ブックメーカー サッカー 2024 – サッカー 賭け

このページでは、ブックメーカーでサッカーにおすすめのサイトをリストしています。以下のガイドを活用して、お気に入りのサッカー用ブックメーカーを選びましょう。

ブックメーカー サッカー 人気

Sort By
  • All
  • Crypto
  • Telegram
11/04/24

最大¥95,000+無料プレイ¥5,000
+フリーベット

最大¥95,000+無料プレイ¥5,000
+フリーベット

  • 日本で人気のスポーツを網羅
  • 初心者にも親しみやすいスポーツブック
  • 日本で長年の実績のある運営元
9
4 Stars
NO CODE REQUIRED
ボーナスをゲット
0
11/04/24

200%最大$3,950
+200スピン
+$45入金不要ボーナス

200%最大$3,950
+200スピン
+$45入金不要ボーナス

  • 国内外の競技を幅広く包含
  • 豊富な入出金オプション
  • Twitchのライブストリーミングを完備
9
4.5 Stars
NO CODE REQUIRED
ボーナスをゲット
0
11/04/24

200%最大¥395,000
+¥1,000フリーベット
+¥4,500入金不要ボーナス

200%最大¥395,000
+¥1,000フリーベット
+¥4,500入金不要ボーナス

  • 200%ウェルカムボーナス
  • 幅広い決済の選択肢
  • 豊富なライブマーケット
9
4 Stars
NO CODE REQUIRED
ボーナスをゲット
0
11/04/24

200%最大€25,000+50スピン

200%最大€25,000+50スピン

  • 驚異のウェルカムボーナス
  • 専用トークンも購入可能な仮想通貨ブックメーカー
  • 本人確認不要・即時出金可能
9.7
5 Stars
NO CODE REQUIRED
ボーナスをゲット
0
11/04/24

200%最大1BTC+50スピン

200%最大1BTC+50スピン

  • 匿名性の高いTelegramブックメーカー
  • KYC無し・高速出金に対応
  • 主要な暗号通貨で決済可能
9
4 Stars
NO CODE REQUIRED
ボーナスをゲット
0
11/04/24

賭け条件なし80フリースピン
+リベートボーナス

賭け条件なし80フリースピン
+リベートボーナス

  • 国内外で絶賛の英国カジノ
  • ボーナスの出金条件一切無し
  • 限定キャンペーンが盛り沢山
9.4
4 Stars
NO CODE REQUIRED
ボーナスをゲット
18
11/04/24

無料$40登録ボーナス+200%ボーナス

無料$40登録ボーナス+200%ボーナス

  • 5,000以上のゲームコレクション
  • 嬉しい特典やオファーが多数
  • 多数の決済オプションを用意
9.5
4 Stars
NO CODE REQUIRED
ボーナスをゲット
0
11/04/24

最大360%レーキバック

最大360%レーキバック

  • 多様なスポーツベットに対応
  • 専用通貨BCDを購入し決済に利用できる
  • ベッティングアプリを完備
9
4 Stars
NO CODE REQUIRED
ボーナスをゲット
0
11/04/24

200%最大$1000

200%最大$1000

  • 業界屈指のVIPプログラムを提供
  • UFC・Rizinの限定キャンペーン
  • ライブ配信機能搭載
9.6
5 Stars
NO CODE REQUIRED
ボーナスをゲット
0
11/04/24

最大$777+7日間無料プレイ特典

最大$777+7日間無料プレイ特典

  • 日本のプレーヤー専用サイトを提供
  • 日本向けのオリジナルスロット機種を用意
  • 魅力的なキャンペーンがいっぱい
9
4 Stars
NO CODE REQUIRED
ボーナスをゲット
2
Show More Offers+

サッカー ブックメーカー トップ10

サッカー用ブックメーカー おすすめトップ10はこちら。:

  1. 遊雅堂 - ダントツ人気の日本人向けブックメーカー: 日本のサッカー賭けに最適
  2. bet365-最高の機能性と実用性を備えたブックメーカー: 世界有数の大手ブランド
  3. スポーツベットアイオー-ライブオッズが充実のブックメーカー: 限定マーケットも提供
  4. Stake - プロモ満載の仮想通貨ブックメーカー: ユニークなオファーの数々
  5. 1xbet - 業界髄一のオッズ量を誇るブックメーカー: 業界最多のマーケット数
  6. Bons - 幅広いニーズを満たすブックメーカー: お得なコンボベットも用意
  7. カジ旅- ロイヤリティプログラムが魅力のブックメーカー: Jリーグのオッズも優秀
  8. ピナクル -プロベッターもご用達のブックメーカー: オッズの水準はトップクラス
  9. Lilibet - 初心者に優しいブックメーカー: デザイン性の高いスポーツブックを完備
  10. LuckyBlock - 最先端のクリプト系ブックメーカー: ハイローラーにも好評

