仮想通貨のおすすめ銘柄ランキング12選を紹介【2024年最新】

2024年現在、仮想通貨(暗号資産)市場が、再び活気を取り戻しつつあります。背景には、米SECによるビットコインETF承認、ビットコインを法定通貨とする国家の登場、ビットコイン価格の最高値更新などが挙げられます。こういったニュースはマスメディアでも取り上げられており、前回のトレンドには乗れなかったものの、今回は乗り遅れたくないと思う方も多いはず。

そこで、仮想通貨をはじめとするAI・テクノロジーのトレンドを追う当サイトTechopedia(テコペディア)では、2024年に投資すべきおすすめ仮想通貨を紹介します。仮想通貨についてまだ詳しくない人のためにも、仮想通貨の選び方、買い方、注意点を解説します。ぜひ最後まで読み進めてください。

  • 世界初のマルチチェーン対応ドージミーム
  • イーサリアムステーキングによる不労所得あり
  • DEXへの上場計画があり、爆上げの可能性大
Project Launched
2024年4月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • Matic
    Matic
  • USDT
    USDT
  • +1 more
  • SOL送金でエアドロップ!独自プレセール
  • 開始数分で売上54万ドル超、ソラナの最新ミーム
  • 先着順、ハードキャップなしの期間限定セール
Project Launched
2024年3月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • SOL
    SOL
  • 仮想通貨を学んで大量報酬!"Learn-to-Earn"エコシステム
  • 99BTCトークンのステーキングでサクッと報酬ゲット!
  • 専門家の取引シグナル分析を参照し、投資で優位に立てる
Project Launched
2024年4月
Meta
Learn to Earn
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • 革新的なVR+ARゲーミング仮想通貨
  • プレセール売上目標1500万ドル
  • トークン所有でVRコンテンツの永久アクセス権
Project Launched
2024年3月
Meta
AI
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • P2Eゲームとステーキング高報酬の最新ミーム
  • 1カ月で価格が10倍に上昇、バイナンス上場の噂も
  • トークン保有者1万3000人超
Project Launched
2023年12月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • USDT
    USDT
  • ETH
    ETH
  • Debit
    Debit
  • 24時間で1300%上昇
  • ソラナ最大のエアドロップ報酬
  • 人気のJupiter DEXで上場
Project Launched
2024年2月
Meta
ミームコイン
Purchase Methods
  • SOL
    SOL
  • USDT
    USDT
  • BSCネットワーク基盤
  • 仮想通貨セキュリティ企業Coinsultの監査済
  • トークン保有者には長期的な報酬を還元
Project Launched
2023年6月
Meta
ブロックチェーン
Purchase Methods
  • BNB
    BNB
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • ビットコインを手軽にマイニングできる革新性
  • プレセール売上1150万ドル突破
  • プレセール期間中のステーキングAPY、90%超
Project Launched
2023年10月
Meta
ビットコインマイニング
Purchase Methods
  • BNB
    BNB
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
  • +1 more
  • 大量報酬のイーサリアム基盤ステーキング
  • ドージコイン比1/900の安値でプレセール開始
  • 供給量固定で売り圧を防ぎ、価格上昇を狙う
Project Launched
2024年3月
Meta
ステーキング、ミーム
Purchase Methods
  • ETH
    ETH
  • USDT
    USDT
  • Debit
    Debit
Table of Contents Table of Contents
    1. 2024年おすすめ仮想通貨1位:Dogeverse(DOGEVERSE)
    2. 2024年おすすめ仮想通貨2位:Slothana(SLOTH)
    3. 2024年おすすめ仮想通貨3位:99 Bitcoins(99BTC)
    4. 2024年おすすめ仮想通貨4位:5thScape(5SCAPE)
    5. 2024年おすすめ仮想通貨5位:Sponge V2(SPONGEV2)
    6. 2024年おすすめ仮想通貨6位:Smog Token(SMOG)
    7. 2024年おすすめ仮想通貨7位:eTukTuk(TUK)
    8. 2024年おすすめ仮想通貨8位:Bitcoin Minetrix(BTCMTX)
    9. 2024年おすすめ仮想通貨9位:Dogecoin20(DOGE20)
    10. 2024年おすすめ仮想通貨10位:ビットコイン(BTC)
    11. 2024年おすすめ仮想通貨11位:イーサリアム(ETH)
    12. 2024年おすすめ仮想通貨12位:リップル(XRP)
    1. ①長期的な実用性があるか
    2. ②プロジェクトのロードマップは明確かどうか
    3. ③市場規模が大きいか
    4. ④取引量が多く、流動性が高いか
    5. ⑤過去のパフォーマンスは高いか
    1. プレセールに参加する
    2. 仮想通貨取引所で口座開設する
    1. ①取り扱い銘柄は豊富か
    2. ②各取引コストはお手頃か
    3. ③セキュリティは高いか
    4. ④アプリやサービスは充実しているか
    5. ⑤信用や評判があるか
    1. bitFlyer(ビットフライヤー)
    2. MEXC(エムイーエックスシー)
    3. OKX(旧OKEx)
    1. ボラティリティ(価格変動)リスクに気をつける
    2. 詐欺やGOX(ゴックス)に気をつける
    3. 仮想通貨にかかる税金に気をつける
Table of Contents
    1. 2024年おすすめ仮想通貨1位:Dogeverse(DOGEVERSE)
    2. 2024年おすすめ仮想通貨2位:Slothana(SLOTH)
    3. 2024年おすすめ仮想通貨3位:99 Bitcoins(99BTC)
    4. 2024年おすすめ仮想通貨4位:5thScape(5SCAPE)
    5. 2024年おすすめ仮想通貨5位:Sponge V2(SPONGEV2)
    6. 2024年おすすめ仮想通貨6位:Smog Token(SMOG)
    7. 2024年おすすめ仮想通貨7位:eTukTuk(TUK)
    8. 2024年おすすめ仮想通貨8位:Bitcoin Minetrix(BTCMTX)
    9. 2024年おすすめ仮想通貨9位:Dogecoin20(DOGE20)
    10. 2024年おすすめ仮想通貨10位:ビットコイン(BTC)
    11. 2024年おすすめ仮想通貨11位:イーサリアム(ETH)
    12. 2024年おすすめ仮想通貨12位:リップル(XRP)
    1. ①長期的な実用性があるか
    2. ②プロジェクトのロードマップは明確かどうか
    3. ③市場規模が大きいか
    4. ④取引量が多く、流動性が高いか
    5. ⑤過去のパフォーマンスは高いか
  1. Show Full Guide
    1. プレセールに参加する
    2. 仮想通貨取引所で口座開設する
    1. ①取り扱い銘柄は豊富か
    2. ②各取引コストはお手頃か
    3. ③セキュリティは高いか
    4. ④アプリやサービスは充実しているか
    5. ⑤信用や評判があるか
    1. bitFlyer(ビットフライヤー)
    2. MEXC(エムイーエックスシー)
    3. OKX(旧OKEx)
    1. ボラティリティ(価格変動)リスクに気をつける
    2. 詐欺やGOX(ゴックス)に気をつける
    3. 仮想通貨にかかる税金に気をつける

