【仮想通貨】今後1000倍の可能性がある銘柄一覧【2024年最新】

2024年、仮想通貨(暗号資産)市場が再び盛り上がっています。2024年1月のSECによるビットコイン現物ETF(上場投資信託)の承認やビットコインの半減期を背景に、仮想通貨の価格が全体的に高騰しています。このトレンドで過去のビットコインのように価値が1000倍になる仮想通貨はどれか、と疑問に思う方も多いはずです。

そんな疑問に答えるため、仮想通貨をはじめとするテクノロジーの最前線を追う当サイトTechopedia(テコペディア)が、価値が1000倍になる可能性の高いおすすめ仮想通貨を10つ厳選しました。1000倍になる仮想通貨銘柄を選ぶ方法や注意点も用意しましたので、ぜひ最後まで読み進めてください。本記事を読めば、2024年以降の仮想通貨市場に波乗りできるでしょう。

  • 世界初のマルチチェーン対応ドージミーム
  • イーサリアムステーキングによる不労所得あり
  • DEXへの上場計画があり、爆上げの可能性大
Project Launched
2024年4月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • Matic
    Matic
  • USDT
    USDT
  • +1 more
  • SOL送金でエアドロップ!独自プレセール
  • 開始数分で売上54万ドル超、ソラナの最新ミーム
  • 先着順、ハードキャップなしの期間限定セール
Project Launched
2024年3月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • SOL
    SOL
  • 革新的なVR+ARゲーミング仮想通貨
  • プレセール売上目標1500万ドル
  • トークン所有でVRコンテンツの永久アクセス権
Project Launched
2024年3月
Meta
AI
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • 大量報酬のイーサリアム基盤ステーキング
  • ドージコイン比1/900の安値でプレセール開始
  • 供給量固定で売り圧を防ぎ、価格上昇を狙う
Project Launched
2024年3月
Meta
ステーキング、ミーム
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • P2Eゲームとステーキング高報酬の最新ミーム
  • 1カ月で価格が10倍に上昇、バイナンス上場の噂も
  • トークン保有者1万3000人超
Project Launched
2023年12月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH
  • Debit
    Debit
  • 24時間で1300%上昇
  • ソラナ最大のエアドロップ報酬
  • 人気のJupiter DEXで上場
Project Launched
2024年2月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • SOL
    SOL
  • USDT
    USDT
  • BSCネットワーク基盤
  • 仮想通貨セキュリティ企業Coinsultの監査済
  • トークン保有者には長期的な報酬を還元
Project Launched
2023年6月
Meta
ブロックチェーン
Purchase Methods
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • ビットコインを手軽にマイニングできる革新性
  • プレセール売上1150万ドル突破
  • プレセール期間中のステーキングAPY、90%超
Project Launched
2023年10月
Meta
ビットコインマイニング
Purchase Methods
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • +1 more
Table of Contents Table of Contents
    1. 爆上げ仮想通貨①:Dogeverse(DOGEVERSE)
    2. 爆上げ仮想通貨②:Slothana(SLOTH)
    3. 爆上げ仮想通貨③:5thScape(5SCAPE)
    4. 爆上げ仮想通貨④:Dogecoin20(DOGE20)
    5. 爆上げ仮想通貨⑤:Sponge V2(SPONGEV2)
    6. 爆上げ仮想通貨⑥:Smog Token(SMOG)
    7. 爆上げ仮想通貨⑦:eTukTuk(TUK)
    8. 爆上げ仮想通貨⑧:Bitcoin Minetrix(BTCMTX)
    1. 1. ビットコイン(BTC)
    2. 2. イーサリアム(ETH)
    3. 3. リップル(XRP)
    4. 4. ドージコイン(DOGE)
    5. 5. シバイヌ(SHIB)
    6. 6. バイナンスコイン(BNB)
    1. プレセールを実施している
    2. 開発目的やロードマップに将来性がある
    3. 公式サイトやSNSが積極的に稼働している
    4. 取引量が多く、流動性が高い
    5. 仮想通貨取引所への上場を予定している
    1. 1. 日頃の情報収集を怠らない
    2. 2. 分散投資でリスクを減らす
    3. 3. 長期保有を前提に取引する
    1. ボラティリティ(価格変動)の大きさ
    2. 流動性の低さ
    3. 詐欺プロジェクト
Table of Contents
    1. 爆上げ仮想通貨①:Dogeverse(DOGEVERSE)
    2. 爆上げ仮想通貨②:Slothana(SLOTH)
    3. 爆上げ仮想通貨③:5thScape(5SCAPE)
    4. 爆上げ仮想通貨④:Dogecoin20(DOGE20)
    5. 爆上げ仮想通貨⑤:Sponge V2(SPONGEV2)
    6. 爆上げ仮想通貨⑥:Smog Token(SMOG)
    7. 爆上げ仮想通貨⑦:eTukTuk(TUK)
    8. 爆上げ仮想通貨⑧:Bitcoin Minetrix(BTCMTX)
    1. 1. ビットコイン(BTC)
    2. 2. イーサリアム(ETH)
    3. 3. リップル(XRP)
    4. 4. ドージコイン(DOGE)
    5. 5. シバイヌ(SHIB)
    6. 6. バイナンスコイン(BNB)
  1. Show Full Guide
    1. プレセールを実施している
    2. 開発目的やロードマップに将来性がある
    3. 公式サイトやSNSが積極的に稼働している
    4. 取引量が多く、流動性が高い
    5. 仮想通貨取引所への上場を予定している
    1. 1. 日頃の情報収集を怠らない
    2. 2. 分散投資でリスクを減らす
    3. 3. 長期保有を前提に取引する
    1. ボラティリティ(価格変動)の大きさ
    2. 流動性の低さ
    3. 詐欺プロジェクト

