ChatGPTの競合になる生成AIツールおすすめ12選【2024年最新】

信頼の理由
要約まとめ

生成AIは高性能チャットボットを作成する上で不可欠なツールであり、米OpenAI社のChatGPTが最も人気です。ChatGPTは高いデータ処理能力を誇り、ユーザーのプロンプトに対し、人間のコミュニケーションを模倣した高精度な回答をしてくれます。そんなChatGPTの競合企業一覧を紹介します。

2022年11月にChatGPTが登場し、新たなテクノロジー革命が起きました。人工知能(AI)を搭載したチャットボットとして登場したChatGPTは、テキストの生成でユーザーの問い合わせに回答するだけでなく、記事やコンテンツ、コードなど多種多様なものを生成することができます。

ChatGPTが登場して以降、AIを搭載した自然言語処理(NLP)ツールが次々と登場し、大規模言語モデル(LLM)の競争はますます激しくなっています。本記事では、ChatGPTの競合となるAIツールについて紹介していきます。今後注目されるAIツールを知りたい人は、ぜひ本記事をご覧ください。

ChatGPTとは?

ChatGPTは2022年11月にサービスを開始したAIチャットボットで、マイクロソフトが投資するOpenAI社が開発しました。使用されている言語モデルは、GPT(generative pre-trained transformer)です。ChatGPTはGPT-3.5およびGPT-4シリーズの大規模言語モデル(LLM)をベースにしており、Bing検索エンジンを介してインターネット検索もできます。

ChatGPTは教師あり学習と強化学習モデルを用いて学習しています。InstructGPTの兄弟モデルでもあり、ユーザの入力を詳細に追跡し、迅速に回答するように訓練されている点も特徴です。言語モデルGPTは大量のデータを正確に処理し、まるで人間のようにユーザーと高度なやり取りをすることができます。

OpenAI社は現在、次世代の言語モデルGPT-5を開発しています。今後、ChatGPTの能力が飛躍的に進化すると期待されています。

2024年のChatGPT:主要市場データ

  • OpenAI社のCEOサム・アルトマンがの初の開発者会議で発表しましたが、ChatGPTの月間ユーザー数は1億8050万人を超え、週間アクティブユーザー数は1億人以上を誇っています。
  • ChatGPTはローンチからわずか5日で、100万ユーザーという驚くべき実績を残しました。
  • フォーチュン500社の80%以上がChatGPTを業務に取り入れています。
  • ChatGPTを開発しているOpenAI社は、2024年までに10億ドルの収益を見込んでいます。

生成AIとChatGPTの競争

生成AIとは、ユーザーからのプロンプトに対して、学習データに基づくテキストや画像、動画などのコンテンツを生成できる人工知能(AI)の一種です。特に、ChatGPTはテキストベースの生成AIツールとして有名です。

生成AIを使うメリットの1つは、少ないリソースでコンテンツを生成できることです。生成AIツールは著作権で保護された学習データを使用し、人間の仕事を自動化することができます。AIチャットボット市場において、生成AIは新たなゲーム・チェンジャーとなるでしょう。なぜなら、AIモデルはWeb上の利用可能なあらゆるデータから学習しているためです。

生成AIの最も有名なのはChatGPTですが、GoogleやMeta、Anthropic、Amazonに至るまで、様々な競合会社が大規模言語モデル(LLM)、ディープラーニング、ファインチューニング等の技術を駆使して市場での優位性を確立しています。

Bloomberg Intelligenceのレポートによると、生成AI市場は今後も拡大し、2032年までに1兆3000億ドル規模に成長する見通しです。この市場拡大は、ChatGPTの新たな競合の出現を後押しすると予想されています。

また、マッキンゼーのデータによると、生成AIツールのビジネス機能として最も多く報告されているのは、マーケティング・営業、製品・サービス開発、カスタマーケア、そしてバックオフィス・サポートなどのサービス業務となっています。
McKinsey's Generative AI market analysis

ChatGPTの主な競合は?

