ビットコイン保有者トップ10:最も多くのBTCを所有するのは誰か?(2024)

信頼の理由

仮想通貨に詳しくない人でも、ビットコイン(BTC)の名前は聞いたことがあるかもしれません。

BTCは、中央管理者が存在しない非中央集権型の通貨です。一方で、巨額のBTCを所有する個人や組織が存在します。巨額のBTCを抱える投資家は、仮想通貨市場に大きな影響を与える力を持つため「クジラ」と呼ばれたりします。

誰がビットコインを最も多く持つ所有者なのか?そして、なぜ私たちは彼らに注目する必要があるのか?

本記事では、機関投資家、著名人、ビットコインを法定通貨として採用している国々など、大型のBTC所有者について詳しく見ていきます。

重要なポイント

  • 2024年はビットコインの時価総額が過去最大となり、BTCにとっての「当たり年」となる中、2024年3月時点の保有者トップ10を見てみます。
  • ビットコインの保有者トップは、依然として謎に包まれたビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」だと考えられており、多数のウォレットで約110万BTCを保有しトップに君臨しています。
  • 上位10位までの合計保有量は、ビットコイン総供給量の約5.5%に留まります。2位以下には、大手取引所や機関投資家、著名人などが名を連ねています。
  • バイナンスやビットフィネックスといった大手取引所も、膨大な量のBTCを保有しています。ユーザーから預かったBTCだけでなく、自社で運用するBTCも含まれます。
  • 有名人のビットコイン保有者には、米コインベースのCEOであるブライアン・アームストロング、マイクロストラテジーのCEOであるマイケル・セイラー、テクノロジー億万長者のティム・ドレイパー、ウィンクルボス・ツインズなどがいる。

ビットコインのクジラとは?

ビットコインの総供給量は約1950万BTC、最大供給量は2100万BTCと限られています。そのため、多くの投資家は誰が大量に所有しているのか、強い関心を持っています。

循環供給量と、総供給量・最大供給量との比較

仮想通貨クジラとは、特定の仮想通貨を最も多く所有する個人や組織を指します。市場に大きな影響を与える力を持つため、仮想通貨市場において重要な存在です。

SwissFortressのCEOであるアメール・ヴォホラ氏は、Techopediaに対して次のように語ってくれました。

“仮想通貨市場において、クジラは大きな影響力を持っています。彼らは特定の仮想通貨を大量に所有する個人や組織であり、その動向は市場全体の動きを左右する可能性があります。仮想通貨市場は、従来の金融市場に比べて取引量が少なく、流動性も低いという特徴があります。そのため、クジラのような大口投資家が市場に参入すると、価格に大きな影響を与える可能性があるのです。従来のウォレットは、公開アドレスという非プライベートな性質を持っているため、クジラの存在を把握することは比較的容易です。クジラの動向を分析することで、市場の方向性を推測することが可能になります。”

クジラは大量の売買注文を出すことで市場に影響を与え、価格変動を引き起こします。

クジラはビットコインの流動性にとっても重要な役割です。流動性とは、ビットコインを売買できる容易さを示し、価格の大幅な変動を抑える効果があります。

SolaceのCEO兼創設者であるニキータ・ブゾフ氏はこう付け加えました。

“市場の動きを理解するには、流動性とポジショニングを把握することが重要です。流動性を分析することで、市場参加者のセンチメント(心理状態)を測ったり、値動きを予測したり、大きな取引を事前に知ることができる。”

誰が最も多くのBTCを所有しているのか?

BTCのトップホルダーは誰なのでしょうか?

ビットコインの調査・分析会社リバー・インテリジェンスによると、2024年時点でBTC保有者のトップは、ビットコインの匿名の創設者であるサトシ・ナカモト氏です。

同社は、サトシ氏が約2万2000の異なるアドレスで約110万BTCを所有していると推定しています。

上位10人の保有量

イーサリアムに代表されるアルトコインとは異なり、ビットコインの場合、上位10人の保有者を合わせても、BTC供給量の5.5%しか所有していないことが分かっています。

上記の事実は、ビットコインの分散性が高いことを示しています。

取引所ウォレットの存在

一方、ビットコインの億万長者ウォレットを追跡するBitInfoChartsによると、上位10人のウォレットアドレスのうち、大部分がバイナンスやビットフィネックスなどの仮想通貨取引所に関連していることが分かっています。