1000倍になる可能性が高い仮想通貨銘柄一覧

1000倍の爆上げを期待できる仮想通貨の一覧リストが以下の通り。早速、1000倍になる仮想通貨を比較していきましょう。

  1. Dogeverse(DOGEVERSE)– 複数のブロックチェーンに対応した新作ミームコイン。4月20日のドージデイで爆上げになる可能性あり。
  2. Slothana(SLOTH)– ナマケモノをモチーフにした爆上げミームコイン。短時間で約50万ドルの資金調達に成功しており、仮想通貨市場でのポジションを確立しつつあります。
  3. 5thScape(5SCAPE)– VR技術を駆使した爆上げ仮想通貨。没入型のエンタメ体験、教育、コミュニティ構築を提供しており、進化するVR技術に伴い、価格が将来的に1000倍になる可能性があります。
  4. Dogecoin20(DOGE20)– シバイヌをモチーフにした新時代ミームコイン。現在プレセール実施中で、今後DEXへの上場などが成功すると価値が爆上げになる可能性が高まります。
  5. Sponge V2(SPONGEV2)– プレイ・トゥ・アーン(Play to Earn/P2E)とSNS戦略が特徴の1000倍銘柄。独特なマーケティング戦略と過去の実績による価格上昇を期待できます。
  6. Smog Token(SMOG)– エアドロップ戦略や高いAPYの提供で注目を集める1000倍仮想通貨。投資家の間でFOMO(取り残される恐怖)を引き起こすマーケティングが、価格上昇に影響を与えています。
  7. eTukTuk(TUK)– 電動三輪車による交通問題の解決を目指すプロジェクト。その実用性と環境への配慮により、長期的な価格上昇が期待されます。
  8. Bitcoin Minetrix(BTCMTX)– クラウドベースのビットコインマイニングを可能にするStake-to-Mineモデルを採用する1000倍仮想通貨。参入障壁の低減と環境配慮が魅力です。
  9. エンジンコイン(ENJ)– NFTの作成と管理を容易にする仮想通貨プロジェクト。ゲーム分野での利用拡大が期待され、1000倍になるポテンシャルがあります。
  10. ポルカドット(DOT) – 異なるブロックチェーン間の相互運用を実現するプラットフォーム。技術革新により、1000倍を超える成長につながる可能性があります。
  11. カルダノ(ADA)– スマートコントラクトの導入や独自のコンセンサスアルゴリズム「Ouroboros」を採用する仮想通貨。1000倍になる将来性が高いプラットフォームとして注目されています。

今後1000倍爆上げの可能性がある仮想通貨銘柄7選

仮想通貨市場はビットコイン半減期や資金調達方法としての確立を背景に、今後も盛り上がりを見せるでしょう。その中で、今後1000倍に爆上げになるであろう仮想通貨銘柄をレビューしていきます。

仮想通貨への投資はリスクも伴います。各仮想通貨の特徴、将来性、価格予想、買うメリットを確認することで、投資リスクや不安を軽減しましょう。

爆上げ仮想通貨①:Dogeverse(DOGEVERSE)