仮想通貨おすすめ銘柄ランキング一覧リスト【2024年】

早速、2024年おすすめ仮想通貨を比較していきましょう。本記事でおすすめする仮想通貨の一覧リストは以下のとおりです。まず、仮想通貨トレンドの今を把握しましょう。

  1. Dogeverse(DOGEVERSE)– プレセールで大きな売り上げを記録したおすすめ仮想通貨。ステーキング報酬もあるため、安定した収益の獲得が期待できます。
  2. Slothana(SLOTH)– ナマケモノをモチーフにした新たなおすすめミームコインです。仮想通貨市場でも珍しいエアドロッププレセールを採用し、大きな注目を集めています。
  3. 99 Bitcoins(99BTC)– 初心者から経験豊富なトレーダーまで、すべての仮想通貨愛好者におすすめの教育プラットフォーム。「Learn-to-earn」という新しい収益モデルが特徴。
  4. 5thScape(5SCAPE)– VRと仮想通貨を組み合わせたおすすめプロジェクト。没入型体験によるコミュニティ交流やゲーム、教育コンテンツへのアクセスを提供します。
  5. Sponge V2(SPONGEV2)– プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)やステーキングなど、新機能を提供する仮想通貨。独自のステーク・トゥ・ブリッジは、長期的な価値向上に貢献しています。
  6. Smog Token(SMOG)– ソラナ基盤の次世代ミームコイン。大型エアドロップを通じてコミュニティ参加を促し、マルチチェーン対応で幅広いユーザー層の支持を獲得してています。
  7. eTukTuk(TUK)– 電気駆動の三輪自動車(EVトゥクトゥク)と充電インフラを以て、発展途上国の環境保護と経済発展を目指す注目の仮想通貨。特にSDGsの観点からも注目されています。
  8. Bitcoin Minetrix(BTCMTX)– 環境に優しいビットコインマイニングを可能にする将来性のある仮想通貨。ステーク・トゥ・マインモデルを採用し、ビットコイン採掘の新たな形を実現しています。
  9. Dogecoin20(DOGE20)– ミームコイン「ドージコイン」ファミリーのおすすめ仮想通貨。オンチェーンステーキングを通じて投資家が参加し報酬を得るシステムを採用しています。
  10. ビットコイン(BTC)– 世界で最も価値のある仮想通貨。その希少性と中央機関不要の技術は、投資の基軸として長年支持されています。
  11. イーサリアム(ETH) – DAppsやNFTなど、多様な用途を持つ仮想通貨。技術的先進性と市場での確固たる位置づけにより、投資家から高い評価を受けています。
  12. リップル(XRP)– 金融機関との提携や既存の金融システムとの連携を目指す仮想通貨。その将来性は、仮想通貨市場の成長と共に、さらに注目されることでしょう。

仮想通貨のおすすめ銘柄ランキングTOP12【徹底レビュー】

2024年、仮想通貨市場は本格的な強気相場に突入しています。しかし、投資するときは事前にリサーチを行い、冷静に判断することが重要です。ビットコインのような最も人気かつ安全と考えられているコインでさえ、損失を被る可能性があるからです。

以下、当サイトTechopediaの独自リサーチに基づき、各仮想通貨の特徴、実用性、将来性、買い方を徹底レビューしています。ぜひ詳細を確認し、投資判断にご活用ください。

2024年おすすめ仮想通貨1位:Dogeverse(DOGEVERSE)

Dogeverse(DOGEVERSE)は、「仮想通貨という宇宙を飛び回る犬」をイメージして作られたミームコインです。ドージコイン(DOGE)に代表される犬系のコインは、ミームコインの中でも大きな注目を集めています。

今回のDogeverseも4月8日にプレセールを開始してから、1日足らずで30万ドル(約4500万円) 以上の売り上げを記録するなど、投資家の期待値が伺えます。期待値はDogeverseの価格予想にも反映されており、ローンチ後の大きな値上がりもあるかもしれません。