2024年3月時点のビットコインウォレットトップ10

BitInfoChartsによると、2024年3月時点のビットコインウォレットトップ10は以下のとおりです。

1位:34xp4vRoCGJym3xR7yCVPFHoCNxv4Twseo

  • 残高:24万8597 BTC
  • 所有者:バイナンスに関連するウォレット
  • 価値:約169億ドル
  • 流通量全体の割合:約1.27%

2位:bc1qgdjqv0av3q56jvd82tkdjpy7gdp9ut8tlqmgrpmv24sq90ecnvqjwvw97

  • 残高:20万4010 BTC
  • 所有者:ビットフィネックスに関連するウォレット
  • 価値:約139億ドル
  • 流通量全体の割合:約1.1%

3位:bc1ql49ydapnjafl5t2cp9zqpjwe6pdgmxy98859v2

  • 残高:13万1945 BTC
  • 所有者:匿名
  • 価値:約90億ドル
  • 流通量全体の割合:約0.6%

4位:39884E3j6KZj82FK4vcCrkUvWYL5MQaS3v

  • 残高:11万5177 BTC
  • 所有者:バイナンスに関連するウォレット
  • 価値:約78億ドル
  • 流通量全体の割合:約0.58%

5位:bc1qazcm763858nkj2dj986etajv6wquslv8uxwczt

  • 残高:9万4643 BTC
  • 所有者:匿名
  • 価値:約64.5億ドル
  • 流通量全体の割合:約0.48%

6位:37XuVSEpWW4trkfmvWzegTHQt7BdktSKUs

  • 残高:9万4505 BTC
  • 所有者:匿名
  • 価値:約64億ドル
  • 流通量全体の割合:約0.48%

7位:1FeexV6bAHb8ybZjqQMjJrcCrHGW9sb6uF

  • 残高:7万9957 BTC
  • 所有者:匿名
  • 価値:約54億ドル
  • 流通量全体の割合:約0.4%

8位:bc1qa5wkgaew2dkv56kfvj49j0av5nml45x9ek9hz6

  • 残高:6万3370 BTC
  • 所有者:匿名
  • 価値:約43億ドル
  • 流通量全体の割合:約0.32%

9位:3LYJfcfHPXYJreMsASk2jkn69LWEYKzexb

  • 残高:6万8200 BTC
  • 所有者:バイナンスのBTCリザーブに関連するウォレット
  • 価値:約56億ドル
  • 流通量全体の割合:約0.34%

10位:bc1qjasf9z3h7w3jspkhtgatgpyvzpa2wwd2lr0eh5tx44reyn2k7sfc27a4

  • 残高:6万6465 BTC
  • 所有者:ステーブルコインプロバイダーTetherに関連するウォレット
  • 価値:約45億ドル
  • 流通量全体の割合:約0.33%

所有者情報の匿名性

ウォレットアドレスは公開されていますが、所有者の名前は匿名のままです。

所有者自身が自発的に開示しない限り、誰がどのウォレットアドレスを所有しているのかを知ることはできません。そのため、正確な所有者を特定することは困難と言えます。

BTCクジラの殿堂の上位リーグ

BTCクジラの殿堂には、以下のような著名な投資家たちが名を連ねています。

  • ブライアン・アームストロング:コインベースCEO
  • マイケル・セイラー:起業家、MicroStrategy CEO。少なくとも1万7000BTCを個人で所有し、MicroStrategyは約19万3000BTCを所有
  • チャンポン・ジャオ:バイナンスCEO
  • ティム・ドレイパー:テック億万長者。シルクロードの闇市場から押収された3万BTCを格安で購入
  • ウィンクルボス・ツインズ:Facebook創設者。2012年から2013年にかけてBTCに大きく投資

リバー・インテリジェンスによると、ビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモト氏が最大のBTC保有者と推定されています。

サトシ・ナカモト氏は「いくつかのテスト取引」を除けば、BTC資産を一切使用していないと考えられています。

機関投資家によるBTCの蓄積

長年にわたり、企業、金融機関、オルタナティブ投資ファンドなど、様々な機関投資家がビットコインを主要な仮想通貨として認識し、保有量を増やしてきました。

2024年1月上旬、安定コイン発行会社であるTetherがビットコインの第10位保有者となりました。Tetherは仮想通貨取引所から8888.88BTCを引き出し、企業の仮想通貨ウォレットに安全に保管しました。

どの企業がビットコインに大きく投資しているのか気になる場合は、上場企業の財務諸表を確認できます。上場企業は、投資家への情報開示義務があるため、財務諸表にビットコインの保有量を記載しています。

2024年3月時点の上位企業

CoinGeckoがまとめたリストによると、2024年3月現在、上場企業の中でビットコインを保有している上位企業は以下のとおりです。

会社概要 ティッカー BTC保有 BTC価値
マイクロストラテジー MSTR 19万3000トークン ~ 130億ドル
マラソン・デジタル・ホールディングス MARA 1万5741トークン ~ 10億ドル
テスラ TSLA 9720トークン ~ 6億6200万ドル
米コインベース COIN 9000トークン ~ 6億1380万ドル
ギャラクシー・デジタル GLXY 8100トークン ~ 5億5100万ドル

 

有名人のビットコインオーナー

SwissFortressのアメール・ヴォホラ氏は、有名人が仮想通貨を保有することで、一般の人々にとってBTC資産の保有がより身近なものになると言います。ボタニカ・スクールのジニン氏は、有名人の投資が仮想通貨業界に「注目を集める貴重な役割」を果たし、「仮想通貨の普及と理解を促進する」と指摘します。

それでは、誰が最も多くのビットコインを所有しているのでしょうか?