4月8日にプレリリースを開始したDogeverseは、わずか数分で25万ドルの資金を調達しました。今後、1000倍になる可能性を持つDogeverseの価格予測は、以下のとおりです。

  • 2024年:リリースと同時に資金を集め、一気に0.03ドルまで爆上がりする可能性があります。
  • 2025年:仮想通貨業界の盛り上がりと共に、0.3ドルになるポテンシャルを秘めています。
  • 2030年:仮想通貨業界には今後さらなる資金流入が予想され、2030年にはDogeverseの価格が0.15ドルまで上昇する予想もあります。

Dogeverseは、現在大きな注目を集めるミームコインです。WormholeやPortalなどのブリッジ技術を使用したマルチチェーン展開を考えて設計されています。イーサリアム、BNBチェーン、ポリゴンなどのチェーンにはすでに対応しており、今後はソラナ、アバランチ、ベースにも対応予定です。

複数のブロックチェーンに対応することで、ドージコイン(DOGE)に代表される犬系コインの文化を引き継ぎながら、幅広い選択肢と流動性を投資家に提供します。ステーキング機能も実装する予定なので、従来のDOGEにはなかった新たな収入源も確保されるようです。

ローンチのタイミングも絶妙で、ビットコイン半減期やDOGEの誕生日であるドージデイ(4/20)など、仮想通貨業界を賑わせるイベントとも重なっています。次世代型DOGEとして爆上げが期待されるDogeverseは現在、仮想通貨ICOを開催中です。

Dogeverseの買い方はシンプルで、以下のサイトに自身の仮想通貨ウォレットを接続することで購入できます。1000倍銘柄を割引価格で手に入れたい方は、ぜひ参加してみてください。

プレセール開始 2024年4月8日
購入方法 BNB、ETH、MATIC、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム他
総供給量 2000億枚
最低購入額 なし

Dogeverseを買う

爆上げ仮想通貨②:Slothana(SLOTH)

Slothana(SLOTH)は、仮想通貨市場で新たに注目を集める爆上げの可能性がある仮想通貨の一つ。ナマケモノをモチーフにしたミームコインで、参加者にエアドロップ形式でSLOTHトークンを配布する方法を採用しています。

Slothanaはローンチ戦略で話題です。エアドロッププレセールを通じて短時間で約50万ドルの資金を調達し、仮想通貨市場でのポジションを確立。また、Solanaブロックチェーン上での高速かつ低コストの取引が可能で、ミームコインとしての魅力とともに、技術的な優位性も兼ね備えています。Slothanaの価格予想は以下のとおり。

  • 2024年末:Slothanaはバイナンスへの上場が期待され、その結果として価格は約2ドルに達する可能性があります。
  • 2025年末:長期的な価格上昇の流れと独自のコミュニティ活動により、価格は3〜4ドルの範囲内に達することが予想されます。
  • 2030年末:Slothanaの市場適応力と技術的進化により、価格は7ドルに達する可能性があります。

Slothanaはエアドロッププレセールを実施中。プレセールに参加しておけば、将来的に投資家に大きなリターンを与える可能性があります。Slothanaに投資し、将来の爆上げを見越した仮想通貨投資を行いたい場合、今がチャンス。興味がある方は、Slothanaの買い方を見ながら、プレセールに参加してみてください。

プレセール開始 2024年3月26日
購入方法 SOL
ブロックチェーン ソラナ
総供給量 未定
最低購入額 なし

Slothana(SLOTH)を買う

爆上げ仮想通貨③:5thScape(5SCAPE)

5thScape(5SCAPE)、VR(バーチャルリアリティ)の枠を超え、没入型の体験を提供する1000倍仮想通貨。多種多様なゲーム体験を通じて、ユーザーに新しいエンタメを提供します。また、ゲームだけでなく、教育やコミュニティの構築にも力を入れています。

VR技術の進歩とともに、5SCAPEのトークン価格は爆上げする可能性があります。5SCAPEトークンは、プレミアムVRコンテンツへのアクセス、ゲーム内での特典、そしてステーキングの機会などの実用性があり、将来性は抜群です。

5thScapeのロードマップは、プレセールの開始からゲームのリリース、トークンの上場まで、各フェーズの目標が明確です。計画どおり進めば、5SCAPEトークンに対する需要をさらに高まり、トークン価格は1000倍になる可能性があるでしょう。

