イギリスのブックメーカー 2024

このページでは、日本から利用できるイギリスのブックメーカーを厳選しています。下記のガイドを参考に、自分に適した英国ブックメーカーを見つけてください。

イギリスのブックメーカー ランキング

Sort By
  • All
  • Crypto
  • Telegram
11/04/24

100%最大10,000円

100%最大10,000円

  • 優れたスポーツブックの機能性と実用性
  • 市場で最高のライブ配信とキャッシュアウト機能
  • 優秀なベッティングアプリを完備
9.5
5 Stars
NO CODE REQUIRED
ボーナスをゲット
0
11/04/24

100%最大$100ボーナス

100%最大$100ボーナス

  • シームレスなスポーツベット体験を実現
  • 使い勝手の良いベッティングアプリを完備
  • フリーベットクラブ特典を提供
9
4.5 Stars
NO CODE REQUIRED
ボーナスをゲット
0
11/04/24

100%最大$100フリーベット

100%最大$100フリーベット

  • 日本で最も実績のあるイギリスのブックメーカー
  • 日本のスポーツベットに最適な仕様
  • 多彩な日本限定プロモーションを提供
9
4.5 Stars
NO CODE REQUIRED
ボーナスをゲット
0
11/04/24

ベット€5ゲット€20
+オッズ強化

ベット€5ゲット€20
+オッズ強化

  • ユニークなベッティングエクスチェンジを提供
  • 競馬やサッカーのオファーが豊富
  • 最高オッズ保証を提供
8.5
4 Stars
NO CODE REQUIRED
ボーナスをゲット
0
11/04/24

100%最大€200

100%最大€200

  • 競馬・サッカー専用プロモーション多数
  • オッズ強化オファーが豊富
  • 優れたライブオッズの選択肢
8.5
4 Stars
NO CODE REQUIRED
ボーナスをゲット
0
Show More Offers+

ブックメーカー イギリス 人気トップ5

ブックメーカー イギリス ブランドの人気トップ5こちら:

  1. Bet365 – 世界最大規模を誇るイギリス発のブックメーカー;日本で人気のスポーツ&カジノゲームを網羅
  2. Betway – 堅実なサービスが人気の英国大手ブックメーカー: 日本語アプリで全機能を利用可能
  3. William Hill – 1934年創業の老舗イギリスブックメーカー:圧倒的な知名度とマーケット数が魅力  
  4. Betfair – 業界初のエクスチェンジ機能搭載のイギリスブックメーカー: プレイヤー同士でオッズ取引が可能
  5. 888Sport – 大手888グループが運営する人気英国ブックメーカー: 毎日もらえるフリーベットを配布

イギリスは「ブックメーカー発祥の地」として、スポーツベッティング界を牽引してきたパイオニアです。

日本から利用できるイギリスブックメーカーの数も年々増えており、選択肢の幅が広がっています。

ブックメーカー イギリス おすすめ 5選

日本人向けのブックメーカー イギリスのおすすめブランド5選を以下にピックアップしました。

当サイトに掲載されているブックメーカーは全て、規制当局の運営ライセンスを取得し、日本へのサービスを提供しています。

1.Bet365

イギリス ブックメーカー 日本から

Bet365は、世界最大級のイギリス発ブックメーカー。2000年のローンチ以来、その使いやすさと品揃えから人気は鰻登り。現在、全世界ユーザー数は1,900万人を突破しました。

完全日本語対応のサイトデザインとカスタマーサポート、大相撲やRIZINまで網羅するラインナップが日本人ベッターの心を鷲掴み。入金にクレジットカードなども選択できますが、システム拒否の可能性が高く、ペイズの開設が必要なのが弱点です。

長所

  • 最大級のスポーツベット&カジノの取扱数
  • 初心者も使いやすいサイト設計
  • 試合のライブストリーミング視聴が可能
  • 大相撲やRIZINもオッズ対象
  • 日本語対応・サポート体制が万全
  • アプリを提供

短所

  • 入出金にはペイズ(Payz)のみ推奨
  • 出金手数料が無料なのは1ヶ月に1回まで

2.Betway

イギリス 賭け ブックメーカー

Betwayは、イギリスで15年以上の運営実績を誇る老舗ブックメーカーの一つ。2022年より本格的な日本語対応がスタートしたため比較的新しいブッキーと思われがち。しかしながら、名だたるスポーツチームのスポンサーを歴任、ニューヨーク証券取引所に上場するなど、すでに欧米圏では高い評価を得ています。

