スマートフォンを保護する方法|デジタルライフを守るための重要なヒント

信頼の理由
要約まとめ

スマートフォンの保護は、不正アクセス・データ侵害・プライバシー侵害などのリスクを避け、快適なデジタルライフを過ごすために非常に重要です。強力なパスワードの設定、生体認証の使用、OSやアプリの最新アップデートなど、スマートフォンを守るための重要なヒントをご紹介します。

スマートフォンは日常のコミュニケーション、エンターテイメント、金融取引に至るまで様々な目的で使用され、今や私たちの生活に不可欠な存在です。ビジネスにおいても重要な役割を果たしており、その有用性は多岐にわたります。

一方でスマートフォンの重要性が高まるにつれ、サイバー攻撃の標的となる可能性も高まっています。セキュリティ会社のカスペルスキーは「5Gの利用者が増加するにつれ、ハッカーがデバイスの脆弱性を探す理由が増える」と指摘しています。

スマートフォンは在庫の追跡、物流管理、小切手や小包のスキャン、健康状態のケアなど、あらゆる業界で使われています。この多様性が、スマートフォンのデータ保護とセキュリティの重要性をますます強調していると言えるでしょう。スマートフォンをリスクから守るため、適切な対策を講じることが必須です。

スマートフォンをバックアップし、データを保護する

家族に「帰りが遅くなる」と知らせるときや、子供たちが緊急時に連絡を取れるようにするなど、スマートフォンは生活上の安心感と繋がっており、アメリカでは2023年時点で2億5000万人以上の人が利用しています。

ZoomやTeamsを通じたビデオ通話、顧客へのメール送信、銀行アプリでの取引など、いかなる場面においてもスマートフォンのセキュリティを高めることは非常に重要です。

スマートフォンを手に入れたら最初にやるべきこと

スマートフォンを手に入れたら、まず何をすべきでしょうか?具体的な手順は、以下のとおりです。

  1. 最初のステップは、スマートフォンに保存されているデータをバックアップすることです。デバイスが紛失・盗難された場合に非常に重要です。スマートフォンを箱から出したときや、なるべく早いタイミングで設定しましょう。iCloud、Dropbox、Google Driveのいずれを使うにしても、すぐに設定すべきです。バックアップを取ることにより、貴重なデータを保護することができ、常に安心感を得ることができます。
  2. もう1つは、デバイスを検索・暗号化できるようにすることです。繰り返しですが、設定はすぐに行うようにしましょう。「追跡機能」と「リモートワイプ機能」を有効にすると、デバイスが紛失・盗難された場合でも、リモートでデバイスを見つけたりデータを削除できます。暗号化することで、セキュリティはさらに強化されます。正式な所有者がアクセスしない限り、データの読み取りが不可能になるのです。

最新状態にアップデートし、スマートフォンのセキュリティを高める

最近では、デバイスに最新のアップデートを適用しても、すぐに別の新しいアップデートが待機状態になります。アップデート通知が届くたびに煩わしい気持ちになるかもしれませんが、すぐに対応してデバイスを最新の状態に保つことが重要です。

迅速にアップデートすることで、新しく発見された脆弱性からスマートフォンを守り、デバイスのセキュリティを強化できます。最新状態にアップデートすることで、新機能や改善された機能が提供されることもあります。

モバイルデバイスを保護するために最適な方法

  • ウイルス対策ソフトをインストールし、常に最新の状態に保ちましょう。毎日スキャンをするように設定すると、高い確率でマルウェアの侵入を防ぐことができます。
  • 新しいアプリをインストールするときは、最初にレビューを読み込みましょう。信頼できるソースの公式アプリのみをダウンロードしてください。具体的にはApp StoreやGoogle Playストアを利用することです。
  • アプリが機能するために必要なアクセス許可を、忘れずに付与してください。アクセス許可をしたら、権限を定期的に確認しましょう。
  • 使用しないアプリは、削除しましょう。多くのスマートフォンが、使わないアプリを定期的に確認し、不要であれば削除するよう促しています。デバイスのストレージ容量を節約し、システムの効率を保つための一般的なメンテナンス作業でもあります。
  • あなたがiOS愛好家であれば、デバイスを脱獄(設定された制限を勝手に取り除くハッキング)しないでください。Androidユーザーの場合は、デバイスのroot化(許可されていない管理者権限を勝手に取得する作業)を行わないでください。海賊版ソフトウェアをインストールすると、デバイスを脱獄(もしくはroot化)するしないに関わらず、危険性が増加します。さらに脱獄(root化)したスマートフォンは、金融アプリがインストールできなくなるケースもあります。