5thScapeのプレセールは、早期投資のチャンス。ETH、BNB、MATIC、USDT、そしてカードなど、購入方法は様々。5SCAPEトークンの爆上げに興味を持った方は、今すぐ公式サイトに飛んで、プレセールに参加してみましょう。

プレセール開始 2024年1月10日
購入方法 ETH、USDT、BNB、MATIC、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 52.1億枚
最低購入額 なし

5thScapeを買う

爆上げ仮想通貨④:Dogecoin20(DOGE20)

仮想通貨の世界では、数え切れないほどのトークンが日々誕生しています。その中で最も注目されている1000倍仮想通貨が「Dogecoin20(DOGE20)」です。Dogecoin20は、シバイヌをモチーフにしたドージコインから着想を得つつ、オンチェーンステーキングという画期的な技術を導入した新時代のミームコインです。

ドージコインは人気のトークンですが、無限に供給されるため、インフレが生じることがありました。しかし、DOGE20は供給量を限定することで、この問題を解消しようとしています。また、Dogecoin20のトークノミクスは以下の通り。

  • 段階的プレセール:25%
  • マーケティング:25%
  • プロジェクト資金:25%
  • ステーキング報酬:15%
  • 取引所の流動性:10%

Dogecoin20のロードマップは、公平なプレセールから始まり、初期サポーターに早期のステーキング報酬を提供。その後、DEXへの上場、流動性の提供、そして長期ステーキングによる継続報酬へと続きます。DEXへの上場などがうまくいくと、爆上がりになる可能性が高まります。

現在、Dogecoin20はプレセール段階にあり、プレセールの最低価格でDOGE20トークンを購入できます。購入方法は、ETH、BNB、USDT。興味を持った方は、今すぐ公式サイトに飛んで、プレセールに参加してみましょう。

プレセール開始 2024年3月
購入方法 ETH、USDT、BNB、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 1400億枚
最低購入額 なし

Dogecoin20を買う

爆上げ仮想通貨⑤:Sponge V2(SPONGEV2)

Sponge V2(SPONGEV2)は、ゲームをプレイしてトークンを稼げるプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)プラットフォーム。前作のV1からV2への移行を容易にするステーク・トゥ・ブリッジの仕組みが特徴的な1000倍仮想通貨です。

Sponge V2は、発売後すぐに価格が100倍になったV1の実績に加え、ゲーム開発と積極的なSNS戦略で価格上昇が期待されています。以下では、Sponge V2の価格予想をまとめます。

  • 2024年:新機能のリリースとマーケティング戦略により、0.0145ドル(プレセール価格の約100倍)に達する見込みです。
  • 2025年:社会現象化、インフルエンサー・マーケティングの強化、プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)ゲームの登場により、価格はさらに上昇し、0.0217ドル(150倍)になる可能性があります。
  • 2030年:人気アルトコインとしての地位を固めれば、0.029ドル(200倍)になる可能性があります

Sponge V2のプレセールは現在も開催中です。プレセールで仕込んでおけば、Sponge V2の1000倍リターンを得られる可能性も高まります。興味がある方は、最新情報と購入方法を知れる公式サイトを見て、プレセールに参加してみてください。

プレセール開始 2023年12月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 1500億枚
最低購入額 なし

Sponge V2を買う

爆上げ仮想通貨⑥:Smog Token(SMOG)

Smog Token(SMOG)は、2024年2月にソラナブロックチェーン上で誕生した新しいミームコイン。トークン総供給量は14億枚で、エアドロップ用資金に35%が使用されます。

Smog Tokenの価格上昇には、独特なエアドロップ戦略が影響しています。トークンの所有者はエアドロップを受け取る資格を獲得し、投資家の間でのFOMO(取り残される恐怖)を生み出し、価格上昇につながっています。Smog Tokenの価格予想は以下の通り。

  • 2024年:DEXおよびCEXでの上場が影響して、0.1ドルに達する可能性があります。
  • 2025年:ビットコインETFが価格を押し上げる一因となり、0.45ドルに達する可能性があります。
  • 2030年:プロジェクトが多様化し、価格はさらに緩やかに上昇し、1ドルへの到達が可能性があります。

Smog Tokenの魅力は、独自のマーケティング戦略、エアドロップ機能、高いAPYの提供、そして将来のゲームフィケーション参入の可能性です。公式サイトでは、プロジェクトの最新情報や購入方法が記載されています。Smog Tokenに興味を持った方は、ぜひ公式サイトをご覧ください。

