealana(SEAL)
    6. 上場予定の仮想通貨⑥:Mega Dice Token(DICE)
    7. 上場予定の仮想通貨⑦:99 Bitcoins(99BTC)
    8. 上場予定の仮想通貨⑧:Sponge V2(SPONGEV2)
    9. 上場予定の仮想通貨⑨:eTukTuk(TUK)
    10. 上場予定の仮想通貨⑩:Doge2014(DOGE2014)
    11. 上場予定の仮想通貨11:Shiba Shootout(SHIBASHOOT)
    12. 上場予定の仮想通貨12:SpacePay(SPY)
    13. 上場予定の仮想通貨13:Billion Dollar Jackpot(BDJ)
    1. 少額で大量に投資できる
    2. 上場後、価格が高騰しやすい
    3. 将来性のあるコミュニティに入れる
    1. ボラティリティ(価格変動)が大きい
    2. 取引量が少なく、取引しにくい
    1. 1. 初期セールを実施しているか
    2. 2. 目的や用途が明確か
    3. 3. 将来性が期待できるか
    4. 4. 少額で投資できるか
    5. 5. どれほどのVCや企業が出資しているか
目次
    1. 上場予定の仮想通貨①:Pepe Unchained(PEPU)
    2. 上場予定の仮想通貨②:Wiener AI(WAI)
    3. 上場予定の仮想通貨③:PlayDoge(PLAY)
    4. 上場予定の仮想通貨④:Base Dawgz(DAWGZ)
    5. 上場予定の仮想通貨⑤:Sealana(SEAL)
    6. 上場予定の仮想通貨⑥:Mega Dice Token(DICE)
    7. 上場予定の仮想通貨⑦:99 Bitcoins(99BTC)
    8. 上場予定の仮想通貨⑧:Sponge V2(SPONGEV2)
    9. 上場予定の仮想通貨⑨:eTukTuk(TUK)
    10. 上場予定の仮想通貨⑩:Doge2014(DOGE2014)
    11. 上場予定の仮想通貨11:Shiba Shootout(SHIBASHOOT)
    12. 上場予定の仮想通貨12:SpacePay(SPY)
    13. 上場予定の仮想通貨13:Billion Dollar Jackpot(BDJ)
  1. もっと見る
    1. 少額で大量に投資できる
    2. 上場後、価格が高騰しやすい
    3. 将来性のあるコミュニティに入れる
    1. ボラティリティ(価格変動)が大きい
    2. 取引量が少なく、取引しにくい
    1. 1. 初期セールを実施しているか
    2. 2. 目的や用途が明確か
    3. 3. 将来性が期待できるか
    4. 4. 少額で投資できるか
    5. 5. どれほどのVCや企業が出資しているか

仮想通貨の上場予定プロジェクト比較一覧

仮想通貨の上場予定一覧が以下の通り。上場前の将来性があるプロジェクトに分散投資することで、リスクを抑えながら着実にリターンを得ることができます。早速、上場予定の銘柄を比較しましょう。

  1. Pepe Unchained(PEPU)– 将来的な価格上昇が期待されまる新しい仮想通貨ミームコイン。ETHとPepe Chain間の即時ブリッジや最低の取引手数料などが特徴です。
  2. WienerAI(WAI)– 新しいAI×ミームの仮想通貨。今後の取引所上場を狙っており、価格上昇が期待されています。
  3. PlayDoge(PLAY)– ドージコインとWEB3ゲームを組み合わせた仮想通貨。遊びながら稼げる仕組みで上場予定の期待銘柄。
  4. Base Dawgz(DAWGZ)– 柴犬ミームにインスパイアされた上場予定コイン。マルチチェーン対応で、幅広い自由度を提供します。
  5. Sealana(SEAL)– ソラナ基盤の新しい仮想通貨。コミュニティの成長に伴う価格上昇は期待大。
  6. Mega Dice Token(DICE)– 新しい仮想通貨カジノプロジェクト。その将来性から今後の仮想通貨取引所への上場予定が期待されます。
  7. 99 Bitcoins(99BTC)– 近い将来、取引所に上場予定の仮想通貨。イーサリアムのERC-20プロトコルからビットコインブロックチェーンのBRC-20へと橋渡しされる予定です。
  8. SpongeV2(SPONGEV2)– スポンジボブに影響を受けた上場予定の仮想通貨。大成功を抑えたV1の後継銘柄として、大きな注目を集めます。
  9. eTukTuk(TUK)– 発展途上国にあるトゥクトゥクの電動化を目指すプロジェクト。発展途上国の交通と環境問題の解決策を提供し、新しい経済圏を創出するポテンシャルがあります。
  10. Doge2014(DOGE2014)– ドージコインが好きな方は必見の上場予定仮想通貨。Dogeの10周年を祝うことが目的のミームコインです。
  11. Shiba Shootout(SHIBASHOOT)– 西武開拓時代を舞台にした活気に満ちた犬系プロジェクト。複数の特典で投資家を惹きつけ、取引所上場を予定しています。
  12. SpacePay(SPY)– 決済方法を再定義するテクノロジースタートアップ。革新的な技術と安心のテクノロジーを用いて、世界中で仮想通貨決済を可能にします。
  13. RacetoaBilionF1の知識を活かして報酬が得られる、新しい仮想通貨ゲーム。レースごとにポイントが加算され、シーズン終了時にはランキング上位者に豪華賞金が贈られます。