Dogeverseは総トークンの10%をステーキング報酬に割り当てると発表しており、中長期で保有する投資家へのリターンが見込まれています。安定した収益を得たい投資家におすすめの銘柄と言えます。

公式のロードマップでは、プレセールで総トークンのうち15%が販売される計画です。売れ行きによっては28.5%までの追加販売もあり得ます。プレセール終了時までに1700万ドル(約25億円)を調達し、時価総額は6000万ドル(約90億円)の予想です。大型のミームコインになることが期待されます。

Dogeverseの買い方は、以下のリンクからプレセールに参加するだけです。興味がある方は、割引価格で購入できる今のタイミングがおすすめです。

プレセール開始 2024年4月8日
購入方法 BNB、ETH、MATIC、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム他
総供給量 2000億枚
最低購入額 なし

Dogeverseを買う

2024年おすすめ仮想通貨2位:Slothana(SLOTH)

Slothana(SLOTH)は、ナマケモノをモチーフにした新作ミームコインです。仮想通貨業界で話題のSolanaブロックチェーンを基盤としている点が注目されています。

Slothanaの最大の特徴は、エアドロップによるプレセールです。参加者はソラナ(SOL)を送金するだけで、Slothanaトークンを獲得できます。この直接的な参加方法は、投資家のFOMO(Fear of Missing Out:取り残される恐怖)を刺激しています。

Slothanaは、新しい投資チャンスを求めている方やミームコイン愛好家におすすめ。なぜなら、今後の価格上昇の将来性やバイナンスへの上場可能性が十分に考えられるからです。

Slothanaのプレセールに参加することで、将来の価格上昇前にトークンを手に入れることができます。Slothanaの価格予測もポジティブで、2024年、2025年、2030年と長期的な価格上昇が期待されています。

Slothanaは、その独自性と将来性により、今投資すべきおすすめの仮想通貨といえるでしょう。興味がある方は、Slothanaの購入方法を参考に、下記の公式サイトからプレセールに参加してみてください。

プレセール開始 2024年3月26日
購入方法 SOL
ブロックチェーン ソラナ
総供給量 未定
最低購入額 なし

Slothanaを買う

2024年おすすめ仮想通貨3位:99 Bitcoins(99BTC)

99 Bitcoins(99BTC)は、ビットコインやその他の仮想通貨について教育を行う有名ウェブサイト。この度、当サイトが99BTCトークンのプレセールを開始しました。プレセール開始わずか数日で、46万ドルを調達しています。

99BTCトークンは初期にはイーサリアムのERC-20トークンとして発行され、将来的にはビットコインブロックチェーン上のBRC-20トークンに橋渡しされる予定です。これによりトークンのセキュリティが向上します。

プレセールではトークンを割引価格で購入できます。教育プラットフォームの普及と仮想通貨取引所への上場が達成されると、トークン価値は爆発的に上昇するでしょう。

99 Bitcoinsは、仮想通貨投資に興味がある初心者から経験豊富なトレーダーまで、幅広いユーザーにおすすめ。特に「Learn-to-earn」という新しい収益モデルを体験したい方は、魅力的な選択肢です。

現在、99BTCトークンは0.00101ドルの価格でプレセール中。初期投資者として最大のチャンスをお見逃しなく。興味がある方は、下記の公式サイトからプレセールに参加してみましょう。

プレセール開始 2024年4月10日
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 990億枚
最低購入額 なし

99 Bitcoinsを買う

2024年おすすめ仮想通貨4位:5thScape(5SCAPE)

5thScape(5SCAPE)は、没入型体験を通じてVR領域を拡大するプロジェクト。仮想通貨とVRを組み合わせた取り組みには、ゲームや教育コンテンツへのアクセスに加えて、コミュニティとの交流も含まれます。

5SCAPEコインは、非常に多用途。プレミアムVRコンテンツへのアクセス、ゲーム内の特別機能やグッズへのアクセス、さらにはステーキングによるトークン報酬の獲得など、保有による様々なメリットが得られます。

テクノロジーが大好きでVRの未来に期待している方に、特におすすめ。また、仮想通貨市場での爆上げを見越して、早期から参加しておきたい投資家にも最適です。

5thScapeのプレセールでは、限定価格でのトークンを購入できます。将来的な価値上昇の可能性があり、先行者利益をゲットするチャンスです。おすすめの仮想通貨5SCAPEコインに興味を持った方、今すぐ公式サイトに飛んで、プレセールに参加してみましょう。

プレセール開始 2024年1月10日
購入方法 ETH、USDT、BNB、MATIC、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 52.1億枚
最低購入額 なし

5thScapeを買う

2024年おすすめ仮想通貨5位:Sponge V2(SPONGEV2)

Sponge V2(SPONGEV2)は、爆発的な人気を誇ったSponge V1の続編コインです。プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)のゲーム開発やステーキングなどを提供し、今、注目すべき仮想通貨となっています。1万2000人以上のコミュニティに支持されており、プレセール開始から順調に売上を伸ばしています。

Sponge V2の大きな特徴は、V1トークンをステーキングしてV2トークンを得るステーク・トゥ・ブリッジ(Stake to Bridge)の仕組みです。この独自のメカニズムは、トークン価格の上昇と強いコミュニティの形成に寄与しています。大手取引所での上場予定や、イーサリアムチェーンの採用など、高いアクセス性と流動性も魅力の一つとなっています。