プレセール開始 2024年2月8日
購入方法 SOL、USDT、USDCなど
ブロックチェーン ソラナ、イーサリアム
総供給量 14億枚
最低購入額 なし

Smog Tokenを買う

爆上げ仮想通貨⑦:eTukTuk(TUK)

eTukTuk(TUK)は、発展途上国の交通問題を電動三輪車で解決する目標を掲げる1000倍仮想通貨。東南アジア諸国に電動三輪車と充電ステーションを展開し、持続可能な発展とイノベーションを組み合わせたビジネスモデルを推し進めています。

eTukTukは電動三輪車の試験運用と拡張計画を進めており、その実用性から多くの投資家の注目を集めています。環境保護への評価や政府との提携が価格上昇を後押しするでしょう。eTukTukの価格予想は以下の通り。

  • 2024年:電気自動車(EV)市場の伸びとeTukTukの取り組みへの評価により、0.07ドルになる可能性があります。
  • 2025年:中央集権型取引所(CEX)への上場やレイヤー2サイドチェーンの導入により、0.16ドルまで上昇する可能性があります。
  • 2030年:スリランカでの充電ステーション設置やトークンの利用拡大により、0.9ドルに到達すると予想されます。

実用性と環境保護の観点から、eTukTukは魅力的な投資先です。EV市場の成長やブロックチェーン技術の応用によって、価値はさらに高まるでしょう。1000倍になる可能性を秘めるeTukTukに興味を持った方は、ぜひ公式サイトを訪れてプレセールに参加してみましょう。

プレセール開始 2023年11月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン BSC(バイナンススマートチェーン)
総供給量 20億枚
最低購入額 1ドル

eTukTukを買う

爆上げ仮想通貨⑧:Bitcoin Minetrix(BTCMTX)

Bitcoin Minetrix(BTCMTX)は、ERC-20ネットワーク上でトークンをステークしてビットコインを獲得できるStake-to-Mineモデルを採用しています。高価なハードウェアや専門知識なしで、誰でも簡単にビットコインをマイニングできるようにした1000倍仮想通貨です。

Bitcoin Minetrixはプレセールで1180万ドル以上を集め、上場への期待が高まっています。プロジェクトが成功すれば、トークンの需要は高まり、価格上昇が見込まれます。Bitcoin Minetrixの価格予想は以下の通り。

  • 2024年:プレセールとプロジェクトの実用性への期待によって、0.05ドルに到達すると予測されています。
  • 2025年:14万8000ドルに達すると予測されているビットコインの影響で、Bitcoin Minetrixの価値も上昇し、0.12ドルになると予想されます。
  • 2030年:Bitcoin Minetrixの使いやすさと便利さが長期的に評価され、2030年には0.18ドルまで上昇する見込みです。

Bitcoin Minetrixは、人々のマイニング参加を容易にするとともに、環境に配慮している有望プロジェクトです。Bitcoin Minetrixが1000倍の価値になると感じた方は、公式サイトを確認してプレセールに参加してみましょう。

プレセール開始 2023年9月24日
購入方法 ETH、USDT、BNB、MATIC、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 40億枚
最低購入額 10ドル

Bitcoin Minetrixを買う

過去1000倍になった仮想通貨6銘柄

大きなトレーディングフロアのスクリーンで金融データを観察する人々

2024年以降、本当に1000倍になる仮想通貨が出てくるのか不安に思う方もいるはず。しかし、過去の前例を見れば、今後1000倍になる仮想通貨が出てくる可能性は十分にあります。以下では、過去1000倍になった仮想通貨銘柄を6つ紹介します。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. リップル(XRP)
  4. ドージコイン(DOGE)
  5. シバイヌ(SHIB)
  6. バイナンスコイン(BNB)

それぞれの概要と過去の価格変動について分析していきます。

1. ビットコイン(BTC)

ビットコインは、2009年にサトシ・ナカモトが発表した論文から誕生した、世界初の仮想通貨。発行枚数は2100万枚に限定されており、貴金属のように市場への流通量が制限されているため、価値が保存されます。

ビットコインの取引が開始された2010年のときの価格は約6円でスタート。2021年には約730万円まで上昇し、現在は1000万円を超えています。世界で初めて価値が1000倍以上になった仮想通貨です。