仮想通貨の上場予定銘柄をレビュー【2024年最新】

おすすめ仮想通貨の中でもイチオシの上場予定銘柄をレビューしていきます。上場前の仮想通貨は将来伸びる可能性がある一方で、リスクも伴います。各コインの特徴、メリット・デメリット、今後の上場予定、セール情報を理解したうえで、投資するようにしましょう。

上場予定の仮想通貨①:Pepe Unchained(PEPU)

仮想通貨市場に新たに登場する「Pepe Unchained(PEPU)」は、従来のミームコイン「PEPE」の進化版。独自のブロックチェーンであるレイヤー2技術を活用しており、スピード、セキュリティ、低料金を兼ね備えています。PEPE Unchainedは、ETHとPepe Chain間の即時ブリッジ、最低の取引手数料など、多くの利点を持っています。その他の特徴は以下のとおり。

  • 高速取引:ETHより100倍の速さで取引を処理できます。
  • 専用ブロックエクスプローラー:すべてのトランザクションを確認できる専用のブロックエクスプローラーを提供しています。
  • 高いステーキング報酬:年額報酬192655%のステーキング報酬が得られます。

PEPE Unchainedのトークノミクスは、先行販売に総供量の20%、ステーキングに30%、マーケティングに20%、流動性に10%、プロジェクトファイナンスに10%、チェーン在庫に10%が割り当てられる予定です。なお、総供給量は80億トークンです。

PEPE Unchainedの将来性については、その高速かつ低コストなトランザクション能力により、将来のミームコイン市場で大きな影響を与える可能性があります。PEPE Unchainedの強力なエコシステムは、他のミームコインとは一線を画す存在となるでしょう。

PEPE Unchainedの買い方ですが、仮想通貨ウォレットMetaMaskを使用して簡単にプレセール参加できます。プレセール参加者には、特別なステーキング報酬が提供されます。最も高いリターンを得られるチャンスをお見逃しなく。

プレセール開始 2024年6月15日
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 80億枚
最低購入額 なし

Pepe Unchainedを見てみる

上場予定の仮想通貨②:Wiener AI(WAI)

現在、仮想通貨の上場予定銘柄の1つとして投資家の期待を集めるのが「Wiener AI(WAI)」です。「AI」「犬」「ソーセージ」という一風変わった組み合わせがユニークさを演出し、犬コインとしての存在感を出しています。WAIの特徴は、以下のとおりです。

  • ERC-20トークン:安全性の高いイーサリアムチェーンのERC-20を採用。
  • 複数の報酬システム:コミュニティ報酬、ステーキング報酬など、トークン価格以外の報酬を提供。
  • 強力なコミュニティ:ソーセージ軍と呼ばれるコミュニティが、WAIのマーケティングをサポート。

WAIは信頼と実績のあるERC-20を使用。イーサリアムチェーン上で展開することで、安全性と利便性を確保しながら拡大を狙います。

WAIの報酬設計も優れており、トークンホルダーはWAIを売買して得られる利益以外にも、コミュニティ報酬やステーキング報酬など様々なインセンティブを得られます。WAIのコミュニティは「ソーセージ軍」と呼ばれ、WAIの拡大やマーケティングを強力に推し進めるエンジンとして活動します。

上記のような要因によりWAIは投資家の大きな注目を集め、WAIの価格予想では2024年末に0.008ドルに達する可能性があるとされています。執筆時点の価格は0.000703ドルですが、価格は徐々に上昇する予定です。WAIへの投資をお考え中の方は、WAIの買い方を参考に、ぜひ早めに手に入れてみてください。

リリース日 2024年4月
購入方法 ETH、USDT、 BNB
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 690億枚
最低購入額 なし

Wiener AIを見てみる

上場予定の仮想通貨③:PlayDoge(PLAY)

PlayDoge(PLAY)は、プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)を採用したGameFi仮想通貨です。仮想通貨の上場予定銘柄として現在注目を集めるPlayDogeの特徴は、以下のとおり。

  • 斬新なユーティリティコイン:Dogeミームとたまごっちを掛け合わせ、懐かしさと新しさを同時に表現しています。
  • 複数の報酬を準備:ゲーム報酬以外にも、ボーナス報酬やステーキング報酬があります。
  • 仮想通貨取引所に上場予定:BNBチェーンを使用し、大手取引所にも上場する可能性があります。