キャッシュアウトやライブ配信機能を完備しており、モバイスアプリにも対応。入金には、クレジットカードや銀行振込、Eウォレットを利用できるため、安心感があります。

長所

  • 日本語対応・サポート体制が万全
  • 試合のライブストリーミング視聴が可能
  • キャッシュアウト機能を搭載
  • 公式アプリを提供
  • スポーツ界のスポンサー実績多数

短所

  • 仮想通貨決済は非対応
  • 相撲やRIZINのオッズは取り扱われていない
  • サイトの一部が日本語に対応していない

3.ウィリアムヒル

イギリス ギャンブル ブックメーカー

ウィリアムヒルの創業は1934年にまで遡り、イギリスでも圧倒的な歴史と伝統を誇る老舗ブックメーカーです。ロンドン株式市場に上場経験があり、運営の透明性やサポート体制は折り紙つき。

William Hillのサイト・サポートは完全日本語対応しているほか、日本円での入金も可能です。Jリーグやプロ野球など、日本人好みのスポーツが優先的にトップページに表示される仕様も好評を博しています。

長所

  • 圧倒的な知名度を誇る
  • 日本のスポーツのオッズが豊富
  • ライブストリーミング視聴が可能
  • ベッティングアプリを完備
  • 日本語サポート・日本円に対応

短所

  • 入金方法が少ない
  • サイトの読み込みがやや遅い

4.Betfair

ブックメーカー イギリス 日本から

Betfairは、世界初となる「ベッティングエクスチェンジ」機能を搭載したイギリスの人気ブックメーカー。株取引のように、ベッター同士がオッズを売り買いできます。ブックメーカーというよりも、オッズ取引所としての利用者が多い印象。

2006年にソフトバンクが出資するなど日本市場に本格的に進出するかのように思われましたが、未だ日本語対応には至っていません。英語での利用に慣れており、高度なべッティングオプションを試してみたいベテランパンターにおすすめです。

長所

  • 世界初のベッティングエクスチェンジ機能を搭載
  • オッズが高め
  • 試合中のライブベットが可能
  • 賭け方の幅が広い

短所

  • 公式サイト・サポートは英語のみ
  • エクスチェンジ勝利金に2〜5%の手数料が徴収される
  • エクスチェンジ利用時のボラティリティが発生する

5.888スポーツ

イギリス ブックメーカー ワールドカップ

888Sportは、日本語未対応のため知名度はさほど高くないものの、イギリス本国では15年以上の実績を持つ大手ブックメーカー。サイトの動作スピードが速く、ストレスフリーなベッティングが可能です。

25以上のスポーツを取り扱っており、政治や時事問題などユニークな賭けも提供。日替わりフリーベットなどのプロモーションも充実しているので、本場イギリスブックメーカに挑戦したいパンターにおすすめ。

長所

  • 主要な競技およびイベントを網羅
  • オッズ強化などのキャンペーンが豊富
  • 広範なオッズマーケットを提供
  • ライブストリーミング視聴が可能

短所

  • サイトは英語のみ
  • サイトデザインがやや使いづらい
  • サポートが24時間体制ではない

イギリスのブックメーカーとは 

イギリスのブックメーカーとは、伝統的に英国を拠点としたブックメーカーを指します。

イギリス ブックメーカー

イギリスは「ブックメーカー発祥の地」として、300年近い歴史とノウハウ、世界で最も成熟したスポーツベッティング市場を有しています。

現在でも、世界中に1万以上存在するといわれているブックメーカーの大半がイギリスに本拠地を構えるブランドです。

スポーツの観点から見ても、イギリスは競馬やサッカーの本場であり、広範なオッズとベッティングオプションが用意されています。

英国ブックメーカーの特色

英国ブックメーカーには、主に次のような特色があります。:

  • 高いレベルの法制化に成功
  • 厳格なライセンス制度の導入
  • 最先端のテクノロジーを採用
  • 有名スポーツクラブのスポンサー実績

それぞれの項目について、以下詳しくまとめました。:

高いレベルの法制化に成功

イギリスは、先進国の中でオンラインギャンブルに関する法整備が最も早く、2005年より政府認可を受けたブックメーカーの運営が、合法的に可能になりました。

海外からのアクセスや税率など、インターネット社会特有の課題にも迅速に対応しており、高度なレベルで法制化を実現しています。

そのため、イギリスのブックメーカーは法の遵守と運営の透明性を兼ね備えているのです。

厳格なライセンス制度の導入

イギリスのブックメーカーは、世界一厳しいとの呼び声も高い英国賭博委員会(UK gambling Committee)の審査をクリアしなければなりません。

このライセンスには、ブックメーカーの法令遵守およびプレイヤー保護の要件が含まれており、健全な運営を保証しています。

最先端のテクノロジーを採用

イギリスのブックメーカーの多くは、通常のスポーツベッティングに加え、ライブストリーミング視聴などの最先端機能を搭載しています。

また、このようなテクノロジーはプレイヤー保護の取り組みにも役立てられているのが特徴です。

過度なベッティングを防止するための、自己制御機能やアクセス制限などのツールが導入されています。

有名スポーツクラブのスポンサー実績

イギリスのブックメーカーの多くが、サッカーや競馬など、世界有数のスポーツクラブ・大会のスポンサーを務めています。

英国プレミアリーグにおける、過去実績の一部は以下の通りです。:

  • リヴァプール(Betfair)
  • トッテナム(William Hill)
  • リーズ(bet365)
  • ウエストハム(Betway)

クラブのスポンサーに就任するためには、契約金はもちろんのこと、企業としての透明性や信頼性も十分に考慮されます。

ブックメーカーがスポンサーとしてスポーツ界でも活躍していることから、イギリスにおける信頼の高さが窺い知れるでしょう。

英国ブックメーカーのメリット・デメリット

一般的な欧州ブックメーカーと比較して、英国ブックメーカーならではのメリットとデメリットをまとめました。:

メリットpros

  • 業界一の歴史と実績
  • オッズの競争力が高め
  • 法律に準拠した透明性の高い運営体制
  • 個性的な賭けを提供
  • 競馬を取り扱っている
  • 有名スポーツクラブのスポンサーを務める信頼性

デメリットcons

  • 対応している入金方法が少ない
  • 一部日本語化されていないブックメーカーも存在する
  • 日本語カスタマーサポートが少ない
  • スポーツベッティング以外の機能はあまり充実していない

イギリスのブックメーカーのルーツと強み

ブックメーカー イギリス

ヨーロッパを中心に発展を遂げてきたブックメーカーですが、その歴史は18世紀イギリスにさかのぼります。

もともとは、イギリスの競馬場でウィリアム・オクデンなる人物が、出走馬にオッズにつけたのが始まりです。

当時紳士の嗜みとされていた競馬に「賭け」の要素を取り入れたことで反対する声もあったようですが、徐々に参加者が増え、1960年にはイギリス政府公認となりました。

「ブッキー」という愛称で親しまれ、イギリス全土、さらにヨーロッパ全土にもブックメーカーが波及していきます。

かつてのイギリスでは、実店舗型のブックメーカーが主流だったものの、インターネットの登場によって、次第にオンラインブックメーカーの需要が高まり、現在の様相となりました。

英国ブッキーと競馬

イギリスにおけるブックメーカーの歴史は、競馬の発展と強く結びついています。

イギリスは「近代競馬発祥の地」として、16世紀から競馬が広く嗜まれてきました。19世紀には馬券が発行され始め、この中心を担ったのが英国ブッキーです。

現在でも、イギリスで開催される下記の名門レースなどでは、ベッターに幅広い賭けを提供しています。:

  • エプソムダービー(Epsom Derby)
  • グランドナショナル(Grand National)
  • アスコットゴールドカップ(Ascot Gold Cup)

英国ブッキーとサッカー賭け

サッカーは、イギリスで最も人気のあるスポーツです。プレミアリーグやFAカップなど、世界中のサッカーファンが注目する試合は枚挙にいとまがありません。

英国ブッキーは、サッカー関連のイベントやべッティングオプションを多数提供しています。

サッカーの本場で培った豊富な経験とデータ分析によって、英国ブックメーカーは専用のマーケット・オッズを構築できるのです。

また、プレミアリーグなど積極的にブックメーカーをスポンサーに起用するクラブも多く、いかにサッカー界からの信頼が厚いかを窺い知ることができます。

イギリスに根付く「賭け」文化

ブックメーカーや「賭け」の文化は、イギリスの人々の生活に深く根付いています。

その証に、英国ブッキーではスポーツ以外の一風変わった面白い賭けも多数。「ノベルティベッティング(Novelty Betting)」などと呼ばれ、日常のあらゆる事柄が賭けの対象になっています。

以下は過去に英国ブックメーカーで開催された、ユニークなベッティングの一例です。:

  • 次のジェームズ・ボンド役は誰か?
  • アカデミー賞は誰の手に?
  • ロイヤルファミリー王女の名前は?
  • 新しいアメリカ大統領は誰か?