半減期、各国での仮想通貨に関する法整備、そして多くの著名人が保有している背景から、ビットコイン価格は今後も上昇するでしょう。

2. イーサリアム(ETH)

イーサリアムはビットコインに次ぐ価格と人気を誇る仮想通貨。ブロックチェーン技術を用いて分散型アプリケーション(DApps)を開発することを可能にしたプラットフォームです。

イーサリアムの価格は、最安値の約60円(2015年)から、最高値の約60万円(2024年現在)へと約10000倍もの成長を遂げました。

DeFi(Decentralized Finance)などの実用性により仮想通貨業界内外からの関心が高まっています。スマートコントラクトや分散型アプリケーションの開発が進むにつれて、イーサリアムの価値はさらに上昇するでしょう。

3. リップル(XRP)

リップルは、アメリカの「Ripple Inc.」が開発した、国際送金に特化した仮想通貨です。各国の法定通貨間をスムーズにつなげるブリッジ通貨の役割を果たし、迅速な国際送金を実現。送金の速さが特徴的で、送金処理は約3秒で完了します。

リップル(XRP)の価格は、2013年のときは1円以下でしたが、2018年1月には約300円まで急騰。しかし、2024年3月現在は、約102円となっています。

現在、リップルには、世界45ヵ国300以上の金融機関が参加しており、SWIFTシステムの代替として仮想通貨市場でのポジションを確立していく存在です。リップルの価格は全盛期の300円台に戻る可能性もあります。

4. ドージコイン(DOGE)

ドージコインは2013年に生まれた、柴犬をモチーフにしたミームコイン。最も時価総額が高いミームコインです。

ドージコインの価格は、イーロン・マスク氏のツイートにより急騰しました。2015年5月に約0.01円だったドージコインは、2021年に約69円に達し、最大で6900倍に価格上昇しました。

イーロン・マスク氏ら著名人の支持や米テスラの決済に利用できる実用性から、今後も市場で注目を集め続けるでしょう。また、仮想通貨取引所での取り扱いが多い点も魅力です。

5. シバイヌ(SHIB)

2020年8月、開発者「Ryoshi」が生み出したシバイヌ(SHIB)は、Dogeコインから着想を得たミームコインです。

愛くるしいマスコットと独特なコンセプトで、多くのファンを獲得したシバイヌ。2020年には最安値が約0.00000001円だったものの、イーロン・マスク氏のツイートをきっかけに、2021年には最高値が約0.009円に達し、約90万倍の成長を遂げました。

シバイヌに限らず、仮想通貨の世界では予測不可能な事態が起きます。今回紹介した仮想通貨の1000倍銘柄もイーロン・マスク氏のような著名人の発言により、再び1000倍以上に跳ね上がる可能性もあります。

6. バイナンスコイン(BNB)

バイナンスコイン(BNB)は、2017年に大手の海外取引所バイナンスが生み出した仮想通貨。バイナンスでの取引手数料の支払い、トークンセールへの参加、決済手段、そしてDeFiやNFTゲームといった新しい分野でも利用用途があります。

バイナンスコインは、2017年7月の公開時には約12円でした。その後、DeFiの台頭と共に価格が飛躍。2021年には7万円を突破し、2024年3月現在は7万8000円を超えています。

バイナンスコインは、取引量の多さから見ても、安定した価格上昇が期待できます。バイナンスという強力なバックグラウンドがあるため、新技術の導入や市場拡大により、さらに価格が上昇する可能性があります。

1000倍になる可能性がある仮想通貨の選び方

複数のディスプレイを持つハイテクな金融指令センター

無数にある仮想通貨の中から1000倍になる銘柄を選ぶのは、簡単ではありません。しかし、爆上げ銘柄を選ぶ基準として以下の5つが挙げられます。

  • プレセールを実施している
  • 開発目的やロードマップに将来性がある
  • 公式サイトやSNSが積極的に稼働している
  • 取引量が多く、流動性が高い
  • 仮想通貨取引所への上場を予定している

選び方のポイントをそれぞれ解説していきます。

プレセールを実施している

まずは、プレセールを実施している仮想通貨に注目しましょう。仮想通貨のプレセールは、一般公開前に特定の投資家に対して行われる限定販売のこと。プレセールでは、一般公開前の低価格で購入できるため、将来的に大きなリターンを得られる可能性が高まります。