サッカー 賭け ブックメーカー おすすめ6選

サッカー 賭け ブックメーカーおすすめ6選を以下にセレクトしています。

当サイト掲載のブックメーカーはすべて日本語に対応しており、ライセンス規制のもとに運営されています。

遊雅堂

サッカー ブックメーカー

遊雅堂は、日本のベッターに最適なスポーツブックを完備。サッカーの全試合にライブマーケットが開き、キャッシュアウトも搭載されています。

Jリーグの平均的なオッズ量は、1試合あたり80以上あり、勝者予想から、ハンディキャップやスペシャルまで網羅。ベットビルダーも利用できます。

スコア速報アプリがあり、ライブスコアをフォローするのに活躍。また、日本のサッカーに特化したプロモも出回るため、賭ける前に最新のキャンペーン情報は要チェックです。

長所

  • 日本人向けのサイト仕様
  • 日本のサッカーに特化したプロモーションを提供
  • Jリーグや5大リーグの幅広いマーケット
  • ライブ速報アプリを完備

短所

  • 賭けアプリは提供されていない
  • サッカーのライブ配信は無い

bet365

サッカー 賭け ブックメーカー

Bet365はサッカー賭けに最上のブックメーカーのひとつ。ライブ配信、キャッシュアウト、アプリの機能性は業界一級です。

Jリーグのオッズ量は平均して試合あたり80以上、5大リーグでは、数百以上に上ります。定番マーケットの他、アジアンハンディキャップも豊富。

サッカー専用プロモーションでも群抜きです。早期支払いや選手交代保証の他、オッズ強化も多数打ち出されています。

長所

  • 最高のライブ配信と賭けアプリ
  • 競争力のあるオッズと幅広いマーケット
  • 全額/部分/自動キャッシュアウト
  • サッカー専用プロモが豊富
  • ファンタジースポーツ対応

短所

  • 決済オプションが限定的
  • KYCが厳しい

1xbet

ブックメーカー サッカー 日本

パリサンジェルマン、セリエAの公式パートナーとしても有名な1xbet。その極大スポーツブックでも、サッカーマーケットは圧倒的。

Jリーグのオッズ量は、1試合につき1000以上、5大リーグでは1500以上出回ることも珍しくありません。量のみならず、質においても概して高水準をキープ。

ライブ配信やアプリが利用でき、シームレスなライブベッティングを体験できます。

長所

  • 業界トップクラスの豊富なマーケット
  • 優れたオッズ
  • 賭けアプリを完備
  • ライブ配信機能搭載
  • キャッシュアウトあり

短所

  • サイト設計がやや見にくい
  • ボーナスの賭け条件が高め

ステーク

サッカー ブックメーカー おすすめ

Stakeのサッカーマーケットは最も好況で、魅力的なオプションが見つかります。ライブ配信搭載のため、海外サッカーの視聴も可能です。

平均して、Jリーグのオッズ量は、1試合80前後、5大リーグでは100程度。基本のマーケットはカバーされており、スペシャルやアジアンラインも包含。

無得点引き分け返金やハーフタイム返金保証などサッカー専用のオファーも頻繁に打ち出されています。

長所

  • 競争力のあるライブオッズ
  • 広範なライブマーケット
  • ライブストリーミング機能を完備
  • サッカーに特化したオファーを提供

短所

  • 賭けアプリなし
  • スポーツはレーキバック対象外

ピナクル

ブックメーカー サッカー おすすめ

ピナクルは、低マージンオッズとアービトラージ歓迎を継続的に強調する稀有な存在です。ベット制限が無く、賭け上限も高いことから、プロベッターや常連客も愛用。

オッズ量は比較的少ない反面、価値に重点が置かれてており、他社との差も鮮明です。マーケットの選択肢はベーシックですが、アジアンハンディキャップやコーナーなども網羅。

独自のベッティングリソースも充実しており、ベッターにとって有益な情報が共有されています。

長所

  • 高水準のオッズ
  • アービトラージ歓迎
  • 予想分析に有用なベッティングリソースを提供
  • 賭けアプリを完備
  • 高めの賭け上限
  • ベット制限なし