PlayDogeは「Dogeミーム」と「たまごっち」を掛け合わせた新しい仮想通貨です。ミーム文化の先駆者であるドージコインと、レトロな懐かしさを感じさせるたまごっちを掛け合わせることで多くのファンを獲得しました。

PlayDogeのユーザーは、デジタルペットの世話をすることでゲームに参加します。餌やり、訓練、睡眠など全ての行動が報酬につながるのです。ゲーム内容に応じたボーナス報酬、ステーキング報酬、初期ユーザーへの仮想通貨エアドロップなども予定されているので、インセンティブ設計も十分と言えるでしょう。

PlayDogeは明確なトークノミクスとロードマップを示しており、将来的な成長の可能性を示しています。仮想通貨取引所への上場予定も計画されているので、価格にプラスの影響を与えそうです。PlayDogeはBNBチェーンを採用しているため、バイナンスを含む大手取引所への上場にも追い風と言えます。

将来性はPlayDogeの価格予想にも反映されており、2024年末には最高値で0.01ドルまで上昇、2030年末には0.5ドルと予想されています。現在の価格は0.005ドルですが、価格は初期セールのステージごとに上昇していくので、気になる方はPlayDogeの買い方を参考に、以下の公式サイトから早めに購入してみてください。

リリース日 2024年5月
購入方法 BNB
ブロックチェーン BSC(バイナンススマートチェーン)
総供給量 94億枚
最低購入額 なし

PlayDogeを見てみる

上場予定の仮想通貨④:Base Dawgz(DAWGZ)

Base Dawgz(DAWGZ)は、ベース、イーサリアム、ソラナなど複数のチェーンに対応したマルチチェーン仮想通貨です。ユーザーに幅広い体験価値を提供する最先端コインで、仮想通貨の上場予定銘柄として存在感を示しています。Base Dawgzの特徴は、以下のとおりです。

  • マルチチェーン対応:メインチェーンはベース(Base)ですが、イーサリアム、ソラナ、BNBチェーン、アヴァランチから選択して参加可能です。
  • 上場予定のロードマップ:Base Dawgzのロードマップは、DEX、CEXへの上場を目指しています。
  • 強力なコミュニティ:魅力的なインセンティブ設計で、ユーザーとプロジェクト間で良い関係を築いています。

Base Dawgzは柴犬ミームから影響を受けつつ、複数チェーンをまたがる最先端コインとして、投資家の注目を集めています。メインチェーンはベースですが、イーサリアム、ソラナ、BNBチェーン、アヴァランチなど5つのチェーンで利用できるので、活発なユーザーにとって魅力的と言えるでしょう。

Base Dawgzは明確なロードマップを示しており、第3フェーズではCoingeckoやCoinMarketCapなどのDEXに上場、第4フェーズではCEXに上場予定です。一般的に上場は新規コインに良い影響をもたらすため、Base Dawgzの今後にも追い風となるでしょう。

Base Dawgzはコミュニティにおいて、ユーザーと良い関係を作っています。プロジェクトのマーケティングを進めつつ、ユーザーにエアドロップやステーキング報酬などのインセンティブを提供しているのです。

長期的な価値向上が見込めるBase Dawgzに興味がある方は、Base Dawgzの買い方を参考にして、初期セールに参加してみてください。

リリース日 2024年6月
購入方法 SOL、ETH、BNB、MATIC、AVAX、USDT、USDC
ブロックチェーン ベース、イーサリアム、ソラナ、BNBチェーン、アヴァランチ
総供給量 84億5300万枚
最低購入額 なし

Base Dawgzを見てみる

上場予定の仮想通貨⑤:Sealana(SEAL)

Sealana(SEAL)は、有力L1ブロックチェーンであるSolana(ソラナ)を利用したミームコインです。仮想通貨の上場予定銘柄として投資家の期待を集めており、先行販売開始からたったの数時間で13万ドルを超える資金を集めています。SEALの特徴は、以下のとおりです。

  • ソラナチェーンで展開:投資家の間で人気が上昇しているソラナチェーン上で展開します。
  • エアドロップ方式を採用:ソラナ上でトレンドとなっているSend-to-Presales方式を採用しています。
  • 独特のミーム文化を表現:ユーモラスなキャラクターを中心に、愉快で神秘的な雰囲気を作り出し、投資家の注目を集めています。

SEALは、多くのミームコイントレンドを生み出しているソラナチェーンで展開されます。仮想通貨マーケットの盛り上がりを背景に、投資家の大きな注目を集めるでしょう。SEALの価格予想でも、2030年までに最高値で0.4ドルまで上昇すると予想されています。

SEALの買い方は、Send-to-Presales方式を採用。すでにSlothanaなどのソラナ系コインが成功を収めた方法で、投資家は専用のウォレットにSOL(ソラナ)を送るだけで購入が完了します。その後は、自動的にSEALがエアドロップされるのを待ちましょう。