最近は、トークン発行による事業拡大が注目されており、今後もプレセールを行うプロジェクトが増えていくでしょう。今回紹介した1000倍になる可能性が高い仮想通貨の多くが、プレセールを実施中です。プレセールはリスクも伴うため、最新動向を追うためにも必ず各仮想通貨の公式プレセールサイトをご覧ください。

開発目的やロードマップに将来性がある

1000倍になる仮想通貨を見極めるには、プロジェクトの開発目的やロードマップを確認することが不可欠。なぜなら、投資家の期待や指示を集める重要な要素だからです。仮想通貨は決済、送金、ゲーム内通貨などの具体的な目的で発行されるため、その目的に投資家の熱が集まれば、価値が1000倍になる可能性も高まります。

例えば、今回紹介したGreen Bitcoinは、エコフレンドリーな設計、ステーキングシステムのゲーム化、ビットコインの価格予想による報酬獲得など、プロジェクトの魅力や将来性が具体的です。Green Bitcoinにような将来性あるプロジェクトを選ぶことで、長期的な成長が期待できます。

公式サイトやSNSが積極的に稼働している

1000倍になる可能性が高い仮想通貨を選ぶには、公式サイトに注目しましょう。公式サイトが頻繁に更新されており、ロードマップを明確に提示しているプロジェクトは透明性が高く、信用できます。公式サイトを確認する際は、以下の点に注目してみましょう。

  • プロジェクトの目的や用途
  • ホワイトペーパーの公開
  • 開発ロードマップ
  • 開発者・開発チームの詳細
  • 最新ニュース

1000倍に成長する可能性がある仮想通貨は、活発な情報交換が重要になります。仮想通貨の価格変動は、期待の高まりや取り残されることへの不安(FOMO)などの群集心理に影響されるためです。このような群集心理を動かすのが、SNSの盛り上がり。SNSやコミュニティ形成がうまくいっているプロジェクトに注目しましょう。

取引量が多く、流動性が高い

仮想通貨は取引量が多く流動性が高い銘柄を選びましょう。取引量が多く流動性が高い仮想通貨は、売買が活発に行われており、多くの投資家から注目されている証拠です。取引量や流動性を調べるために、以下のようなツールを使ってみましょう。

  • CoinMarketCap:世界最大級の仮想通貨まとめサイト。仮想通貨の値段、時価総額、取引量などを参照できます。
  • Dextools:時価総額の小さい新しいコインのリアルタイム分析や取引機能を提供するプラットフォーム。

1000倍になる仮想通貨を見つけるためには、注目度の指標として流動性の高い仮想通貨を選びましょう。

仮想通貨取引所への上場を予定している

複数の仮想通貨取引所へ上場する予定がある場合、仮想通貨の価格は1000倍以上になるポテンシャルがあります。取引所に上場されると、プロジェクトへの信頼や期待が急激に高まり、流動性が高まるためです。例えば、エンジンコイン(ENJ)は50円台だった2021年1月26日にCoincheckに上場し、2021年11月25日には500円台まで価格が上昇しました。

複数の仮想通貨取引所での上場が予定されている銘柄に早期投資することで、大きなリターンを得られる可能性が高まります。

1000倍になる可能性がある仮想通貨投資で稼ぐ3つのコツ

市場のトレンドグラフを表示した大きなディスプレイを見る群衆

仮想通貨の1000倍銘柄を選ぶ際には、適切な運用をしていく必要があります。爆上げ仮想通貨で稼ぐために、以下の3点を徹底しましょう。

  1. 日頃の情報収集を怠らない
  2. 分散投資でリスクを減らす
  3. 長期保有を前提に取引する

1. 日頃の情報収集を怠らない

仮想通貨市場で1000倍のリターンを目指すためには、最新の情報を収集し続けることが重要です。仮想通貨市場は変動が激しく、世界中の経済や政治の状況、著名人の発言に左右されるからです。

仮想通貨に関する情報は、仮想通貨の公式サイト、SNS、そしてリアルタイム情報を配信する「CoinGecko」から得られす。当サイトTechopediaも仮想通貨ニュースやプレセール情報、仮想通貨に関するお役立ち情報をまとめています。ぜひブックマークの上、日頃からチェックするようにしてみてください。

2. 分散投資でリスクを減らす

仮想通貨は、分散投資でリスクを減らしましょう。草コインやミームコインはリターンが大きい一方で、価格変動などのリスクが大きいことも事実。分散投資すれば、一つの仮想通貨が暴落しても他の仮想通貨で損失を補える可能性が高まります。