短所

  • キャッシュアウトは利用できない
  • プロモーションの数が少ない

ボンズ

ブックメーカー 日本 サッカー

Bonsのサッカー市場は、期待以上のレベルです。総じて、オッズは業界平均を上回る水準が維持されており、マーケットも多様。

1×2や合計などの基本に加えて、チームスタッツやベットビルダーも利用可能。4大リーグではプロップも出回ります

Twitchのライブ配信機能に加えて、ベッティングアプリも完備。日替わりのホットコンボオファーも必見です。

長所

  • 全体的に業界平均を上回るオッズ
  • 幅広いライブマーケット
  • Twitchのライブストリーミングを導入
  • キャッシュアウトあり
  • 賭けアプリを提供

短所

  • サッカー賭けに適用可能なキャンペーンは少ない

ブックメーカーでのサッカー賭けの仕組み

ブックメーカーでのサッカー賭けは、オンラインスポーツブックを用いて行われます。

ブックメーカー サッカー

スポーツ振興くじとは違い、様々な賭け方ができるのがブックメーカーの大きな特徴です。

また、Jリーグを含む世界中のリーグ、ワールドカップやオリンピックにまでベットが可能です。

あなたの予想に自信のある試合や事柄にのみ賭けられるため、自然と的中率も高くなります。

ブックメーカーでのサッカー賭けのメリット・デメリット

スポーツくじとの比較において、ブックメーカーでのサッカー賭けのメリットやデメリットとして、以下が含まれます。:

メリット

  • 全世界のサッカーの試合に賭けられる
  • マーケット(賭け方の選択肢)が格段に多い
  • オッズが高め
  • 還元率が高い
  • ライブオッズを利用できる
  • キャッシュアウトやライブ配信機能が使える
  • ボーナスやキャンペーンを活用できる

デメリット

  • 国内では規制対象外
  • 国内でのサポート窓口が設置されていない
  • ブックメーカー初心者にとってハードルが高い

スポーツくじとブックメーカーでのサッカー賭けの違い

日本のスポーツくじ(Toto)とブックメーカーでのサッカー賭けの主な違いには、以下が挙げられます。:

  • 配当の仕組み
  • 賭けられるタイミング
  • 賭け対象
  • 賭け方の選択肢
  • 的中率
  • 還元率

上記の点について、以下にまとめています。:

スポーツくじとブックメーカーの比較

スポーツくじ
(Toto、Winner)
ブックメーカー
配当金:
・Toto:売上総額金の約35%+キャリー
(最高1億円+キャリーオーバー)
・Winner:売上総額金の50%
(最高5億円)
配当金:
賭け金にオッズを掛けた金額
購入期限:
キックオフの10分前まで
賭けが可能な期間:
試合終了まで
対象試合:
・Toto: 主に国内で海外はごく一部
(ブンデスリーガ、プレミアリーグ、フットボールリーグ・チャンピオンシップ)
・Winner:国内のみ
対象試合:
日本(J1、J2、J3)を含む全世界
1回の賭け単位:
・Toto: 複数の試合(2~13試合)
・Winner: 1試合/大会
1回の賭け単位:
1試合
賭け方の選択肢:
Toto:
・ホームチームの結果(3通り)
・得点数(4通り)Winner:
・勝敗と得点数(18通り)
賭け方の選択肢:
・ブックメーカーにより異なる
・数種類のマーケットが開き、数十種~1000余りのオッズが設定される
・複数のオッズを組み合わせられる
的中率:
・Toto: 最高で約 1/243
・Winner: 約1/18
予想的中率:
平均約1/2
平均的な還元率:
約50%
平均的な還元率:
約85~95%

上記のように、スポーツくじでは売上総額を原資として、高額賞金を設定した、宝くじの仕組みが導入されています。

スポーツくじでは、当選者が出ないために、賭け金が次のくじの賞金にキャリーオーバーされることが頻繁にあります。

他方、ブックメーカーでの配当金は、常に個人の賭け金額と胴元の公表オッズによって定まります。

また、ブックメーカーでのサッカー賭けは、スポーツくじよりも、賭け対象や賭け方が格段に幅広く、柔軟性が高いのが特徴です。

加えて、的中率や還元率を比較しても、ブックメーカーは賭ける側にとって有利な条件を提供していることがわかります。

ブックメーカーで現実的な利益を狙うか、スポーツくじで夢を買うかはあなた次第です。

サッカー 賭けは違法?