イギリスらしく王室関連の賭けから、政治、映画、時事ニュースまで、幅広いオプションを提供しています。

このような遊び心とエンターテイメント性も英国ブッキーの魅力の一つ。

主要な英国ブックメーカー・運営企業

現代のスポーツベッティング界をリードする、代表的な英国ブックメーカー運営企業には、以下が含まれます。:

  • Flutter Entertainment
  • Entain PLC
  • Bet365 Group Ltd
  • Betfred
  • 888 Holdings

各社の特徴や運営するブックメーカーを詳しくまとめました。:

Flutter Entertainment

設立 2021年
本拠地 アイルランド(ダブリン)
ブランド Paddy Power、Betfair、PokerStars、FanDuel、Sky Betting & Gaming
スポンサー実績
  • ウェストハム・ユナイテッドFC
  • リヴァプールFC
  • フラム
  • トッテナム

Flutter Entertainment社は、スポーツベッティングやオンラインカジノをグローバル展開する業界最大手。ロンドンおよびニューヨーク株式市場上場企業です。

2015年に英国のBetfairとアイルランドのPaddy Powerの合併を経て、Sky Betting & GamingやFanDuelも傘下に保有しています。

残念ながら日本からPaddy Powerへのアクセスは制限されており、現在は利用できません。

Entain PLC

設立 2004年
本拠地 イギリス(ロンドン)
ブランド Coral、Ladbrokes、bwin など
スポンサー実績
  • コーラル・エクリプスデー
  • セルティックFC
  • フラム

Entain PLCは、イギリスブックメーカー御三家にも数えられる「Coral Eurobet」と「Ladbrokes」の合併により誕生した、英国老舗大手です。

スポーツベッティングやカジノゲームなど、多岐にわたるギャンブルサービスを提供しています。

ただし、両サイトともアクセス制限が厳しく、下記の国・地域からのみ登録が可能なので注意しましょう。

  • イギリス
  • ジブラルタル
  • ジャージー
  • アイルランド

毎年7月に開催される競馬レース『コーラル・エクリプス』ではスポンサーを務め、過去には英国フットボール協会(FA)とパートナーシップを締結するなど、スポーツ界で確固たる地位を築いています。

Bet365 Group Ltd

設立 1974年
本拠地 イギリス(スタッフォードシャー)
ブランド Bet365
スポンサー実績
  • ストーク・シティFC
  • アストン・ビラ
  • ミドルズブラ

など

Bet365は、世界200カ国以上で展開する世界最大規模のブックメーカーを運営しています。2021年より、いち早くオンライン事業に参入し、頭角を表しました。

使いやすいサイトデザインと機能性から、世界中のベッターから熱い支持を受けています。

もちろん日本からの登録も可能で、日本人ベッターに人気の大相撲やRIZINも網羅。

本国では長年、地元サッカークラブのスポンサーを務め、ホームスタジアムは『Bet365スタジアム』と名付けられるほどです。

Betfred

設立 1967年
本拠地 イギリス(サルフォード)、ジブラルタル
ブランド Betfred
スポンサー実績
  • 英ダービー(G1)
  • 英オークス(G1)

Betfredは、1967年に設立された歴史ある英国ブッキーです。スポーツベッティングはもちろん、オンラインカジノゲームも提供しています。

同社は英国最大の競馬スポンサーの一つにも数えられ、過去にはチェルトナムゴールドカップなど、名だたるダービーを後援しました。

現在登録可能な国・地域は「イギリス」、「ジブラルタル」、「アイルランド」のみとなっており、日本からは利用できません。

888 Holdings

設立 1997年
本拠地 イギリス領ジブラルタル
ブランド 888、William Hill
スポンサー実績
  • チェルシーFC
  • リーズ
  • ニューキャッスル・ユナイテッド