太ったアザラシのキャラクターを中心に、少ない情報量ながら大きな熱狂を生み出しています。ミームらしいユーモアで価格上昇を狙っており、将来的に仮想通貨取引所への上場が実現すれば、更なる飛躍が期待できます。

SEALに興味がある方は、以下の公式サイトからプレセールに参加してみてください。

リリース日 2024年5月
購入方法 SOL
ブロックチェーン ソラナ
総供給量 なし
最低購入額 なし

Sealanaを見てみる

上場予定の仮想通貨⑥:Mega Dice Token(DICE)

2024年後半に向けて新たな盛り上がりを見せている仮想通貨市場ですが、最近注目を集めているのが上場予定の「Mega Diceトークン(DICE)」です。

Mega Diceトークンは、2023年に設立された仮想通貨カジノ「Mega Dice」が発行するトークンで、様々な特典や報酬を受けられるユーティリティトークンとして人気を集めています。

Mega Diceトークンの特徴は、以下の通りです。

  • カジノゲームでの利用: Mega Diceトークンを使い、Mega Diceカジノの様々なゲームをプレイできます。
  • 限定特典へのアクセス: Mega Diceトークン保有者限定の特別なゲームやプロモーションに参加できます。
  • ステーキング: Mega Diceトークンをステーキングすることで、報酬を得られます。
  • デイリー報酬: カジノのパフォーマンスに基づいて、毎日報酬を受け取れます。
  • 限定NFT: 特別な特典が付与される限定NFTを、Mega Diceトークンを使って購入できます。
  • 紹介プログラム: 友達を紹介してMega Diceトークンを獲得することができます。紹介者には紹介報酬の25%が支払われます。

さらに、Mega DiceトークンはカジノのTelegramグループはすでに6700人以上のメンバーを集めていて、カジノのX(旧Twitter)アカウントは2万5千人のフォロワーを獲得しています。

Mega Diceトークンは、2024年後半に主要な仮想通貨取引所への上場を予定しています。Mega Diceトークン価格予想によると、上場後はさらに多くの投資家から注目を集め、価格が上昇する可能性が高いです。気になる方は、上場予定の一覧もチェックしておきましょう。

また、いち早く購入したいという方は、Mega Diceトークンの購入方法も参考にしてみてください。

リリース日 2024年4月
購入方法 SOL、ETH、BNB
ブロックチェーン ソラナ
総供給量 1億4700万枚
最低購入額 なし

Mega Diceを見てみる

上場予定の仮想通貨⑦:99 Bitcoins(99BTC)

99 Bitcoins(99BTC)は、プラットフォームで教育コースやクイズを受けることでトークンを獲得できる「Learn-to-Earn」モデルを導入した上場予定仮想通貨。99BTCトークンを保有することで、特別コンテンツへのアクセスや報酬が得られます。特徴は以下のとおり。

  • 教育プラットフォーム:初心者から上級者まで、幅広い教育コンテンツを提供。
  • Learn-to-Earnモデル:教育を受けることでトークンを獲得可能。
  • BRC-20トークン:ビットコインの新トークンシステムであるBRC-20に移行予定。

99BTCは、2024年4月のビットコイン半減期後に価値が上昇すると予想されています。現在限定セールを開催中で、今後は数段階に分けて価格が上昇し、複数の取引所に上場予定の計画があります。早期にトークンを購入することで、将来の上場時により高いリターンが期待できるでしょう。

99BTCの購入方法は、公式ページに仮想通貨ウォレットを接続して購入します。希望する投資金額を入力すれば完了です。

上場予定の新しい仮想通貨として、99BTCは非常に魅力的な選択肢。この機会に99BTCトークンを購入してみてください。早速、下記から公式サイトを確認してみましょう。

リリース日 2024年4月10日
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 990億枚
最低購入額 なし

99Bitcoinsを見てみる

上場予定の仮想通貨⑧:Sponge V2(SPONGEV2)

Sponge V2(SPONGEV2)は、「スポンジ・ボブ」という人気キャラクターをモチーフにした上場予定の仮想通貨。前作のSponge V1は市場に登場してから短期間で大きな成長を遂げた実績があり、その後継トークンとして期待が寄せられています。注目すべき特徴は以下の通りです。

  • マーケティング戦略:仮想通貨メディア、仮想通貨系インフルエンサー、米Redditと連携しながら、強固なコミュニティを形成しています。
  • プレイ・トゥ・アーン(Play to Earn/P2E)ゲーム:単なるミームコインにとどまらず、ゲームトークンとしての実用性を計画しています。
  • 前作の実績:Sponge V1は取引所に上場してからわずか数日で、時価総額が100万ドルから1億ドルに。
  • ステーキングAPY:4年間のステーキング固定期間があり、APY(年間収益率)は40%です。