データは所有を公表している人物に限られますが、2021年のCoinMarketCapの記事によると、有名人のBTC保有者トップ3は以下のとおりです。

  • イーロン・マスク
  • ジャック・ドーシー
  • マイク・タイソン

イーロン・マスク

テスラとスペースXのCEOであるイーロン・マスク氏は、ビットコイン採掘の環境への影響に異議を唱えていたにもかかわらず、2021年のB-Wordカンファレンスでビットコインの保有を明らかにしました。

BTCを長期的に保有する予定であると述べており、価格下落時には損失を覚悟しても売却せず、ビットコインの成功を願うと語っています。

ジャック・ドーシー

X(旧Twitter)の前CEOジャック・ドーシー氏も、BTCを保有していることで知られています。2019年2月6日に公開されたポスト(ツイート)で、ドーシーは「BTCしか持っていない」と述べています。

ジャック・ドーシー氏のデジタル決済会社Squareも2020年に5000万ドルをビットコインに投資しています。

マイク・タイソン

著名なボクサーであるマイク・タイソン氏は、2015年以来BTCを支持しています。

彼はBitcoin Directと提携し、ラスベガスでビットコインATMを開設するなど、仮想通貨への積極的な姿勢を見せています。

その他有名人

他にも、多くの有名人がBTCを保有していることを公表しています。

  • メイジー・ウィリアムズ:ゲーム・オブ・スローンズの女優
  • スヌープ・ドッグ:アメリカのヒップホップMC
  • カニエ・ウェスト:アメリカのラッパー

個人を超える:国家とビットコイン

ボタニカ・スクールのジニン氏は、こう説明しました。

“特にエルサルバドルや中央アフリカ共和国のような国々がビットコインを法定通貨として採用することで、仮想通貨が実体経済に統合されるためのインフラソリューションが生まれると指摘しています。具体的には、仮想通貨の流通と利用が促進されることにより集中化が緩和され、所有権の分配を促進する効果が期待できます。”

法定通貨としてのビットコイン導入の先駆者

2021年、エルサルバドルは世界初のビットコイン法定通貨国となりました。同国では、すべての地元企業がビットコインでの支払いを受け入れることが義務付けられています。

2022年には中央アフリカ共和国がエルサルバドルに続き、ビットコインを法定通貨として採用しました。同国は、ビットコインが国の独立した金融の未来を確保するのに役立つと主張しています。

国によるビットコイン保有の現状と課題

Solaceのブゾフ氏は、現在のところ国が保有するビットコイン量は依然として少なく、資産集中も大きな問題ではないと指摘しています。

一方で、法定通貨としてのビットコイン導入は、仮想通貨の利用促進とインフラ整備を加速させる可能性があります。

“後発開発途上国にとって、ビットコインの法定通貨導入は、活気ある経済システムを構築するための強力な原動力となる可能性があります。エルサルバドルや中央アフリカ共和国の経験は、国際社会や他の国々にとって貴重な教訓となり、同様の政策導入を促進する可能性を示しています。”

まとめ

ビットコインは、機関投資家、有名人、さらには法定通貨として採用している国など、様々な場所で所有されています。多様な所有者と機関投資家や有名人の支持は、仮想通貨の成長に貢献しています。

ビットコインの進化と共に、所有形態はBTCの軌道を形成する上で極めて重要な役割を果たし、仮想通貨市場と世界経済に影響を与えるでしょう。

ビットコイン投資は、綿密な調査を行い、リスクを認識した上で、自分の経済的許容範囲内で慎重に行う必要があります。ハイリスク投資であることを理解し、どんな場面でも完全な安全策はないことを覚悟する必要があります。

こちらから詳細をご覧ください(2分で読めます)

よくある質問

ビットコイン保有者は何人いますか?

誰がビットコインを作ったのですか?

ビットコインは合法ですか?

ビットコインの用途は?

ビットコイン億万長者は何人いますか?

ビットコインの総供給量は?

関連用語

イリアナ・マヴロウ
Crypto journalist
イリアナ・マヴロウ
暗号資産ジャーナリスト

イリアナ・マヴロウは、ブロックチェーン、DeFi、Web3を主軸にレポートする経験豊かな暗号通貨/テクノロジージャーナリストです。 Techopedia に入社する前は、Capital.com、Cryptonews、Bu...