運が力に勝るとき:一人のビットコインマイナーが16万ドルのジャックポットを手にした物語

信頼の理由
要約まとめ

1人のマイナーが巨額のビットコインを掘り当てたニュースは、仮想通貨マイニングにまだ可能性があることを示唆しています。しかし個人のマイナーが成功したという感動的な話は、マイニングの全体像を見失わせる可能性もあるので注意が必要です。

2023年8月18日、ビットコイン(BTC)コミュニティに、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

巨大な計算能力を必要とするビットコインマイニングにおいて、個人のマイナーが単独でブロックを採掘し、6.25ビットコインを獲得したのです。マイニングサービスによる2%の手数料を差し引いた後、16万ドルを手にした計算になります。

通常、マイニングはプールと呼ばれる集団で行われ、個人が成功することは非常に稀なケースです。

なぜこのようなニュースが現実となったのか、そして2023年におけるビットコインマイニングの状況について何が明らかになったのでしょうか。

ソロマイナーの大勝利に隠された天文学的な確率

「bc1q2za4ejga366sn288273pty8trasn5zs4y9hqg6」という名前のマイナーが、Solo CKpoolマイニングサービスでビットコイン採掘において大勝利を収めました。

Solo CKpoolは巨大なマイニングプールとは異なり、個々のマイナーに特化したサービスを提供しています。

サービス責任者のコン・コリバス氏は、自身のX(旧Twitter)アカウントで喜びを表し、勝利の技術的な側面について言及しました。

今回の勝利は、1PH/s(毎秒ペタハッシュ)という比較的低いハッシュパワーで成し遂げられました。一方、ファウンドリーのような巨大なマイニングプールは、123.64EH/sという圧倒的な速度で稼働しています。

つまり、ペタハッシュ程度のハッシュパワーしかないソロマイナーにとって、巨大マイニングプールがひしめく中で勝利することは、サメだらけの海で小魚が生き残るくらい困難なことなのです。

統計的に、上記のような小規模マイナーが勝利する確率は、7年に一度と言われています。

勝利の要因

幸運なソロマイナーは、どのようにして勝利を収めたのでしょうか?

推測によると、マイナーは10台のAntminer S17ビットコインマイニングマシンを使用していたと考えられます。マシンは、高度な採掘課題を突破するように設計されており、今回の勝利につながった可能性が高いです。

ビットコインのマイニング(数字だけではない)

少しズームアウトして、より広範なネットワークにおけるビットコインのマイニングの役割を見てみましょう。

仮想通貨におけるマイニングの道のりはソロマイナーにとって決して優しいものではなく、大手に駆逐されているのが現状です。

ソロ活動家にとって、Solo CKpoolのようなプラットフォームは希望の光を与えてくれます。標準的な報酬ベースのシステムではなく、マイニングを宝くじに見立ててくれるのです。

2023年だけでも、Solo CKpoolのソロマイナーは10個のブロックを発見しており、最新の獲得を含めると累計で277個のブロックを発見しています。

2023年のビットコイン・マイニング事情

ビットコインマイニングは、黎明期から大きく変化しました。かつてはデスクトップコンピューターで簡単に報酬を得られた時代もありましたが、現在は1ビットコインのマイニングには「一般家庭の9年分の電力」が必要とされるほどになっています。

2023年5月時点で、ビットコインマイニングの消費電力は推定95.58テラワット時と、巨大な電力消費が問題となっています。

現在、ビットコインマイニングは、大規模な事業者によって支配されています。しかし、ソロプレイヤーのマイニングが完全に時代遅れになったわけではありません。適切な戦略を立てれば、ドージコイン(DOGE)やイーサリアムクラシック(ETC)のような他の仮想通貨を採掘して利益を得ることができます。

個人が自宅でマイニングを行うためには、堅牢なグラフィックカード(GPU)と信頼性の高い電源ユニット(PSU)が必要です。

ビットコインは依然として最も価値のある仮想通貨ですが、マイニングの難易度と競争の激化により、多くのマイナーは他の仮想通貨に注目しています。

まとめ

ソロマイナーの大勝利は感動的ですが、マイニングは甘い世界ではありません。多くの課題があり、特に一般人にとっては厳しい道のりです。

しかし、適切なリソース、戦略、そして運があれば、仮想通貨という広大なデジタル金鉱で報酬を得ることは可能です。

関連用語

サム・クーリング
Crypto & Blockchain Writer
サム・クーリング
暗号資産&ブロックチェーンライター

サム・クーリングは、ロンドンを拠点に活動する仮想通貨、金融、ビジネスのジャーナリストです。 Techopedia以外にも、Yahoo Finance、Coin Rivet、CryptoNews、Business2Comm...