人工知能(AI)に使われる大規模言語モデル(LLM)には、ChatGPT以外にも有望な競合が数多く存在しています。以下では、ChatGPTを代替する競合ツール・サービスを一つずつ紹介していきます。

ChatGPTの競合AIおすすめ12選

12. GitHub CoPilot(ギットハブ・コパイロット)

GitHub Copilot(ギットハブ・コパイロット)は、ソフトウェア開発者がCodex LLMを使ってコードを作成するのを支援するAI駆動のコーディングアシスタントです。GitHub Copilotは、ユーザーが入力している際に、コードと構文の自動補完候補が提示されるように設計されています。GitHub Copilotは、ChatGPTとは異なり、開発者がより速くコードを作成できるように特別に設計されています。

11. Jasper AI(ジェスパー・エーアイ)

Jasper(ジェスパー・エーアイ)は、GPT-3.5を基にマーケティング・コンテンツを作成するために設計されたAIアシスタントです。Jasperを使用すると、ユーザーはデザインルールや製品カタログ、Webサイトのようなリソースをスキャンし、チャットボットに組織におけるブランドのトーンや価値観を理解させることができます。

Jasperには、音声を中心としたマーケティング・コンテンツを作成する機能があり、ChatGPTの汎用テキスト生成とは一線を画しています。

10. Amazonの新しい言語モデル

Amazonは、生成AI市場を大きく動かす大企業の一つです。2024年初頭、GPT-3.5よりも大幅に効率的と言われているマルチモーダルな思考連鎖型のLLMを提案しました。

マルチモーダルな科学トピックやそれに対応する注釈付き回答を提供する新たな大規模ベンチマークとして知られるScienceQAでは、Amazonの新しい言語モデルはGPT3.5を16ポイント(75.17%)上回りました。これは、AmazonのLLMが複雑な推論をより効率的に処理できることを示しています。

9. Amazon CodeWhisperer(アマゾン・コードウィスパラー)

Amazon Codewhisperer(アマゾン・コードウィスパラー)も、開発者向けに特別に設計されたAIツールです。自然言語処理(NLP)と機械学習アルゴリズムを使ってコードをチェックし、リアルタイムで推奨コードを提供します。

ChatGPTの競合となるAmazon Codewhispererは、高水準の推奨コードを生成することによって開発者の生産性向上に役立ちます。なお、本稿執筆時点では、開発者はAmazon Codewhispererを無料で利用することができます。

8. Perplexity AI(パープレキシティ・エーアイ)

2022年8月にリリースされたPerplexity AI(パープレキシティ・エーアイ)は、GPT-3とGPT-4をベースにしたAIチャットボットで、検索エンジンのように機能し、インターネットの情報を介して、ユーザーの問い合わせに対応することができます。

Perplexity AIの特筆すべき機能は、ユーザーに提供する情報の出典も表示する点です。そのため、Perplexity AIはインターネット上の情報をリアルタイムで提供できるだけでなく、情報の透明性が高いことで知られています。

7. Stability AI(スタビリティ・エーアイ)

Stability AI(スタビリティ・エーアイ)は2019年に設立されたAIのスタートアップ企業で、提供モデルであるStable Diffusionによって大きな人気を得ています。Stable Diffusionは、ユーザーがテキストプロンプトをもとに詳細な画像を生成できる画像生成AIツールです。

Stability AIは他にもいくつかのマルチモーダルなサービスを提供しています。有名なものとしては、書かれたプロンプトを44.1KHzのステレオ音声に変換する音声生成ツール「Stable AI」や、無害な自然言語生成モデルとして知られる「Stable Beluga」などがあります。

6. Midjourney(ミッドジャーニー)

Midjourney(ミッドジャーニー)は、独自の機械学習モデルを開発したAIスタートアップ企業で、テキストプロンプトから画像を生成できる「Midjourney」を提供しています。同サービスはDiscordのチャットアプリからアクセスでき、高品質で高解像度の画像を作成し、ユーザーは自分のデバイスに直接ダウンロードすることができます。