仮想通貨の狙い目として熱い視線を浴びるSponge V2ですが、その将来性は明るいと言われています。同コインの将来予想や価格予測は以下のとおりです。

  • 2024年:P2Eゲームの開発や大手取引所への上場計画などによって、プレセール価格から100倍以上の価格上昇が予想されています。
  • 2025年:ビットコインの価格や仮想通貨市場の盛り上がりが、Sponge V2の価値をさらに高めると予想されます。
  • 2030年:独自のトークノミクスと実用性によって、仮想通貨市場における地位を確固たるものにすると予想されます。

Sponge V2は、2024年のおすすめ仮想通貨としてミームコイン市場を牽引する存在になるでしょう。この機会を逃したくない方は、下記リンク先の公式ウェブサイトを確認したうえで、Sponge V2トークンを入手しましょう。

プレセール開始 2023年12月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 1500億枚
最低購入額 なし

Sponge V2を買う

2024年おすすめ仮想通貨6位:Smog Token(SMOG)

Smog Token(SMOG)は、仮想通貨の狙い目コインと昨年評判だったぺぺ(PEPE)やボンク(BONK)に続く、ソラナ基盤の次世代ミームコイン。総供給量の35%がエアドロップに充てられ、ユーザーは様々なクエストやコミュニティ内のタスクを完了することで、エアドロップポイントを獲得できます。

イーサリアムおよびソラナのマルチチェーンに対応しており、初心者から上級者まで幅広いユーザーに支持される仮想通貨おすすめ銘柄となっています。

注目の仮想通貨SMOGですが、上場直後から大きく上昇し、特に2月8日から10日にかけては約10倍高騰したことで話題になりました。PEPEやBONKに匹敵する好スタートを切り、一躍仮想通貨将来性ランキング筆頭に躍り出ました。Smog Tokenの価格予想もあわせてご紹介します。

  • 2024年:取引所への上場や知名度の向上により、0.66ドルに達する可能性があります。
  • 2025年:エアドロップと強気相場により、0.77ドルまで上昇する可能性があります。
  • 2030年:暗号資産市場の拡大や継続的なコミュニティ活動とともに、2.00ドルまで成長すると見込まれています。

Smog Tokenは、魅力的なエアドロップと独自の報酬システムが強みの仮想通貨です。将来性に期待が集まりつつあり、今が買い時と言えます。興味がある方は、ぜひ下記リンク先から公式ウェブサイトを確認し、割引価格で購入してみてください。

プレセール開始 2024年2月8日
購入方法 SOL、USDT、USDCなど
ブロックチェーン ソラナ、イーサリアム
総供給量 14億枚
最低購入額 なし

Smog Tokenを買う

2024年おすすめ仮想通貨7位:eTukTuk(TUK)

eTukTuk(TUK)は、アジアの発展途上国でEVトゥクトゥク(電気駆動の三輪自動車)インフラを充実させ、交通革命と環境保護を目指す仮想通貨プロジェクトです。ステーキングAPYは現時点で139%、プレセール売上は180万ドルを達成しています。

注目の仮想通貨eTukTukは、そのユニークなビジネスモデルを強みとしています。とりわけ、ブロックチェーン技術を応用してEVトゥクトゥクの運転者に報酬を与える仕組みは革新的との評判。発展途上国の交通インフラを根本から変えるだけではなく、環境保護と経済発展も実現できる仕組みとして大注目です。そんなeTukTukの将来性について、さらに掘り下げてみましょう。

  • EV市場の拡大:EV市場は2030年までに10倍規模へと拡大する見込み。eTukTukはEV市場で重要なポジションを占めるものと期待されています。
  • 今後の価格予想:2024年には5倍以上の価格上昇が見込まれています。2025年には上場および新機能の追加で価格を押し上げものと予想。2030年には「おすすめ仮想通貨」との評判も固まり、EVトゥクトゥクのエコシステムも普及。トークン価格を0.9ドルまで押し上げる可能性があります(現在価格の約30〜40倍)。

eTukTukは環境に優しいビジネスモデルと将来性から、SDGsやカーボンニュートラルのトレンドに乗っています。この機会にeTukTukについてさらに調べ、投資を検討してみてはいかがでしょうか。下記、eTukTukの公式ウェブサイトを確認し、プレセールで参加してみてください。

プレセール開始 2023年11月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン BSC(バイナンススマートチェーン)
総供給量 20億枚
最低購入額 1ドル

eTukTukを買う

2024年おすすめ仮想通貨8位:Bitcoin Minetrix(BTCMTX)

Bitcoin Minetrix(BTCMTX)は、Stake-to-Mine(ステーク・トゥ・マイン)モデルを導入し、新たなビットコイン・ステーキングの形を創出するおすすめ仮想通貨です。効率的なビットコインの採掘方法を提供し、すでに大量のBTCMTXがステークされ、期待される年間利回りは驚異的です。

Bitcoin Minetrixの最大の売りは、高額なマイニング機械を必要とせず、環境に配慮した方法でビットコインを採掘できる点です。加えて、信頼性の高いセキュリティ体制も整っており、第三者によるスマートコントラクトの監査も実施済みです。Bitcoin Minetrixは既にプレセール売上1100万ドルを超えており、将来的な価格予想を見ても未来は明るいと言えそうです。

  • 2025年:2000万円台に達すると予想されるビットコインの価格上昇により、最高値0.12ドルが予想されます。
  • 2030年:2025年と同様にビットコインの価格上昇およびビットコインマイニングの需要拡大により、0.18ドルが予想されます。

Bitcoin Minetrixは、仮想通貨コミュニティの間で急速に認知を獲得しつつあります。少額からでもプレセールに参加できるため、興味がある方は、Bitcoin Minetrixの公式ウェブサイトでクラウドマイニングの魅力やリターンを確認したうえで、購入してみてください。