ライセンス下で運営されているブックメーカーは、違法ではありません。

これらは、管轄の規制に準拠して、サッカー賭けを合法的に提供しています。

しかしながら、日本においてはブックメーカーに関する規制が無く、違法に該当する可能性があります。

日本から海外ブックメーカーでのサッカー賭けに興じることは、法に触れる点について理解しておきましょう。

ブックメーカーでのサッカーの賭け方

ブックメーカーでのサッカーの賭け方は、以下のステップに従って下さい。:

サッカーに賭ける手順

1.ブックメーカーに登録またはログインする。

2.メニューから「サッカー」を選択する。

ブックメーカー サッカー 手法

3.賭けたいリーグ・大会の試合を選択する。

4.賭けたいオッズをクリックし、ベットスリップに追加する。

5.賭けたい金額を入力する。

ブックメーカー サッカー 賭け方
ベットスリップ:ブックメーカーでの賭け方:例-フラム vs リバプール の試合でリバプールの勝利に賭ける場合

6.ベットスリップの内容を確認し、「ベットする」をクリックする。

以上で完了し、アカウントの「マイベット」に賭けの内容が表示されます。

「マイベット」では、試合開始前のベットや、既に確定したベットなどの履歴が確認できます。

サッカーの賭け方の種類

サッカー 賭け

ブックメーカーでの主なサッカーの賭け方(マーケット)は以下の通りです。:

1×2

従来の試合時間(延長戦を含まない)が終了した際の結果を予想するベットです。選択肢は

  • 1 = ホームチームの勝利に賭ける
  • X = 引き分けに賭ける
  • 2 = アウェーチームの勝利に賭ける

となります。また、前半/後半にわけて(個別に)予想し、賭けることもできます。

ドローノーベット

1×2 に似たベットですが、賭けの対象はホームかアウェーのどちらかの勝利しかありません。

引き分けとなった場合、賭け金は返金されます。

「マネーライン」や「ドローベットなし」と呼ばれているブックメーカーもあります。

ダブルチャンス

勝ち、負け、引き分けの選択肢のうち、2つに賭けることができるベットです。

ダブルチャンスの的中率は高いですが、そのぶんオッズは低く設定されています。

オーバー/アンダー(合計)

ゴール数やイエローカードの数など、特定の事柄に対して一定の値より大きい(オーバー)か、小さい(アンダー)かを予想します。

はい/いいえ(結果)

「結果」や「はい/いいえ」のベットは、特定の出来事が起こるか起こらないかを予想します。

例えば、「両チームとも得点する」「○○チームが前後半ともに得点する」といった選択肢があります。

コーナーキック

コーナーキックの数を予想するベットです。ブックメーカーが提示する数字、例えば「9」より多い(オーバー)か少ないか(アンダー)、もしくはちょうどその数「9」かに賭けます。

また、前半のみ、後半のみ、最初の10分など、時間を限定して予想することもできます。

ハンディキャップ

ハンディキャップは両チームの力量を平等にし、予想をより楽しむためにある賭け方です。

負ける可能性が高いとみられるチームにはプラス「+」のハンディキャップを、試合に勝つ可能性が高いとみられるチームにはマイナス「-」ハンディキャップが与えられます。

そのハンデを実際の試合結果に足し引きしてベットの勝敗をみます。

ハンディキャップには+0.5や-1.5といった0.5毎の小数点ハンディキャップもあります。

これは、引き分けを回避するためにあり、結果が【2-2.5】といったように勝敗を明確にするためにあります。

小数点のないハンディキャップでは引き分けになる可能性もあり、引き分けとなった場合の賭け金は返金されます。

アジアンハンディキャップ

主にサッカーで見られる特殊なハンディキャップが、アジアンハンディキャップです。ブックメーカーによって、ハンディキャップとアジアンハンディキャップのマーケットが分かれているサイトと、ひとまとめになっているサイトがあります。

ハンディキャップとの違いは、アジアンハンディキャップには0.5だけでなく、0.25や0.75といった0.25毎のハンデがあること。これらは、通常のハンディキャップ(±0.5)の払戻金と少し違いがあります。

  • −0.25 ハンデ差(結果例:2-1.75)で負けた場合、ベット額の半額が返金される
  • +0.25 ハンデ差(結果例:2-2.25)で勝った場合、配当の50%を受け取る(半分勝ち)
  • −0.75 ハンデ差(結果例:2-1.25)で負けた場合、ベットは負け
  • +0.75 ハンデ差(結果例:1-1.75)で勝った場合、ベットは勝ち

以上の他にも、サッカーには様々な賭け方があり、独自のオリジナルなマーケットを提供しているブックメーカーもあります。

シングルベットとマルチベットの違い

ブックメーカーでは、シングルベットとマルチベットの2通りの賭け方が可能です。:

シングルベット
1つ結果を予想する(上記で紹介したマーケットを個別に賭ける)ベットのことを指します。
マルチベット
複数のマーケットを組み合わせ、1つの賭けとしてベットすること。

ただし、1つの試合から異なるマーケットを組み合わせることはできません。異なる試合から組み合わせましょう。

組み合わせた予想が全て的中しないと配当はありませんが、組み合わせが多いほど当たった時のオッズは乗算されるので高くなります。

ブックメーカーによって、マルチベットは以下の名称でも呼ばれます。:

  • アキュムレーター
  • コンボ(コンビ)
  • パーレー

ベットスリップには、複数のオッズを組み合わせることができるマルチベッティングと、1つのオッズを選ぶことができるシングルベットの2つのオプションがあります。

同時に複数のマーケットにベットする方法のマルチベットは、オッズが乗算されて勝利金が上乗せされるのが特徴です。

さらに、「マルチブースト」や「ベットブースト」などのオッズ強化オファーを併用すると、オッズを高められます。

マルチベット

マルチベットで賭けたい複数の組み合わせを選択。マーケットを選択すると、緑色の枠で囲まれます。

画面右側にあるベット情報を「シングルベット」から「マルチベット」へと変更することで、新しくオッズが表示されます。

≪注意点≫

☑1つの試合で複数のマーケットに賭けることはできません。
☑キャッシュアウトと併用できない。

同じ試合のマーケットを組み合わせてベットを行いたい場合は、「ベットビルダー」を利用しましょう。

サッカー賭けに役立つベッティング機能

サッカー賭けに役立つベッティング機能には、主に以下が挙げられます。:

  • ベットビルダー機能
  • キャッシュアウト機能
  • ライブストリーミング機能

以下に各機能についてまとめています。:

ベットビルダー機能

「ベットビルダー」は、複数のマーケットを組み合わせてオッズを構築できる機能です。

異なる試合のマーケットを組み合わせる「マルチベット」とは異なり、同一試合のオッズを複数選択します。

ベットビルダー

ベットビルダーのやり方:

  1. 賭けたい試合を選択する。
  2. マーケットの選択肢から「ベットビルダー」を選ぶ。
  3. ベットしたいマーケットを選ぶ。
  4. 「ベットスリップを追加」をタップしてベットを確定する。

Betbuilder

通常、ベットビルダーは、ライブベッティングでは利用できません。

事前ベットでのみ使用可能となります。

キャッシュアウト機能

キャッシュアウトは、途中で賭けを締められる機能です。

キャッシュアウトを利用すれば、利益確定や損切りが可能になります。

現在、大半のブックメーカーでは、キャッシュアウトが導入されており、ライブベッティングに欠かせない機能となっています。

キャッシュアウトのやり方:

  1. お使いのブックメーカーのサイトまたはアプリにログインする。
  2. 「マイベット」から「ベット履歴」を選択する。
  3. 「有効なベット」からキャッシュアウトをしたい試合をタップする。
  4. 「キャッシュアウトを確定する」をクリックする。

以上でキャッシュアウト申請が完了し、指定のキャッシュアウト額を受け取ります。

キャッシュアウト利用時の注意点

  • ベットビルダーを使用した賭けは、キャッシュアウトの対象外であることが多い
  • 試合中に試合結果を大きく左右する出来事が行った際に、キャッシュアウトが使えないことがある
  • キャッシュアウトの使い過ぎは、ベット規制の原因となる場合がある

利益を上手に確定できるように、使用前に利用方法やタイミング、注意事項を確認しておきましょう。

ライブストリーミング機能

ライブストリーミングは、スポーツイベントを生中継で視聴できる機能です。

資金力のある大手ブックメーカーでは、ライブストリーミング機能が搭載されていることが少なくありません。

配信対象のイベントは、各ブックメーカーによって異なります。

通常、アカウント残高があれば、無料でライブ配信機能を利用できます。

ブックメーカーでのサッカー視聴方法

ブックメーカーでのサッカーの視聴方法は、以下の手順に従って下さい。:

1.ブックメーカーにログインし、賭けたい試合をクリックする。

2.再生アイコン▶をクリックする。

ブックメーカー サッカー 視聴

3.ライブストリーミング画面が開き、配信が自動的に開始します。

ブックメーカー サッカー 視聴方法

試合のライブ配信を提供しているブックメーカーもあります。

ただし、完全無料で視聴できるサイト、アカウントに資金がある場合のみ視聴できるサイトなど、視聴の条件はブックメーカーによって異なります。

ブックメーカーによって、ライブ配信のある試合には「▶️」や「📹」「🖥️」といったアイコンが試合リストの中に表示されています。

試合が始まってライブ配信のある試合をクリックすると、右側に小さな画面が現れます。どのサイトも画像は良く、スムーズに視聴できます。フル画面にして試合を観戦しましょう!