5. AI21 Labs(エーアイ21ラボズ)

AI21 Labsはイスラエル・テルアビブに拠点を置くAIスタートアップ企業で、AI21 Studioと呼ばれるプラットフォームを提供しています。AI21 Studioを使えば、外部アプリケーションに自然言語生成、テキスト要約、言い換え機能を追加することができます。

4. Google Gemini(グーグル・ジェミニ)

ChatGPTの最大の競合相手となるのは、2023年3月にリリースされたAI駆動のチャットボット、Google Bardです。ChatGPTの競合であるGoogle Bardは、元々は対話アプリケーションの言語モデル(LAMDA)をベースに構築され、現在はGoogleの次世代LLMであるPaLM 2が使用されています。

BardとChatGPTの主な違いは、Bardが公開されているウェブ情報とGoogleのアプリやサービスから取得したデータを処理するのに対し、ChatGPTは独自の学習データセットとBingから取得した結果をミックスして使用することです。2024年2月8日、GoogleはBardチャットボットをGemini(ジェミニ)としてリブランディングし、有料のサブスクリプションプランを開始しました。

3. Microsoft Bing Chat(マイクロソフト・ビング・チャット)

LLM市場における重要な競合の一つは、2023年2月に発表されたMicrosoftの検索エンジンBingにAIを搭載したMicrosoft Bing Chatです。Microsoftの会長兼CEOであるサティア・ナデラ氏はリリース時に、”AIは、最大のソフトウェア・カテゴリーである検索を始め、あらゆるソフトウェアを根本から変えるだろう。”と述べました。

Bing ChatはLLMとしてGPT-4を使用しており、GPT-3.5をベースとするChatGPTよりも高性能です。本稿執筆時点では、Bing Chatの方が検索クエリへの回答が優れており、より関連性の高い結果を提供できます。

2. Meta Llama 2(メタ・ラマ2)

Llama 2(ラマ2)は、Metaによって作られたオープンソースの大規模言語モデルで、最大700億のパラメータをサポートし、初代Llamaよりも40%多いデータ量で学習されています。

Llama 2は、2023年7月時点の学習データを使用しており、Massive Multitask Language Understanding (MMLU)スコアリングシステムにおいて、GPT-3.5と同等のスコアを誇っています。このような高度な機能がありつつ、研究・商用利用が無料である点は、Llama 2の魅力の一つでしょう。

1. Claude(クロード)

Claude(クロード)はAnthrophic社によって開発された次世代AIアシスタントで、2022年12月までの学習データを基に、自然言語処理を用いて会話文を生成します。Claudeは、ChatGPTよりも会話的な形式で要約、検索、コンテンツ作成、そしてクリエイティブな文章作成ができます。

ChatGPTとの主な違いとしては、ユーザーがアップロードしたファイルも処理できること、各プロンプトに対してChatGPTが8000トークン(英語でGPT3.5を使用した場合)の文字数制限があるのに対し、Claudeは100000トークンまでサポートされており、多数の単語を生成することができます。

まとめ:ChatGPTやAIチャットボットの将来

今回紹介した生成AIツールは、人間の生活における様々な側面を変えていく力があります。現時点では、最も人気のあるAIチャットボットはChatGPTです。しかし、競合他社も新しい独自の機能や開発に取り組んでいます。

汎用的なチャットボットもあれば、特定のタスクをターゲットにしたチャットボットも存在します。AIチャットボットの将来について断言することはできませんが、近い将来、私たちの生活を大きく変えることは間違いないでしょう。

よくある質問

ChatGPTの競合他社は?

Googleが開始したChatGPTの競合サービスは?

ChatGPTの競合サービスとして最も有名なのは?

関連用語

カウシク・パル
Technology writer
カウシク・パル
テクノロジーライター

カウシクは、ソフトウェア分析、開発、アーキテクチャ、設計、テスト、トレーニングにおいて23年以上の経験を持つテクニカルアーキテクトおよびソフトウェアコンサルタントです。新しいテクノロジーやイノベーション分野に強い興味を持...