Sponge V2は、バイナンスやバイビットなど大手仮想通貨取引所への上場予定を計画しています。前作の実績から、上場による爆上がりはかなり期待できます。ハイリスク・ハイリターンである点は理解したうえで投資してください。

Sponge V2の限定セールが現在行われています。ステーク・トゥ・ブリッジ(Stake to Bridge)の仕組みで購入することが可能です。Sponge V2に興味がある方は、公式サイトで具体的な買い方をチェックして参加してみましょう。

リリース日 2023年12月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 1500億枚
最低購入額 なし

SpongeV2を見てみる

上場予定の仮想通貨⑨:eTukTuk(TUK)

eTukTukは、「発展途上国版テスラ」を目指し、アジアを中心に運行する2億7000万台以上のトゥクトゥクを電動化するプロジェクト。初期セールでは初週で売上約4500万円を達成しており、投資家から注目が集まっています。eTukTukの特徴は以下の通り。

  • プロジェクトの実用性:最大の魅力は、発展途上国の交通と環境問題の解決する実用性です。実用性のあるトークンは、安定した価値が高まる傾向にあります。
  • セキュリティ性:バイナンススマートチェーン(BSC)基盤で、監査によって安全性も証明されています。
  • 新しい経済圏:TUKトークンはEVトゥクトゥク専用の充電ステーションの利用決済に利用されるなど、ブロックチェーンを利用した新しい経済圏をつくる可能性があります。
  • スリランカでの導入開始:2024年にスリランカで運用開始を予定しています。

2024年内に仮想通貨取引所への上場を目論むeTukTukは、上場予定一覧にも名を連ねるなど、多くの期待を集めています。スリランカの大企業キャピタル・マハラジャ・グループとの提携もその動きを後押ししています。

eTukTukの初期セールでは、購入するトークンの価格が徐々に上昇していきます。投資するなら、現在の初期セール段階がおすすめです。SDGsなeTukTukに興味を持った方は、公式サイトでプロジェクトの将来性を確認して参加してみましょう。

リリース日 2023年11月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン BSC(バイナンススマートチェーン)
総供給量 20億枚
最低購入額 1ドル

eTukTukを見てみる

上場予定の仮想通貨⑩:Doge2014(DOGE2014)

Doge2014の公式ウェブサイト

Doge2014(DOGE2014)は、ドージコインの10周年を祝うERC20トークンです。Doge2014は、ドージコインのコミュニティ精神とユーモアを継承し、現在のドージコインブームに乗っかっているため、注目を集めています。

Dogecoin2014の特徴は以下のとおり。

  • コミュニティ主導:ドージコインならではの強力なコミュニティ形成を目指しています。
  • 記念トークン:ドージコイン10周年を記念して発行され、2014年の初期価格で販売されます。
  • ステーキング報酬:トークン保有者はステーキングによる報酬を得られます。

Dogecoin2014の総供給量は1000億トークンで、初期セールには60%、流動性確保には10%、ステーキング報酬には25%、マーケティングには5%が割り当てられます。

Dogecoin2014のロードマップですが、フェーズ1では主にプレセールの開始とマーケティングキャンペーンの実施に重きをおいています。プレセール終了後のフェーズ2では分散型取引所へのトークン上場を目指しています。フェーズ3・フェーズ4ではドージコインの10周年を祝う製品の作成やイベント開催を計画しています。

Doge2014は、仮想通貨市場におけるドージコインを祝うための象徴であり、コミュニティの一員としてその活動に参加する機会を提供しています。現在のミームコイントレンドにもマッチする銘柄といえるでしょう。気になる方は、下記から公式サイトをチェックしてみてください。

プレセール開始 2024年6月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 100億枚
最低購入額 なし

Doge2014を見てみる

上場予定の仮想通貨11:Shiba Shootout(SHIBASHOOT)

Shiba Shootout(SHIBASHOOT)は、ワイルドウエストをテーマにした仮想通貨の上場予定銘柄です。ユニークなテーマと魅力的なコミュニティイベントで投資家を惹きつけ、現在までに45万ドル以上の資金を調達しています。Shiba Shootoutの特徴は、以下のとおりです。

  • ユニークなコンセプト:最新の犬系コインとしてユニークな世界観やキャラクターを作り出しています。
  • 明確なロードマップ:フェーズ1から仮想通貨取引所への上場を視野に入れており、プロジェクトを拡大する予定です。
  • 初期ユーザーに有利なトークノミクス:初期の投資家にメリットのあるトークン設計で、多くのユーザーを惹きつけています。

Shiba Shootoutは、最先端の犬系コインです。イノベーション・創造性・ワイルドウエスト精神をテーマとして掲げており、革新的な仮想通貨として独特のコンセプトを生み出しています。独自のイベントを企画するなどしてコミュニティを重視することにより、長期的な価値向上を実現する計画です。