世界4大リーグの放映権契約が結ばれている試合では、ライブ配信はありません。しかし、Jリーグを視聴できるブックメーカーは多くあります。

ブックメーカーのサッカーオッズ

ブックメーカーのオッズは、過去の統計データ、ファンの動向など様々な要素を考慮して、オッズメーカー(オッズトレーダー)と呼ばれる専門家が設定します。

ブックメーカーでは賭けた時のオッズで配当金が定まります。

そのため、最初のオッズ発表から賭けの集まり方によって、偏りがないよう、その後もオッズに微調整が入ります。

これらのオッズは、利用するサイトによって若干の差はあるものの、大きな開きはありません。

ブックメーカーは他社と互いに連携し、不正な賭けやオッズを変動させる大口ベットに目を光らせています。

スポーツの世界では時折「八百長」が発生しますが、選手たちは、少なくとも自身が行う競技に賭けることはできません。

プレマッチ(試合開始前)オッズ

試合開始前のオッズにさほど変動はありません。大口のベットがあるか、主力選手の怪我でメンバーから外れた時などには少し動くことがあります。

さほど変動はないといっても、高額を賭ける場合や、長い目で見ると利益に差がつきます。

フェイバリット(有力チーム)に賭けるのであれば、試合開始が近づく程、オッズが下がる可能性が高い傾向にあります。

ライブオッズ

ライブオッズは、試合の進行中に変動するオッズです。

ライブベッティングでは、試合の経過を見ながら賭けられるため、勝率がプレマッチより高いという統計があります。

ライブオッズは、試合の流れ、ボールの位置などによりオッズが目まぐるしく変動します。

そのオッズを追跡しながら、できるだけ高いオッズに達した時に賭けるのが理想的です。

オッズの変更設定をカスタマイズできるブックメーカーも一部あります。(「オッズの変更を許可する」「高いオッズのみ受け入れる」「オッズの変更は受け入れない」)

オッズの見方

オッズの見方は、以下のようになります。:

例)ボーンマスとレスターの対戦で1×2に賭ける

ブックメーカー サッカー 見方

1 ‐ ボーンマスのホーム勝ち 2.9

x ‐ 引き分け 4.33

2 ‐ レスターのアウェイ勝ち 4.75

上記のオッズに1,000円賭けた場合、各配当金は以下のように計算されます。:

1 ‐ ボーンマスのホーム勝ち

1,000円 x 2.9₌2,900円

x ‐ 引き分け

1,000円 x 4.33₌4,330円

2 ‐ レスターのアウェイ勝ち

1,000円 x 4.75₌4,750円

オッズに賭け金を乗算したものが払戻金となります。

オッズ形式の種類

オッズの形式には、以下の種類があります。:

デシマル

1.85、2.20といった小数点表示で、主にヨーロッパ、オーストラリア、日本で使われます。

アメリカン

+-で表示され、100を基準として利益を表わします。主にアメリカで使われるオッズ形式です。+の場合は$100を賭けた際の純利益を表し、-の場合は$100の利益を得るために必要な賭け金を表しています。

例:

+120だった場合、$100ドルをベットして勝てば払戻金は$220(純利益$120)

-120だった場合、$120をベットすれば純利益$100が得られる(払戻金は$220)

フラクショナル

6/1、5/1といった分数で表示され、6/1なら$1を賭けて勝利すると$6の利益(払戻金$7)があることを表します。左の分子の数字が右の分母の数字よりも小さい場合、オッズは2倍以下です。主にイギリスで使われます。

例:

8/15はデシマルで1.53

1/2はデシマルで1.50

スポーツベットアイオー オッズ形式

オッズ形式を変更したい場合はサイト左下にあるタブで変更可能。違ったオッズ形式の理解を高めることで、勝率アップにつながります。

オッズ表示は、国によって理解しやすいフォーマット(表記)が異なります。

日本人には、小数点で表示される「デシマル(10進法)」が最も身近で分かりやすいオッズとなっています。

オッズ比較

具体的に、オッズを比較してみましょう。

以下は【カジ旅】と【bet365】のイングランドプレミアリーグ:マンチェスターシティvsエバートンのプレマッチオッズです。

カジ旅

ブックメーカー サッカー オッズ

bet365

サッカー 賭け オッズ

比較してみると、マンチェスターシティの勝利オッズは1.22とどちらも同じですが、エバートンのオッズはカジ旅の方が高く、引き分けオッズはベット365の方が高くなっています。

