汎用人工知能(AGI)

信頼の理由

汎用人工知能(AGI)とは

汎用人工知能(AGI)とは、広範囲のタスクを処理できる人間の認知システムと同様に、様々な種類のタスクをこなせるよう人間の知能を模倣する、特別な人工知能(AI)を指します。汎用人工知能(AGI)は、様々なタイプの人工知能と区別するために使われており、より広範な人工知能について議論する際には「強いAI」や「フルAI」という言葉も使用されます。一方で、狭い範囲のタスクに特化する人工知能(AI)を「弱いAI」と呼びます。

汎用人工知能(AGI)の現状と実現

人工知能(AI)に関する大きな論点は、機械がどれほどの知能を持つことができるか、そして人間の思考能力をどれほど模倣できるかということです。人工知能に関する議論は、20世紀に開発されたチューリング・テストから始まりました。チューリング・テストでは、審査員が人間と機械の両方と会話します。実際は機械と会話しているのにも関わらず、まるで人間と会話しているように錯覚させることができれば、そのコンピュータは知能を持つと見なされます。

昨今の人工知能(AI)に関する議論は、このチューリング・テストを遥かに超えたものとなっています。現在のAIは、特定のゲームをプレイしたり、会話のために開発されたオントロジーを参照したり、指示を出したりするコンピュータなど、限定的または弱い形態のAIに分類されます。一方で、将来的には「汎用人工知能(AGI)」と呼ばれる種類の人工知能が実現され、人間が行う行動やコミュニケーション方法により近づき、人間らしさを感じさせるようになると考えられています。

無料で「保険業界における26のAI使用例」をダウンロードする

関連用語

マーガレット・ローズ
Technology Expert
マーガレット・ローズ
テクノロジーエキスパート

マーガレット・ローズは、受賞歴のあるテクニカルライター兼教師です。説明能力に優れており、複雑なテクノロジーを一般の方にもわかりやすく説明します。過去20年にわたり、彼女が書いたITの定義はQueのテクノロジー用語百科事典...