ロードマップには初期段階から上場が計画されており、フェーズ2、フェーズ3と進むにつれて認知度を拡大し、大手仮想通貨取引所にも上場する予定です。一般的には上場のタイミングでトークン価格が上昇するケースが多いため、投資家にとっての大きなメリットと言えるでしょう。

初期ユーザーには、魅力的なステーキング報酬も準備されています。Shiba Shootoutへの投資に興味がある方は、以下の公式サイトから先行セールに参加してみてください。

プレセール開始 2024年4月
購入方法 ETH、USDT、BNB、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 22億枚
最低購入額 なし

Shiba Shootoutを見てみる

上場予定の仮想通貨12:SpacePay(SPY)

SpacePayのイメージ図

SpacePay(SPY)は、仮想通貨支払いを便利にするサービスです。現在の支払い方法と同じくらい、シームレスで快適な支払い環境を目指します。将来につながるプロジェクトとして大きな注目を集めており、仮想通貨の上場予定銘柄としても期待されています。

SpacePayの特徴は、以下のとおりです。

  • グローバルな投資家から支援を獲得:サービスの魅力で、投資家から75万ドルの支援を集めています。
  • 世界展開を見据えたロードマップ:各国の法令を遵守しながら、上場を含むグローバル展開を目指します。
  • 戦略的なトークノミクス:細かく設定されたトークノミクスで、投資家とユーザーにメリットをもたらします。

SpacePayは世界市場に、仮想通貨のシームレスな支払い方法の導入を計画しています。世界の商取引に革命が起きるかもしれません。すでにグローバル投資家から多額の支援を獲得しており、現在までに75万ドルの資金を調達しています。

SpacePayは国ごとに異なる法律に対応しながらグローバル展開を進め、人々にメリットを提供します。将来的には仮想通貨取引所にも上場予定なので、投資家にとっても魅力的なロードマップと言えるでしょう。

SpacePayはトークノミクスも明確に示されており、1%単位で計画されています。20%をプレセールに、18%をマーケティングとパートナーシップのそれぞれに当てる予定で、長期的な展開も見据えていると言えます。

SpacePayに興味がある方は、以下の公式サイトから初期セールに参加してみてください。

プレセール開始 2024年5月
購入方法 ETH、USDC、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 340億枚
最低購入額 なし

SpacePayを見てみる

上場予定の仮想通貨13:Billion Dollar Jackpot(BDJ)

RacetoaBilion

Billion Dollar Jackpot(BDJ)は、、F1レースの勝敗予想で賞金を獲得できる、F1ファンにはたまらない新プラットフォーム。

Billion Dollar Jackpotでは、レース結果を予想してポイントを獲得することが可能です。

ドライバーやチームの実力、サーキットの特性など、F1に関する知識を総動員して予想を的中させます。運だけでなく、F1愛と鋭い分析力が試されるはずです。

F1の知識と戦略的思考を活用して、世界中のファンと競い合いながら、プラットフォームのネイティブトークンであるBDJを得ることができ、実際に稼ぐことが可能となっています。

レースごとにポイントが加算され、シーズン終了時にはランキング上位者に豪華賞金が贈られます。F1観戦を楽しみながら、稼ぐことができる最新仮想通貨プロジェクトです。

早期限定プレセールが現在始まっています。価格が上昇する前に購入できるチャンスです。気になる方は早めに投資を始めておきましょう。

プレセール開始 2024
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン バイナンス
総供給量
最低購入額 なし

RacetoaBilionを見てみる

新規上場したばかりの仮想通貨プロジェクト一覧

青い仮想通貨と石の塊の中にいる多くの人々

仮想通貨取引所への上場に関して、過去の前例を知りたい方もいると思います。以下では、近年、新規上場した仮想通貨(アルトコイン)プロジェクトを紹介していきます。

  • アイオーエスティー(IOST):2020年にコインチェックへ上場。DApps(分散型アプリケーション)を開発できるプラットフォームとして注目を集めています。
  • トロン(TRON/TRX):2021年にビットポイントへ上場。エンターテインメント向けの非中央集権型プラットフォームを設計しており、音楽や動画などのクリエイターに役立つ環境を提供しています。
  • エンジンコイン(ENJ):2021年にコインチェックやGMOへ上場。eスポーツやメタバース向けのプラットフォームであり、NFTの発行と管理を容易にしています。
  • ポルカドット(DOT):2021年にSBI VCやビットフライヤーなどに上場。独自の「ブリッジ機能」を備えた仮想通貨であり、異なるブロックチェーン間の連携を実現します。
  • ドージコイン(DOGE):2024年2月29日にビットフライヤーへ上場。インターネットミームとして知られる「ドージ(Doge)」の柴犬をモチーフとしたミームコイン。決済手段として普及が拡大しています。