どんなに魅力的に見えても、信頼できないサイトや開発者から、ファイルをダウンロードしないようにしましょう。フィッシング攻撃にも気をつけてください。

信頼できないソースからダウンロードしたファイルは、悪意のあるマルウェアやウイルスを含んでいる場合がよくあります。悪意のあるコードは、アクティビティを覗き見したり、機密データを盗んでデバイスのセキュリティを侵害するのです。

アプリのダウンロードには信頼できるソースを使用し、ビジネスや個人情報を保護してください。脱獄やroot化の危険性を覚えておきましょう。

強力なパスワードと生体認証で、スマートフォンのセキュリティを強化する

スマートフォンのセキュリティを最大化するために必要な対策を行っていますか?重要な設定の 1 つは、パスワードまたはパスフレーズの強度です。推測が不可能なユニークで堅牢な組み合わせを使用することが重要です。パスワードが強固であれば、不正アクセスのリスクが大幅に軽減します。

生体認証を実装し、パスワードまたはパスフレーズを設定することで、デバイスのセキュリティを強化しましょう。生体認証とは、スマートフォンにアクセスするための指紋スキャン、または顔認識などを指します。高度な認証方法を組み込むことでデバイスの保護を強化し、個人情報やビジネスの機密情報を保護できます。

アプリとデータのセキュリティを強化するには、MFA(多要素認証)の実装を検討してください。代表的な方法は2FA(二要素認証)で、ユーザーが機密情報にアクセスする際に2つの別形式のIDを要求します。2FAを組み込むことで、スマートフォンのセキュリティを強化し、貴重なデータを不正アクセスから保護できます。

ハッキングのシナリオを想像してみてください

ある朝目覚めると、LinkedInアカウントがハッキングされていることに気づきました。すべてのビジネス上のつながり、職歴、個人情報がハッカーの手に渡ります。あなたの評判は失墜し、データは悪用されるかもしれません。その影響は計り知れません。

LinkedInアプリでは、生体認証セキュリティを設定できます。デバイスのパスワードが脆弱な場合や、ソーシャルエンジニアリングなどの攻撃でログイン情報を盗まれた場合でも、アカウントは保護されます。上のシナリオのような状況を防ぐためにも、可能な限りすべてのアプリケーションでセキュリティ設定を有効にすることをおすすめします。

安全な接続を維持する|公共Wi-Fi の利用について

忙しい毎日。多くの人にとって休憩時間は重要な存在です。お気に入りのコーヒー ショップを見つけ、好きなドリンクを飲みながら、最新のニュースやスポーツの結果をチェックする。メールを 1 ~ 2 通送信したり、新しい服を注文したり、銀行口座を確認することもできます。

公共Wi-Fiを利用する際の注意点

銀行取引やオンラインストアでの売買など、機密性の高いタスクには公共Wi-Fiスポットを使用しないことを強くおすすめします。無料Wi-Fiは便利ですが、サイバー犯罪の温床になる可能性もあります。4Gや5Gなどの安全な接続を使用した方が良いでしょう。

公共Wi-Fiを使用する場合は、データを保護するためにVPNで接続を暗号化することを検討してください。オンラインセキュリティに関しては「後悔しないように安全を選ぶ」という鉄則を覚えておいてください。

Bluetoothの危険性を知る

Bluetoothをオンにする特別な理由がない場合は、オフにしておきましょう。近くに座っているハッカーが、あなたのデバイスとペアリングするのを防ぐことができます。

Bluetoothはイヤホンやヘッドフォンとペアリングしてオーディオブックやお気に入りの曲を聴くのに適していますが、盗聴や不正アクセスなどのセキュリティリスクもあります。あなたが知らないうちにメッセージを勝手に送信される可能性もあるのです。