ダブルチャンスではマンチェスターシティと引き分けに賭けるなら両社同じオッズ、引き分けエバーとトンに賭けるならカジ旅:3.15、bet365:4.00とかなり違います。

マンチェスターとエバートン(引き分けはないと予想)に賭けるなら、カジ旅:1.08、bet365:1.10 とわずかに差があります。

また、この試合ではカジ旅の方がマーケットが多く提供されていましたが、bet365のようなベットビルダー(1つの試合の中からマルチベットが可能な賭け方)はありません。

このように、あなたの賭けたいマーケットがあるかどうか、同じマーケットのオッズを比較し、払戻金に関わるオッズがより高いブックメーカーで賭けることが賢い選択です。

サッカー賭けの必勝法・戦略

サッカー賭けに必勝法(必ず勝つ方法)は存在しません。実は奥が深く、それ故にスポーツベットは面白いのです。

どの賭け方が正しいという答えはありませんが、肝心なのは損切りのタイミングと感情に左右されないこと。

初心者ベッターが犯しやすい過ちの2つをここでご紹介します。

1.お気に入りに執着しない

ベッターには誰しも好きなチームが存在します。不利な状況であってもお気に入りのチームにベットしがちになります。

敵チームの勝利に賭けるのはためらうはず。好きなチームがアンダードッグ(負ける可能性が高いとみられているチーム)なら、+ハンディキャップ、オーバー/アンダーなど賭け方を工夫してみましょう。

2.ライブオッズの価値を図る

プレマッチで賭けていても、試合中が始まったらライブオッズを追跡しましょう。

ライブオッズでは、稀にベッターにとって予想外に有利な状況が生じることがあります。

オッズの価値判断を極めることで、長期的な勝利につながるでしょう。

3.キャッシュアウトで損切りする

試合結果が誰の目にも明らかな状態でなければ、キャッシュアウトが可能なブックメーカーがほとんどです。

賭けたベットが外れそうだと感じたら、早めにキャッシュアウトして少しでも損失を防ぐリスクマネージメントが大切です。

キャッシュアウトができない場合は、ヘッジングなどの上級者ベッターが使う戦略もあります。

 

サッカー賭け ブックメーカーのボーナス

ブックメーカーでは、サッカー賭けに利用できる、様々なボーナスが提供されています。:

    フリーベット 注目の試合に指定された額以上をベットすると貰えたり、週ごとのベット額に応じて貰えたりします。
    フリーベットが貰える機会は多いので、最大限に活用しましょう!
    オッズ強化 オッズブーストとも呼ばれ、現在のオッズを高めることができます。1日に定められた回数だけ使えたり、ブックメーカーがスペシャルオッズとして提供していることもあります。
    返金 試合結果が0-0で終わると、ベットは外れても賭け金が返金されたり、対象ゲームに賭けると外れても返金(ロールオーバーあり)されるオファーもあります。
    早期ペイアウトオファー サッカーではバスケなどのように多く得点が入るスポーツではありません。そのため、賭けたチームが2点リードした時点でペイアウトがある試合もあります。
    選手交代保証 ハーフタイム前など、試合早期に選手交代があった場合、賭け金が返金されるオファーです。
    アキュムレーター保険
    (Acca/アッカ保険)
    指定された数以上のアキュムレーターベットで、1つだけ外れた場合はフリーベットなどで返金されるボーナスです。

    サッカー賭けに利用できるオファーの有無、種類などをチェックしておきましょう。

    ベッターはこれらを活用してベットすれば、少ない資金でサッカーベットが楽しめます。

    サッカー用ブックメーカーの選び方

    サッカー用のブックメーカーを選択する際には、以下の項目をチェックし、あなたに合ったブックメーカーを選びましょう。:

    1. オッズ
    言うまでもなく、オッズは利益を左右します。できるだけオッズの高いサイトを選ぶのが好ましいでしょう。
    特定の試合・大会・マーケットによってオッズは異なりますが、賭けたいオッズにフォーカスしてチェックしましょう。
    2.マーケットの多様性
    サッカーはどのブックメーカーでも賭けることが可能ですが、サイトによってはオリジナルなマーケット(賭け方の種類)があったり、マーケット数はサイトによって異なります。
    必ず、賭けたいマーケットが提供されているかを下調べしておきましょう。
    3.サイトの機能性
    サイトの機能性も重要なポイントです。例えば、キャッシュアウトはライブベットでのリスクマネージメントに最適な機能です。