プレセール開始 2023年9月24日
購入方法 ETH、USDT、BNB、MATIC、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 40億枚
最低購入額 10ドル

Bitcoin Minetrixを買う

2024年おすすめ仮想通貨9位:Dogecoin20(DOGE20)

Dogecoin20(DOGE20)は、”Do Only Good Everyday”の精神に基づき、ドージコインの伝統を尊重する2024年おすすめ仮想通貨。

Dogecoin20の最大の特徴は、投資家がネットワークに積極的に参加し、報酬を得られるオンチェーンステーキングです。このステーキングシステムが、トークンのエコシステムの安定性、セキュリティ、成長に貢献しています。

Dogecoin20は、不労所得を求める投資家やミームコイン投資に挑戦したい方におすすめの選択肢となっています。また、仮想通貨の長期保有を通じて、着実に報酬を得たい方にもおすすめです。

Dogecoin20は、公平なプレセールを実施しています。現段階のプレセールでは、1DOGE20 = $0.00014で提供されており、資金調達額は既に約13万2000ドルに達しています。今が投資する最大のチャンスと言えるでしょう。

Dogecoin20に興味を持った方は、今すぐ公式サイトに飛んで、ホワイトペーパーやロードマップを確認してみてください。チャンスだと感じたら、このおすすめ仮想通貨のプレセールに参加してみましょう。

プレセール開始 2024年3月
購入方法 ETH、USDT、BNB、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
総供給量 1400億枚
最低購入額 なし

Dogecoin20を買う

2024年おすすめ仮想通貨10位:ビットコイン(BTC)

2024年3月、ビットコインの時価総額は約203兆1300億円に達し、世界で最も価値のある仮想通貨となっています。2009年に誕生して以来、時価総額最大の仮想通貨として確固たる地位を確立しており、今や世界中で利用されています。

ビットコインは、中央機関の管理を必要としないP2P(ピアツーピア)技術に基づいています。取引の透明性を保証するブロックチェーン技術により、ユーザー間で直接、迅速かつ安全に資金を送受信することが可能です。全体で発行されるビットコインの数は2100万枚に限定されており、希少性が保証されています。

ビットコインはその歴史の中で、数回の価格急騰を経験しています。最近では、米国でのビットコイン現物ETFの承認など、価格に大きな影響を与えるイベントがありました。今後も、ビットコイン半減期の影響などで大きく価格を上昇させると予想されます。

ビットコイン投資としてのポテンシャルは計り知れず、今後も仮想通貨業界を牽引する存在になるでしょう。ビットコインは各仮想通貨取引所で購入できます。

2024年おすすめ仮想通貨11位:イーサリアム(ETH)

イーサリアムチャート

イーサリアム(ETH)は、ビットコインに次ぐ時価総額2位の仮想通貨です。イーサリアムには、dApps、NFTs、DeFiアプリなどの様々な用途があります。現在、1400以上のアプリケーションがイーサリアムのブロックチェーン上で稼働していると言われています。

イーサリアムは初めてスマートコントラクトを導入し、ネットワークの効率性、拡張性、スピードを向上させた暗号資産プロジェクトとしても有名です。イーサリアムは、高いユーティリティーと強力な技術基盤により、仮想通貨市場で重要な存在となっています。ビットコイン価格とも相関関係にあり、ビットコイン価格が上昇するとともに、イーサリアム価格もまた伸びていくと予想されます。

イーサリアムに投資する際には、市場の動向や技術的な進歩、規制状況などを注意深く観察することをおすすめします。

2024年おすすめ仮想通貨12位:リップル(XRP)

リップルチャート

リップル(XRP)は、日本人の間で特に人気の高い仮想通貨です。2024年3月現在、仮想通貨の時価総額ランキングでも6位に位置しています。リップルの特徴は、米リップル社が管理・運営する中央集権型のプロジェクトである点にあります。金融機関や各国政府と連携し、新しい金融システムにリップルネットワークを活用するプロジェクトも同時並行で進めています。今後、リップルの需要はさらに高まる可能性があります。しかしながら、管理者の明確な責任所在がある一方で、内部不正や一時的な取引停止のリスクもあります。

リップルは多数の大手企業と提携しており、「将来性が高い」と評価されています。国内取引所でも取り扱いがあり、各仮想通貨取引所で購入できます。SECとの訴訟(リップル裁判)に事実上勝利したことで価格が高騰していますが、仮想通貨投資はリスクが伴います。自己判断と責任を持って投資判断を行いましょう。

仮想通貨のおすすめの選び方

ビットコインの山

おすすめ仮想通貨を選ぶポイントは、以下5つになります。

  1. 長期的な実用性があるか
  2. プロジェクトのロードマップは明確かどうか
  3. 市場規模が大きいか
  4. 取引量が多く、流動性が高いか
  5. 過去のパフォーマンスは高いか

それぞれ解説していきます。

①長期的な実用性があるか

将来的に価値が上がる可能性が高いのは、単なる投機ではなく、実社会で役立つ機能を持つ仮想通貨です。仮想通貨はブロックチェーンという最新技術を応用させ、社会課題の解決や新しい経済システムの構築に貢献する可能性を秘めています。将来的に社会に大きな影響を与える可能性のあるプロジェクトを選ぶことで、長期的な利益を得られる可能性も高くなります。

②プロジェクトのロードマップは明確かどうか

将来性を見極めるためには、プロジェクトの目標と達成に向けた計画が明確に示されていることが重要です。ロードマップは、開発チームの真剣度や運営透明性を図る材料になるためです。