Bluetooth攻撃の説明

スマートフォンのBluetooth機能を利用した代表的な攻撃は、以下のとおりです。

  • ブルージャッキング:ブルージャッキングは、いたずら目的でよく使用されるBluetooth攻撃です。大きな影響を与える攻撃ではありませんが、ハッカーはブルージャッキングを使用して、デバイスにスパムメッセージを大量に送り込みます。ハッカーにBluetooth接続されたデバイス(またはデータ)へのアクセスを許可するものではありません。
  • ブルースナーフィング:ブルースナーフィングの攻撃を受けると、ハッカーはデバイスとデータに無制限にアクセスできます。さらに恐ろしいのは、検出モードをオフにしていても、ブルースナーフィングが知らないうちに実行される可能性があることです。デバイスがブルースナーフィングの犠牲になると、大切な写真、電話番号、機密性の高いメールに至るまで、内部のデータすべてを盗まれる可能性があります。
  • ブルーバギング:ブルーバギングは、ハッカーがデバイスに侵入し、完全に制御する攻撃です。ハッカーは侵入したデバイスの電話、メール、メッセージなどの情報を盗み見したり、ネットサーフィンが可能になります。ユーザーに気づかれずに電話をかけることさえできます。ブルーバギングは主に、時代遅れと言われる古いタイプのデバイスをターゲットとする攻撃です。

スマートフォンのサービスを管理する

スマートフォンを快適に利用するには、内部のアプリやサービスを適切に設定することも重要です。正しい設定をすることで、セキュリティを高めながら、消耗を防ぐことができます。

  • 位置情報サービス:スマートフォンに搭載された機能のうち、最も電力を消費する機能の 1 つは位置情報サービスです。地図アプリやナビゲーションアプリは便利ですが、常に有効にしているとバッテリーが大幅に消耗します。使用しないときは、オフにすることを検討してください。
  • プッシュメール:プッシュメールは、新しいメールが受信箱に到着すると、すぐにデバイスに自動的に転送されるサービスです。リアルタイムでメール通知が必要な場合には便利ですが、特に必要ない場合は手動に切り替えるか、バッテリーを節約するために同期間隔を長くすることを検討してください。
  • アプリのバックグラウンド更新:アプリのバックグラウンド更新は、アプリがアクティブに使用されていないときでも、バックグラウンドでコンテンツを更新できるようにする機能です。一部のアプリを使う際には便利な機能ですが、処理能力とバッテリー寿命を大幅に消費します。
  • Wi-FiとBluetooth:頻繁に使用していない場合は、バッテリー寿命を節約するためにオフにすることをお勧めします。Wi-FiとBluetoothは、接続可能なネットワークやデバイスを常に検索するため、不要なバッテリー消耗が発生しやすいです。オフにすることで、デバイスが攻撃対象となる可能性を減らす事もできます。
  • 自動同期:自動同期は、連絡先、カレンダー 、アプリなどのデータをクラウドまたは他のデバイスと自動的に同期するサービスです。頻繁に同期する必要がないアプリの自動同期は無効にしておきましょう。

快適なデジタルライフのために、スマートフォンを適切に保護しましょう

スマートフォンが盗まれたりハッキングされると、ハッカーは個人情報にアクセスできるようになります。

個人情報には、保存されているパスワード、アドレス帳の連絡先、OSに保存された最近のファイルリスト、および (ストレージ領域が上書きされるまで)回復できる削除済みファイルが含まれます。

他にもテキストメッセージ、電話の通話記録、写真やナビゲーションアプリによって記録された最近のGPS 位置情報。ダウンロードした PDF、銀行口座の詳細、クレジットカード番号、連絡先の名前と住所の情報も盗まれるかもしれません。

最近アクセスしたサイトはブラウザのキャッシュに保存され、ダウンロードした税務書類の社会保障番号さえも盗み出すことができます。

スマートフォンを保護し、個人情報の漏洩を防ぐことは、機密データへの不正アクセスを防ぐために非常に重要なことです。ハッカーによる侵入を避けるために、必要な対策を講じましょう。常に最新情報を入手し、セキュリティを強化するための措置を行うことで、デジタルライフを効果的に保護できます。

知識は力です。侵害が起こるのを待ってはいけません。今すぐ行動し、スマートフォン、そしてデジタルライフの安全を守ってください。

関連用語

ジョン・ミア
Cybersecurity Expert
ジョン・ミア
サイバーセキュリティ専門家

ジョン・ミアは、高い執筆スキルとサイバーセキュリティの専門知識を持ち合わせた熟練のフリーライターです。サイバーセキュリティレベル7と同等の修士号を取得しており、PCIP、CISSP、MCIIS、CCSKなど数多くの権威あ...