    また、ライブ配信の有無や試合数も各サイトによって異なります。これらの機能を頻繁に利用したい場合は確認しておくと良いでしょう。

    4. ボーナスやプロモーション
    ボーナスやプロモーションの内容も確認する価値があるでしょう。これらのオファーは個々のサイトによって異なるので、あなたが頻繁に使え、有益だと思うオファーを提供しているサイトを探しましょう。
    また、早期ペイアウトやオッズブーストなどのさまざまなレギュラー(常時提供)オファーが用意されているブックメーカーも多くあります。
    5. 統計ツール
    チーム/試合の統計を確認できるサイトも多くあります。
    統計ツールは、ホームページの下部や、各試合の「スタッツ」やアイコン表示からアクセスできます。
    クリックすれば、過去の試合結果や選手の統計を見ることができます。

    ブックメーカーでサッカー賭けを楽しむ前に

    各ブックメーカーにはそれぞれ個性があり、個人のニーズによって評価は変わります。

    勝者予想で主に賭ける方なら多くのマーケットは必要なく、オッズや機能重視になるでしょう。

    また、細かな予想をしたい方なら、マーケットの種類が重視されます。

    マーケット数は少ないけれど取り扱う試合が多いサイトや、ライブベットが好きな方ならライブベットの豊富さが重要になります。

    ブックメーカーでサッカーの賭けを始める前に以下の注意点とアドバイスを読んで、サッカーベットに役立ててください。

    複数のブックメーカーを使い分ける

    ブックメーカーごとの強みと弱みを理解し、うまく使い分けることが重要です。

    例えば、ブックメーカーA社は取り扱い試合が多いけれどオッズが低め、B社はマーケット数は少ないけれどマイナー試合でもベットが可能、C社はオッズは高いけれどオファーが少ない(良くも悪くも)、など特徴はさまざま。

    まずは複数のブックメーカーに登録してみて、オッズ、マーケット、キャンペーンなどそれぞれの長所を活かして使ってみましょう。

    ブックメーカーに何社か登録しておくと、各サイトからキャンペーンメールが届くため、お得なボーナスのみを選りすぐり活用することもできます。

    ブックメーカーで賭ける際、オッズはあくまで目安として捉え、各自で戦略を立てることも忘れないでください。

    ボーナスやマーケット、オッズなどを見比べてみて、気に入ったブックメーカーを見つけてください。

    オッズを比較する習慣を身につける

    オッズは、ブックメーカーごとに若干異なります。

    管理する手間がかかるため、初心者ベッターは1つのブックメーカーのみでプレイしがちですが、オッズの差は配当金に大きく関わる要素。

    試合やマーケットによっても各オッズに差があるため、3〜5社ほどのブックメーカーを参照し、オッズ比較をする癖をつけましょう。

    ベット前のひと手間で、勝利金の増大が図れます。

     “低いオッズ=勝つ” とは限らない

    ブックメーカーでは、オッズが低いチームの勝率が高いと思われがちです。しかし、短絡的に低いオッズ=勝つと想定してベットを進めるのは少々危険です。

    オッズは、統計データとファンの傾向等に基づいているにすぎません。

    過去の両チームによる対戦が少ない場合は十分なデータがなく、アンダードッグが勝利するという結果もよくあります。

    現在のチームワークがよく、「勢い」のあるチームも存在します。

    オッズが高い方に賭けが集中した場合、その後のオッズ調整でオッズが同等になる場合もありますが、チームの強さが増したわけではありません。

    十分に分析し、自分自身の予想を信じて賭ける、これがサッカーベットの楽しさです。

    FAQ

    ブックメーカー サッカーに関するよくある質問と答えを以下にまとめています。

    ブックメーカーでのサッカーの賭け方はどのようにすれば良いですか?

    ブックメーカーでサッカーにおすすめのサイトはどれですか?

    ブックメーカーでサッカーに無料で賭けられますか?

    ブックメーカーのおすすめはどれですか?

    ブックメーカーでサッカーにハンデで賭ける方法は?

    サッカー ベットは違法ですか?

    サッカー 賭け ブックメーカーはどれですか?

    海外サッカーに賭けるのに最適なブックメーカーはどれですか?

    Ryoichi Ueda
    ed

    上田 亮一 1985年 東京生まれ。スポーツベッティング専門家。2011年に渡英し、老舗ブックメーカー企業で日本地域を担当。2018年よりキプロス在住。長年のベッティング業界での経験と知見を活かして、現在、業界紙や関連メ...