  • 技術開発の目標:スケーラビリティ問題の解決、セキュリティ強化など
  • マーケティング戦略:ターゲットユーザーの獲得、認知度向上など
  • パートナーシップ:他のプロジェクトとの連携、企業との提携など

3項目は、特に注目すべきでしょう。上記に加え、ロードマップが定期的に更新されているか、注意を払いましょう。ロードマップの内容が曖昧であったり、更新されていないプロジェクトは、投資リスクが高いと考えられます。

③市場規模が大きいか

市場規模は、投資家や利用者が多いことを示しており、将来的な需要拡大にもつながります。市場規模を把握する際の指標は、以下の通りです。

  • 時価総額:数千億円以上の仮想通貨は、比較的市場規模が大きいと言えます。例えば、ビットコイン、イーサリアムなどの仮想通貨は、時価総額が数兆円規模です。
  • 取引量:1日の取引量が数億円以上の仮想通貨は、比較的流動性が高いと言えます。
  • 取り扱い取引所数:複数の取引所で取引される仮想通貨は、流動性が高くなります。

市場規模は、常に変化しているため、定期的に確認する必要があります。新規参入やプロジェクトの進捗状況などによっても、市場規模は変化します。

④取引量が多く、流動性が高いか

買い注文や売り注文がスムーズに執行され、価格変動が抑えられる仮想通貨は、取引コストが低く、投資しやすいです。活発な取引は、市場の成熟度を示しており、投資家にとって安心感につながります。

逆に、取引量が少なくスプレッドが大きい仮想通貨は、投資コストが高くなり、売買が難しい場合があります。取引量やスプレッドは、時間帯によっても変化するため、取引するタイミングも考慮する必要があります。

⑤過去のパフォーマンスは高いか

過去の価格上昇率や市場シェア拡大率は、将来的な成長可能性を示す参考情報になります。過去の成功は、プロジェクトチームの能力や市場のニーズを反映している可能性があるからです。以下の点に注目しましょう。

  • 長期的な上昇トレンド:長期的に価格が上昇している仮想通貨は、成長性が高いと言えます。
  • 市場シェア:特定の分野で高いシェアを獲得している仮想通貨は、将来的な成長可能性が高いと言えます。

将来の成功を保証するものではありませんが、過去の成長実績は、重要な指標です。現在のプロジェクト状況や将来的な展望に加えて考慮することで、適切な投資判断を行うことができます。

仮想通貨のおすすめの買い方

画面に輝くビットコインが表示されているコンピュータ

仮想通貨の買い方には、大きく分けて2つの方法があります。

  • プレセールに参加する:上場前の新規プロジェクトに投資する場合
  • 仮想通貨取引所で購入する:上場済みのプロジェクトに投資する場合

2つの方法をそれぞれ簡単なステップに分けて解説します。

プレセールに参加する

今回紹介したおすすめ銘柄の多くは、上場前の仮想通貨プロジェクトです。上場前の仮想通貨を購入するためには、プレセールに参加する必要があります。

①:仮想通貨ウォレットを準備する

プレセールに参加する最初のステップは、仮想通貨を保管するウォレットの準備です。ブラウザ拡張機能やモバイルアプリを通じて簡単に利用できる、MetaMaskやWallet Connectがおすすめ。セキュリティ性にも優れているため、初心者でも安心して使うことができます。

②:取引に必要な仮想通貨を購入する

プレセールに参加するためには、ETHやUSDTのような特定の仮想通貨が必要になります。例えば、Green Bitcoinのプレセールでは、ETHが推奨されています。信用度の高い仮想通貨取引所で購入し、自分のウォレットに転送しましょう。

③:ウォレットとプレセールを接続する

公式プレセールサイトにアクセスします。プレセールに参加するためにウォレットをプレセールサイトに接続しましょう。例えば、Green Bitcoinの場合、「今すぐ購入してステーキング」のボタンをクリックして、ウォレットを選択し、接続を完了させます。

④:仮想通貨トークンを購入する

ウォレットとプレセールサイトの接続が完了したら、購入したいトークンの量を選択し、ETHまたはUSDTを用いて取引を完了させます。通常、「今すぐ購入」などのボタンが設置されています。

⑤:仮想通貨トークンを交換する

プレセールが終了後、購入したトークンは自動的にあなたのウォレットに送られてます。ウォレットに送られてきたトークンは保管し続けたり、コミュニティなどで使用したりと自由に扱うことができます。

プレセールに参加する際には、公式サイトを確認し、ウォレットを準備し、適切な仮想通貨を選択してサイトに接続し、トークンの購入と保管方法に注意を払うことが大切です。これにより、安全に投資を進めることが可能になります。

仮想通貨取引所で口座開設する

すでにコインが上場している場合は、仮想通貨取引所で購入します。口座を開設し、任意の仮想通貨を購入する手順は以下の通りです。

①:取引所を選択する

最初に、自分のニーズに合った信頼できる仮想通貨取引所を選びます。手数料が安く、様々な暗号資産を提供しているMEXCや国内のビットフライヤーなどがお勧めです。

②:口座を開設する

選んだ取引所の公式サイトにアクセスし、アカウントを作成します。必要事項を記入し、本人確認を完了させます。その後、審査が行われ、無事に口座を開設することができます。