2020、2021年代はエンターテインメント、eスポーツ、メタバース、そしてMove to Earnなどの実用性のあるプロジェクトが注目を集めていましたが、現在はドージコイン(DOGE)のようなミームコインの上場も活発になっています。この傾向から、今後は「実用性のあるミームコイン」に注目するのがよいと考えられます。

上場予定の仮想通貨に投資するメリット

仮想通貨のシンボルであるビットコインとその価格変動を示すコンピュータースクリーン

上場予定の仮想通貨に投資するメリットは、以下の通り。

  • 少額で大量に投資できる
  • 上場後、価格が高騰しやすい
  • 将来性のあるコミュニティに入れる

それぞれ解説していきます。

少額で大量に投資できる

上場予定の仮想通貨は、少額で始められるメリットがあります。上場前の仮想通貨は、価値が低く抑えられているためです。価格が低い分、大量に保有できるため、価格が高騰した際の利益も大きくなります。また、様々な銘柄に投資しやすくなるため、分散投資でリスクを軽減することも可能です。

上場予定の仮想通貨一覧に注目することで、リスクを分散しつつ、将来的に大きなリターンを得ることができるでしょう。特に初心者は、リスクを抑えながら投資や市場動向を学ぶチャンスになります。

上場後、価格が高騰しやすい

仮想通貨は上場後、価格が高騰しやすい傾向があります。上場すると、通貨に対する信用度と注目度が高まり、多くの資金が流入するためです。流動性が向上することで、価格上昇につながります。特に、大手取引所への上場は、コインの信頼性や知名度を格段に高めます。

仮想通貨ICOなどを活用して早期投資しておくことで、上場後の価格高騰による大きなリターンを得る可能性が高まります。上場予定の一覧をこまめにチェックし、早めにプレセールに参加するようにしましょう。

将来性のあるコミュニティに入れる

一般的に、仮想通貨に投資すれば、コミュニティの一員となれます。特に、上場予定の仮想通貨の場合は、有益な情報や優秀な人材が集まりやすく、コミュニティの将来性が期待できます。将来性のあるコミュニティに入ることで、最新情報を入手できたり、感度の高い人々との交流できたりするのは、大きなメリットといえるでしょう。

例えば、Redditにおけるドージコインのスレッドは、240万人以上のフォロワーがおり、日夜活発な議論が行われています。上場予定の仮想通貨に早期から投資することは、将来性のあるコミュニティに入るチャンスです。

上場予定の仮想通貨に投資するデメリット

ラピッドに動く仮想通貨市場データが表示されている大型ディスプレイを見つめる人々

上場予定の仮想通貨への投資は、以下のデメリットが伴います。

  • ボラティリティ(価格変動)が大きい
  • 流動性が低く、取引しにくい

それぞれどのようなリスクがあるのか、解説していきます。

ボラティリティ(価格変動)が大きい

一般的に、上場予定の仮想通貨は価格変動が大きくなります。価格の変動性は、多くの投資家の期待に影響を受けるためです。上場予定によって期待が高まることで価格の急騰、急落が発生します。また、このような価格変動は市場のニュースや動向によって大きく左右されるため、非常に不安定です。

特に草コインやミームコインなどのマイナーな仮想通貨の価格変動はさらに激しくなります。取引量が少なく、チャートの値動きが活発になりやすいためです。価値が高騰して大きなリターンを得られる一方で、下落した場合は大きなリスクが伴うことを理解しておきましょう。

取引量が少なく、取引しにくい

上場予定の仮想通貨の最大のデメリットは、その取引量の少なさ。上場したばかりの仮想通貨は取引量が少ないため、ビットコインを購入する場合と比べて希望するタイミングやレートでの約定が難しいというデメリットがあります。急な市場の変動に対応しようとしても、利確できないなどの問題が発生します。

上場予定の仮想通貨に投資すると、市場の初期段階で参入できるメリットがある反面、取引が難しいというデメリットがあることも理解し、リスク管理を徹底しましょう。

上場予定の仮想通貨の選び方・見極め方5選

仮想通貨チャートが表示されたコンピューターとビットコインのコイン

上場予定の仮想通貨をどう見極めるか、疑問に思う方も多いはず。そこで、仮想通貨の選び方を徹底的に説明していきます。見極めるポイントは以下の5点です。

  1. 初期セールを実施しているか
  2. 目的や用途が明確か
  3. 将来性が期待できるか
  4. 少額で投資できるか
  5. どれほどのVCや企業が出資しているか

具体的にどのようなことに注目すべきなのか解説していきます。

1. 初期セールを実施しているか

まずは、初期セールを実施しているか確認しましょう。初期セールでは、一般公開価格よりもはるかに低い価格で仮想通貨を購入できるためです。例えば、初期セールで購入した仮想通貨がバイナンスやコインチェックなどの有名な取引所に上場した後、価格が数倍に跳ね上がるケースがあります。例えば、今回紹介した上場予定一覧のほとんどが仮想通貨プレセールを実施中です。