おすすめの方法は、今回紹介した1000倍銘柄に分散投資することです。「卵は1つのかごに盛るな」という投資界の名言があるように、一点集中ではなく、分散投資でリスクを和らげましょう。ポートフォリオを作成するためにも、自分のリスク許容度の把握も重要です。

3. 長期保有を前提に取引する

1000倍の可能性がある仮想通貨へ投資する際は、長期保有(ガチホ)を前提に取引しましょう。仮想通貨はボラティリティ(価格変動)が高く、短期間での価格変動に一喜一憂しやすいためです。少なくとも半年〜1年以上の長期投資がおすすめです。また、長期保有(ガチホ)には、以下のようなメリットもあります。

  • 相場を気にする必要がない
  • 手数料コストを抑えられる
  • 課税回数が少なくなる

長期保有(ガチホ)は、初心者から経験者までおすすめできる投資方法。短期的な価格変動に振り回さないことで、大きな価格上昇を捉えるチャンスが増えます。

1000倍になる可能性がある仮想通貨の注意点

仮想通貨分析を示唆するコインとともに金融チャートを表示しているラップトップ

仮想通貨は価値が1000倍になる可能性がある一方で、リスクも伴います。以下は、爆上げ仮想通貨に投資する際の注意点です。

  • ボラティリティ(価格変動)の大きさ
  • 流動性の低さ
  • 詐欺プロジェクト

それぞれ解説していきます。

ボラティリティ(価格変動)の大きさ

1000倍のリターンが見込める仮想通貨に投資する際は、ボラティリティ(価格変動)の大きさには要注意です。特に、草コインは、1日で数十%から数百%の変動を記録することも珍しくありません。

仮想通貨で1000倍のリターンを目指す際には、ハイリスク・ハイリターンの性質を十分に理解し、慎重に投資しましょう。対策としては、以下の方法が挙げられます。

  • 余剰資金での少額投資から始める
  • 長期視点で市場の動きを観察する
  • 銘柄と投資タイミングを分散する

流動性の低さ

仮想通貨において、流動性の低さも大きなリスクです。流動性が低い市場では、任意のタイミングでコインを売買することが難しくなり、不利な価格での取引を余儀なくされる危険性が増えます。

流動性の低い仮想通貨が高騰または急落している際は、指値注文ではなく成行注文の利用が一つの解決策となるでしょう。

詐欺プロジェクト

仮想通貨で1000倍のリターンを求める際、最も警戒すべきは詐欺プロジェクトです。草コインや新興の仮想通貨には、詐欺目的で作られた銘柄も存在します。投資家から金銭を騙し取るために巧妙に設計されているため、要注意です。

本記事で紹介した1000倍銘柄は、当サイトTechopediaが徹底的に分析した信用に足るプロジェクトですので、安心してください。ただし、投資前にプロジェクトの公式サイトやSNSの公式アカウント、ホワイトペーパーを必ずチェックし、ご自身で透明性や実用性を評価してみましょう。

仮想通貨1000倍銘柄に関するよくある質問

仮想通貨の次のバブルはいつ来る?

2024年以降、ビットコインは何倍になりそう?

仮想通貨で10000倍になった銘柄はあるの?

まとめ:ビットコインの次に来る仮想通貨1000倍銘柄に注目!

市場の成功を示す暗号通貨のシンボルで祝う男性

本記事では、今後1000倍になると期待される仮想通貨リストから、銘柄の選び方、投資でリターンを得るコツ、注意点を解説してきました。2024年現在、どの爆上げ銘柄に投資すべきかお分かりいただけたかと思います。最近は、ビットコインをはじめとする様々な仮想通貨の価格が上昇しており、この余波により、価値が1000倍になるコインが出てくる可能性を高めています。

価値が1000倍になる可能性がある仮想通貨は、ボラティリティや流動性に注意が必要です。投資の基本戦略である少額投資・分散投資・長期保有を原則に、各プロジェクトの情報収集を怠らないようにしましょう。本記事の情報を忘れないためにも、ぜひブックマークした上で、今回紹介した爆上げ銘柄のプレセールに参加してみましょう。

Hiroshi Ono
ed

Techopedia(テコペディア)ライター。2018年に仮想通貨投資を開始、ビットコインやNFTへの投資経験を持つ。20年からは個人ブロガーとして活動し、AI(人工知能)の内容を中心に400近い記事を執筆。23年よりラ...