③:資金を入金する

口座が開設できたら、次に資金(日本円)を入金します。ビットフライヤーでは、銀行振込、インターネットバンキング入金、コンビニ入金などの方法があります。

④:仮想通貨を購入する

入金が反映されたら、いよいよ仮想通貨を購入します。取引所のアプリやウェブサイトで「販売所」を開き、購入したい仮想通貨を選びます。例えばビットコインの場合は、「ビットコイン」を選択し、「買う」をタップします。購入金額を日本円で入力し、取引を完了させます。

仮想通貨取引所の選び方

人々と仮想通貨交換所

すでに上場している銘柄は仮想通貨取引所で購入するといいでしょう。しかし、どの仮想通貨取引所を使えばいいかわからない方も多いはず。そこで、安全に仮想通貨を取引するためにも、以下の5点に気をつけて、おすすめの仮想通貨取引所を選びましょう。

①取り扱い銘柄は豊富か

仮想通貨取引所によって、取り扱っている仮想通貨の数や種類は異なりますが、取り扱い銘柄が豊富な取引所を選びましょう。なぜなら、仮想通貨にはリスクがつきものなので、分散投資をすべきだからです。取り扱い銘柄が豊富な取引所であれば、自分に合ったものを選べるため、選択肢の幅が広がります。様々な銘柄に触れ、長期目線で仮想通貨投資を楽しみましょう。

取引所が提供する情報量も重要です。銘柄の価格だけでなく、その背後にある技術や開発チーム、市場の動向など、投資判断に必要な情報を提供している取引所を選ぶと良いでしょう。

②各取引コストはお手頃か

投資の世界では、リターンよりもコストを考える方が大事だと言われます。仮想通貨投資も同様で、取引コストを抑えることが、最終的な利益を左右します。仮想通貨を取引するうえで、かかるコストは主に以下が挙げられます。

  • 現物取引(取引所)の取引手数料
  • 現物取引(販売所)のスプレッド
  • 日本円の入出金手数料
  • 仮想通貨の送金手数料
  • (レバレッジ取引がある場合)レバレッジ手数料

取引手数料が無料とアピールしていても、入金や出金に手数料がかかる仮想通貨取引所もあります。

③セキュリティは高いか

仮想通貨取引所を選ぶ際に最重要となるのは、セキュリティ性の高さです。過去には、仮想通貨取引所がハッキングされるなどの事件がありました。現在はどの取引所もセキュリティ対策が進んでいますが、油断はできません。ログイン時に2段階認証を採用している、顧客の資産をコールドウォレットで管理しているなど、複数のセキュリティ対策を行っている取引所を選ぶことが重要です。

④アプリやサービスは充実しているか

仮想通貨取引において、アプリの使いやすさは重要です。多くの取引所が使いやすいアプリを提供いますが、自分の取引スタイルにあった機能が実装されているかを必ず確認しましょう。

また、万が一のトラブルにも迅速に対応できるサポート体制が整っているかも重要なポイントです。各取引所の公式サイトからどんなサポートがあるのかもチェックしましょう。

⑤信用や評判があるか

仮想通貨取引所を選ぶ際には、その信用や評判も大きな判断材料となります。

  • 世界的に有名な取引所:MEXCやOKX(旧OKEx)など
  • 大手企業が運営する取引所:SBIグループやマネックス証券など
  • 金融庁から「暗号資産交換業」の登録がある取引所:ビットフライヤーなど

取引所がハッキング被害に遭った過去があるかどうかも確認し、自分の資産を守るためにも信頼できる取引所を選びましょう。

おすすめの仮想通貨取引所3選

仮想通貨交換所

仮想通貨取引所の選び方の内容を踏まえて、おすすめの仮想通貨取引所を選定しました。それぞれ詳細レビューを載せているため、ぜひ参考にして口座を開設してみてください。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーは、2014年からサービスを提供している国内最大級の仮想通貨取引所です。豊富なサービスと高いセキュリティで、多くのユーザーに支持されています。

ビットフライヤーのおすすめポイントは以下の通りです。

  • 国内最大級の取引量と流動性:国内No.1のビットコイン取引量を誇り、取引所の流動性も高いです。
  • 取引所と販売所の両方を提供:初心者でも上級者でも、取引スタイルに合わせて選ぶことができます。
  • 手数料が安い:各販売所の売買手数料とレバレッジ取引のロスカット手数料が無料です。
  • 豊富なサービス:自動積立、レバレッジ取引、証拠金取引、ステーキングなどがあります。
  • 高いセキュリティ:業界最高水準のセキュリティ対策を講じており、安心して取引できます。

電話、メール、チャットでの日本語サポートもあるため、万が一のことがあっても安心です。なお、仮想通貨の出金手数料がかかる点は唯一の欠点かもしれません。

ビットフライヤーは、今年10周年を迎えるほど歴史のある仮想通貨取引所です。長年の運営実績は信用の証でしょう。ビットフライヤーで口座開設したい方は、下記の公式サイトで詳細を確認しましょう。

bitFlyerで口座開設する

MEXC(エムイーエックスシー)

1600種類以上の豊富な銘柄と最大200倍のレバレッジで、初心者から上級者まで満足できる仮想通貨取引所です。

MEXCのおすすめポイントは以下の通りです。

  • 豊富な銘柄数:1600種類以上の仮想通貨を取り扱っています。
  • 最大200倍のレバレッジ:少額資金で大きな利益を狙えるレバレッジ取引が可能です。
  • 業界最安水準の手数料:取引手数料はテイカーの先物取引手数料以外無料です。
  • 日本語サポート:海外の仮想通貨取引所ですが、サイトもアプリも日本語対応で安心です。

多くの種類の仮想通貨で投資したい方やレバレッジ取引で利益を上げたい方には特におすすめの仮想通貨取引所です。海外の仮想通貨取引所を避けていた人でも安心して使えるサポート体制もあります。