など

888 Holdingsはもともと、主にカジノを取り扱うオンラインゲーミング企業でした。

2021年に、半世紀以上もの歴史を持つ英国最大手ブックメーカー「ウィリアムヒル(William Hil)」を買収。

この統合により、さらに幅広いギャンブルサービスを提供できるようになりました。

ウィリアムヒルのサイトおよびカスタマーサポートは完全日本語対応しており、初心者でも安心して利用できます。

過去には、イングランドプレミアリーグの有名クラブのスポンサーを歴任しており、信頼性も抜群です。

イギリスのブックメーカーを日本から使う

イギリスのブックメーカーを日本から使う方法は、以下を参考にしてください。

使い方は、標準のブックメーカーと同様になります。:

1. 自分に合ったブックメーカーを選ぶ

当ページを参照しながら、自分のベッティングスタイルや好みのマーケットに合ったブックメーカーを選択します。

2. 会員登録する

ブックメーカーの公式サイトから、「登録」ボタンを押し、必要項目を入力しましょう。

3. 入金する

アカウントにログインしたら、「入金」ページから決済方法を選択し、入金しましょう。

英国ブックメーカー

※入金方法が限られる英国ブックメーカーも存在するため、事前に対応している決済手段を確認してください。

4. ウェルカムボーナスを受け取る

新規登録者限定のウェルカムボーナスをもらいましょう。

ブックメーカー 英国

多くの英国ブッキーでは、入金額に応じたボーナスを配布しています。

5. スポーツベットを開始する

入金が完了したら、早速スポーツベットを始めましょう。

ブックメーカー イギリス 日本

賭けたい競技・試合・オッズを選択し、ベット額を入力してください。

英国ブックメーカー ボーナス

英国ブックメーカー ボーナスのうち、代表的なものとして以下が挙げられます。:

  • フリーベット
  • オッズ強化
  • 返金(マネーバック)
  • Acca保険・ボーナス
  • Bet10Get30

ベテランパンター人口の多いイギリスでは、ブックメーカー同士の競争も激しいため、各社趣向を凝らしたオファーや実用的なボーナスを提供しています。

それぞれの特徴を詳しく解説します。:

フリーベット

フリーベットとは、スポーツベッティングで使用できる無料クーポンのようなものです。

ベット額の代わりとして使えるため、負けても実質的な損失がなく、勝った場合は賭け条件なしで勝利金を出金できます。

複雑なルールがないため英国ブッキーでも人気が高く、主にウェルカムボーナスなどで配布されます。

オッズ強化

オッズ強化はその名のとおり、特定の賭けにおいて、通常よりも高いオッズが適用されるオファーです。

強化率はブックメーカーによって異なりますが、最大で2倍程度に設定されています。

一般的に、オッズ強化は指定された試合や時間帯のみに利用可能です。

なかには、1日1回までオッズ強化できる英国ブックメーカーもあるため、ぜひ活用しましょう。

返金(マネーバック)

「マネーバック」、「キャッシュバック」とも呼ばれ、賭けが外れてしまった際に、ベット額の一部もしくは全額が返金されるプロモーションです。

ただし、返金対象になるのはブックメーカー側が指定した入金方法・試合結果のみなど、条件が設けられている場合はほとんどなので、事前に確認しましょう。

ウィリアムヒルなどで頻繁に利用できるオファーです。

Acca保険・ボーナス

Acca(アキュムレータ)保険やボーナスは、複数の賭けを組み合わせ、全てが的中した場合にのみ利益が出る「アキュムレーターベット」を対象にしています。

アキュムレーターベットが外れると、一部または全額が返金されたり、特別ボーナスが提供されたりする仕組みです。

Bet365などが、積極的にアキュムレーターボーナスを提供しています。

Bet10 Get30

ベット10 ゲット30(Bet10 Get10)は、イギリスのブックメーカーの定番ボーナスのひとつです。

初回の賭けで£10をベットすると、追加で£30のブリーベットボーナスを獲得できます。

英国では新規登録者向けの一般的なオファーと考えられており、ボーナス額が低いものの賭け条件も緩いのが特徴。

イギリスのブックメーカー の選び方

日本のユーザーがイギリスのブックメーカーを比較する際に、考慮すべきポイントを以下にまとめています。:

選び方・比較ポイント

① オッズ
英国ブックメーカーを選ぶ際には、オッズの確認を忘れずに。

ブックメーカーによって、得意なスポーツ分野も異なります。

常に3〜5つのブックメーカーを比較するのがおすすめです。

統計ツールやオッズ比較機能などを使用して、競争力のあるオッズを見極めましょう。

② マーケットの多様性
賭けられるマーケットの数も、事前にチェックしてください。

スポーツの取扱数に加え、1X2、ハンディキャップ、システムベットなど、対応している賭け方の種類も有用な比較ポイントです。

より奥深いスポーツベットを楽しむためにも、マーケットの多様性にも注目しましょう。

③ ベッティングの機能性
イギリスのブックメーカーの一部は、「ライブベッティング」、「キャッシュアウト」、「ストリーミング視聴」などの各種機能を搭載しています。:
  1. ライブベッティング:レースや試合の進行中に賭けに参加できる
  2. キャッシュアウト:試合結果が出る前に賭けをキャンセルできる
  3. ストリーミング:試合やレースをリアルタイムでライブ視聴可能

ブックメーカーの使い方や楽しみ方の幅が広がるため、対応機能を確認しておきましょう。

④ サイトやアプリの使い勝手
ウェブサイトやモバイルアプリの操作性は、快適なギャンブル体験に欠かせません。

UI/UXデザインやナビゲーションの充実度、動作スピードなどを確認し、自分にとって使いやすいブランドを選びましょう。

⑤ ボーナスやキャンペーン
英国ブックメーカー選びにおいて、ウェルカムボーナスや定期キャンペーンは重要な要素です。

ボーナスの金額だけでなく、賭け条件や利用規約など、長期的な視点で吟味しましょう。

オッズ強化や保険機能が付随しているブックメーカーがおすすめです。

イギリスのブックメーカーに登録する際は、上記のポイントを参考にしながら比較検討してみましょう。

オッズやボーナスは利用する英国ブックメーカーによって差があるため、複数のアカウントを開設しておき、イベントごとに使い分けるのも効果的です。

英国ブックメーカーを利用する前に

300年近い歴史に裏打ち信頼性と実績が魅力の英国ブックメーカーですが、利用にはいくつか気をつけるべき事項があります。

以下のポイントに注意しながら、自らの身を守り、健全なスポーツベッティングを楽しんでください。:

ライセンス確認を怠らない

数多のブックメーカーが群雄割拠する英国市場だからこそ、なかには安全性が不十分なブックメーカーも存在します。

イギリスのブックメーカーを利用する際には、必ず英国賭博委員会(UK gambling Committee)発行のライセンスの有無は必ず確認してください。

規制強化のリスクを理解する

厳しい法規制のもと、世界的にも高水準の健全な運営を誇る英国ブックメーカー。

しかしながら、サイバー攻撃の危険性や金融システムの変革に伴い、今後さらなる規制強化が実施されるリスクもあります。

現に一部の英国ブックメーカーでは、日本からのアクセスや登録を禁止しているほか、対応している入金方法も減少傾向にあります。

イギリスのブックメーカーにとって、最優先事項は安全性と透明性の高い運営体制です。

日本からの利用要件にも将来的に変更が加えられる可能性について留意しておきましょう。

ギャンブル依存の危険性

スポーツベッティングは、他のキャンブルと同様、中毒性があります。

キャンブル依存症のリスクには、十分注意しましょう。

英国ブックメーカーを利用する際には、過度なベッティングや長時間のプレイなど、自身のギャンブル行動を注意深くモニタリングしてください。

一部のイギリスブックメーカーは、自らアクセス制限をかけられるプレイヤー保護機能を搭載しています。

ギャンブル依存を自覚したら、直ちに利用停止を申請し、自己排除して下さい。

FAQ

イギリスのブックメーカーに関するよくある質問と答えを以下にまとめています。

 

イギリスのブックメーカーとはなんですか?

イギリスのブックメーカーは日本から利用できますか?

世界最大の英国ブックメーカーはどこですか?

イギリスのブックメーカーでWBCに賭けられるのはどこですか?

イギリス ブックメーカー 共通コードの換金依頼が来たのですが、これは何ですか?

イギリスのブックメーカー ギャンブルの歴史は長いですか?

Ryoichi Ueda
ed

上田 亮一 1985年 東京生まれ。スポーツベッティング専門家。2011年に渡英し、老舗ブックメーカー企業で日本地域を担当。2018年よりキプロス在住。長年のベッティング業界での経験と知見を活かして、現在、業界紙や関連メ...