  1. Pepe Unchained(PEPU)
  2. WienerAI(WAI)
  3. PlayDoge(PLAY)
  4. Sealana(SEAL)
  5. Base Dawgz(DAWGZ)
  6. Mega Dice(DICE)
  7. 99Bitcoins(99BTC)
  8. Sponge V2(SPONGEV2)
  9. eTukTuk(TUK)
  10. Doge2014(DOGE2014)
  11. Shiba Shootout(SHIBASHOOT)
  12. SpacePay(SPY)

各公式サイトでは、プロジェクトのロードマップを確認できる上に、プレセールに参加するガイドが用意されています。詳しくは、各上場予定の仮想通貨の公式サイトを確認してください。

2. 目的や用途が明確か

次のポイントは、明確な目的や用途を持つ仮想通貨プロジェクトを選ぶことです。投資の本質は、将来性を見込んだ銘柄に資金を投じること。目的や用途が不明瞭な仮想通貨に投資するのは避けるべきです。

各仮想通貨プロジェクトの公式サイトを見て、仮想通貨の目的や用途、ロードマップを理解することから始めましょう。徹底的に分析した上で上場や将来性を期待できるならば、着実にリターンを得られるでしょう。

3. 将来性が期待できるか

仮想通貨はその将来性にも注目しましょう。仮想通貨の将来性は、目的や用途、使用されている技術、開発状況、運営チーム、コミュニティサポートの充実度に大きく左右されます。また、どの仮想通貨取引所へ上場予定なのかも重要なポイント。将来性や上場予定が全くないプロジェクトは、仮に上場しても価値が下がる可能性が高くなります。以下では、将来性を見極めるポイントの一例を紹介します。

  • 革新的なブロックチェーン技術を用いているか
  • 既存のシステムやサービスに変革をもたらす可能性があるか
  • 持続可能なエネルギー利用を目指しているか
  • データセキュリティの強化は問題ないか

プロジェクトの分析を通じて、リスク管理しつつ、将来的な成長を見込める仮想通貨に投資してください。今回紹介した上場予定の仮想通貨一覧には、当サイトTechopediaが入念に分析して将来性を感じたプロジェクトのみ掲載しています。

4. 少額で投資できるか

上場予定の仮想通貨が持つ「少額投資できる」というメリットを活かせるコインを探しましょう。大抵、プレセール実施中の仮想通貨は市場価値が確定していないため、価格が低く設定されています。この時点で投資をスタートすることにより、大きな損失を回避しつつ、市場に参入することが可能となります。

また、少額であれば、複数の仮想通貨プロジェクトに投資できます。仮に一つのプロジェクトがダメになっても大きな損失は被りません。上場予定の仮想通貨はリターンを期待できる分、大きなリスクが伴うのも事実。少額で始められるメリットを活かして、リスクを軽減しましょう。

5. どれほどのVCや企業が出資しているか

最後に、有名VCや大手企業からの出資にも注目しましょう。なぜなら、VCや企業が出資するプロジェクトは、厳しい審査を経て選ばれており、仮想通貨の価値と将来性を評価する重要な指標となるためです。例えば、時価総額第2位の仮想通貨であるイーサリアムには、マイクロソフトやトヨタ自動車といった世界の有名企業からの出資があります。

有名企業からの出資があるからといって、必ずしも成功するわけではありません。出資しているVCや企業を判断材料の一つとして活用しつつ、自分自身でしっかりとプロジェクトを評価することが重要です。

よくある質問

バイナンスに上場予定の仮想通貨一覧は?

バイビットに上場予定の仮想通貨一覧は?

仮想通貨のバイナンス等への上場情報はどこで知れる?

    まとめ:仮想通貨の上場予定一覧を活用して稼ごう!

    高層ビルの窓際に置かれた複数のモニターが仮想通貨の市場のデータを表示

    本記事では、爆上がりが期待できる上場予定の仮想通貨一覧を紹介しました。上場前の仮想通貨への投資は、少額でも買える低価格、大きなリターン、そして将来性のあるプロジェクトへの参入がメリットです。少額からでも投資できるため、ぜひ本記事で紹介した上場予定銘柄のプレセールに参加してみてください。

    今回紹介したプロジェクトは、1000倍仮想通貨になる可能性を秘めています。しかし、投資熱が高まっている仮想通貨にはリスクも伴うため、投資前は必ずプロジェクトのロードマップやホワイトペーパー、各仮想通貨取引所の上場情報の収集を欠かさないようにしましょう。また、本記事の内容を忘れないように、ぜひブックマークしておいてください。

    Hiroshi O.
    Editor
    Hiroshi O.
    エディター

    Techopedia(テコペディア)ライター兼エディター。2018年から仮想通貨の投資経験を持つ。20年からは個人ブロガーとして、AI(人工知能)を中心に記事を執筆。24年2月、Techopediaに…...