口座開設は無料で、最短5分で完了します。MEXCで口座開設したい方は、下記の公式サイトで詳細を確認しましょう。

MEXCで口座開設する

OKX(旧OKEx)

OKXは、2017年に設立された世界トップクラスの仮想通貨取引所です。Binanceに次ぐ第2位の規模を誇り、350種類以上の通貨と多様な取引方法を提供しています。

OKXのおすすめポイントは以下の通りです。

  • 豊富な取引方法:現物取引、レバレッジ取引、先物取引、パーペチュアルスワップ、オプション取引など、あらゆる投資スタイルに対応します。
  • 最大125倍の高レバレッジ:少額資金で大きな利益を狙えます。
  • 低コストで取引:レベル1の一般ユーザーのメイカー手数料は0.1%、テイカー手数料は最大0.15%と、業界の中でも低水準の手数料設定です。
  • 使いやすいインターフェース:シンプルで使いやすいインターフェースで初心者でも安心です。
  • 充実したセキュリティ対策:業界最高レベルのセキュリティ対策を実装しています。

しかし、一部デメリットがあります。それは、日本語に対応していない点と日本円を入金できない点です。少し日本人にとっては不利な選択となりますが、それを上回るくらい取引所の規模と豊富な取引方法、セキュリティ対策は魅力的です。

本人確認(KYC)が必要ですが、無料かつ簡単に口座開設できます。OKXで口座開設したい方は、下記の公式サイトで詳細を確認しましょう。

OKXで口座開設する

仮想通貨投資の注意点

青い背景の青い四角に囲まれたビットコイン

仮想通貨投資はハイリターン、豊富な投資先、24時間365日いつでも取引可能な点が魅力ですが、当然リスクも伴います。以下では、仮想通貨投資における注意点を解説します。

ボラティリティ(価格変動)リスクに気をつける

仮想通貨市場は他の投資対象と比べて価格変動が非常に激しくなります。市場規模が比較的小さく、投機的な資金が流入しやすいことが原因です。将来有望な銘柄であっても、短期間で大きく値下がりする可能性があるため、投資を始める前に、以下の点に注意しましょう。

  • 余剰資金で投資する:生活に支障が出るような金額で投資するのは避けましょう。
  • 長期視点で投資する:短期的な値動きに一喜一憂せず、長期視点で投資しましょう。
  • 分散投資する:一つに集中投資するのではなく、複数の銘柄に分散しましょう。

詐欺やGOX(ゴックス)に気をつける

まずは、詐欺に気をつけましょう。仮想通貨の世界では、運営が資金を持ち逃げする詐欺プロジェクトも存在します。例えば、史上最大の暗号通貨詐欺の一つであるOneCoin(ワンコイン)は、投資家から数十億ドルを騙し取りました。また、スキャムリンク(詐欺リンク)にも注意手です。仮想通貨の情報収集に使われるX(旧Twitter)やテレグラムには、スキャムが横行しており、アクセスした瞬間に資金を盗まれる可能性もあります。

続いて、GOX(ゴックス)にも気をつけましょう。GOXとは、仮想通貨の誤送信などで資産を失うことを指します。取引所から別の取引所やウォレットに仮想通貨を送る際、誤ったアドレスに送金してしまうことがあります。値動きが激しいときや急いでいるときに生じます。送付先のアドレスを厳重に確認し、少額からお試し送金することをおすすめします。

仮想通貨にかかる税金に気をつける

仮想通貨の取引で得た利益には税金が発生します。仮想通貨で税金がかかるタイミングは以下の通りです。

  • 売却して日本円に換金したタイミング
  • 別の仮想通貨に交換したタイミング
  • 仮想通貨を使って商品やサービスを購入したタイミング

給与所得者の場合、暗号資産の取引で年間で20万円を超える利益(他の雑所得との合算)が出ると、雑所得として確定申告を行う必要があります。利益が20万円以下でも住民税の申告は必要です。今回紹介したのは、最低限の税金知識です。確定申告の詳細については、管轄の税務署や税理士に相談してください。

仮想通貨投資に関するよくある質問

海外の仮想通貨取引所を利用しても問題ないですか?

2024年は仮想通貨バブルが起きますか?

今後5年間で、どの仮想通貨に投資するのがベストですか?

まとめ:2024年の今後も仮想通貨投資は大注目!

現在、活況となっている仮想通貨バブルに乗りたいと考えていても、仮想通貨の数は非常に多く、今買うべきおすすめの暗号通貨を見極めるのはかつてないほど難しくなっています。本記事では、広範な調査に基づいて仮想通貨の特徴、実用性、将来性などを総合評価し、2024年に最もおすすめな仮想通貨12選を紹介しました。初心者でも買いやすいミームコインも多いため、まだ仮想通貨を持っていないという方は、ぜひ本記事を参考に購入してみてください。

銘柄にもよりますが、仮想通貨投資には少なからずリスクが伴います。投資する際は、本記事をはじめとして各プロジェクトの公式サイトや解説記事、日々の仮想通貨ニュースをチェックして、情報収集をすることが重要です。まずは、本記事をブックマークした上で、おすすめの通貨や投資する際の注意点をいつでも振り返られるようにしておきましょう。

Hiroshi Ono
編集者

Techopedia(テコペディア)ライター。2018年に仮想通貨投資を開始、ビットコインやNFTへの投資経験を持つ。20年からは個人ブロガーとして活動し、AI(人工知能)の内容を中心に400近い記事を執筆。23年よりラ...